AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

スマホと格闘中  

スマホを持っただけでは、浦島を脱出とまで行かなかった~!
7年前のガラケーだった私に、android4Gは依然、煙で老人になったぐらいのショック状態(笑)
必死で現代に馴染もうとしております。
だって、スマホとはandroidとiPhoneの事を言う総称、だとぉ~!
そんな事も知らなかったーーー!(爆)
てっきりandroid携帯をスマホと言うのかと、本当、無知ですみません(^^;)

機種変の際、取りあえず教えて貰った、と記憶する使い方は。
待ち受けの開き方、文字の打ち方、電源の場所、開いたアプリの戻し方、多分これぐらい(^^;)
主要なアプリはどれが何、との説明だけざっとあったけど、帰宅後開いてなんじゃこりゃ?
必要な登録は、同意や記入以外は、担当さんがサクサクこなしてくれたので。
正直、何故使える?どれが使える?どうやって登録した?、と未だ全くわかっていない(--)

ただ、登録と同時に、色々なメールが届いた。
私はそれが、今までのガラケーのメール機能と同じ物なんだと思い込んでいました。
だから皆、同じ機能を使ってるんだと・・・でも、そうじゃないのね~。
これが、アプリだという事を、昨晩知りました(^^;)
ただ、何故これを使うのか?これでなきゃいけないのか?さっぱりわからん(^^;)

どうやら、アプリを登録してる者同士なら、色々便利に使えるみたいで、LINEと似てるらしい。
まだ連絡先登録が進んでないので、登録相手がいるかわからないんだけど(^^;)
登録してない相手は、今までの携帯メールと同じ様に、SMSメール、S!メールで送受信可能。
LINEの様に会話式で見れるけど、ファイル式にも出来るようだったので、早速そのように♪
これが馴染みだ(^^;)
しかし、自動振り分け設定が上手くいってるかは、それぞれメールがこないとわからん(笑)
メールを開くと、そこからワンタッチ、ん?タップか(笑)で、会話式に切り替え出来るマークがある!
これは案外便利!

更にネットで調べていくと、iPhoneの人はⅰmessageと言うアプリを使うのかしらね?
ガラケーでSMSを送った時「メッセージ出来るんだ!」と二人ほどに言われた事があるんだけど。
何のこっちゃわからんので、聞き流してた(笑)
でもってそれ、iPhone同士なら無料と言うのは本当ですか?!
iPhoneに、こういう利点があったとは!

てなことで今更ながら、iPhoneとandroidどっちが良いか?違いは?的な記事を、読み漁りましたよ(笑)
簡単に要約すると。

・iPhoneは全ての作りがアップル社、マック使用者には好都合。
シンプルで使いやすく、機能が統一されているので機種変後も苦労せず、初心者でも操作しやすい。
写真データはⅰクラウド管理、クラウドの連携でiPhoneの写真がマックで見たり出来る。
但し、容量が足りなかった場合は機種変するしかない。

・androidのOSはGoogle、ハードは多社にわたる為、機能が様々で機種変時は扱いが大変だが、PCの様に扱える。
ウィジェットと言う開かなくとも情報がわかる小さなアイコンのような物があり、ホーム画面を自由にカスタム可。
SDで写真管理できるのでPCに取り込むのが容易。
SDで本体の足りない容量をまかなえる為、内臓容量が少ないが安い、という機種もあり選択肢が多い。

他にも、色々比較があったけど、こんな感じの理解で合ってますかね?(^^;)

まだまだ使い方が解らない事ばかりだけど。
解らない事が分かる様になってきたので、1歩前進!(笑)

取りあえず、Windowsの私は、やはりandroidで正解だったようです(^^)
関連記事
スポンサーサイト



category: その他

tb: 0   cm: 0

スター芸人の死を無駄にしない為に  

志村けんさんの訃報、あんなに元気だった人がたった10日で亡くなってしまうなんて・・・。

これまで散々、高齢者の重症化、死亡数を報道で見てきたけれど、正直数字だけの感覚でしかなかったような気がする。
これで一気に実感がわき、大多数の国民に危機感が増し、これまで以上に個人対策を気を付ける人が増えるんではなかろうか?
まさかこんな死に方という様な報道もあるけれど、私は違うと思う。
笑いという癒しを与え続け、死してなお人々に影響を与える、これぞスーパースター、カッコい死ではないだろうか。

思わず、父に電話をしてしまいました。
案の定まだその情報を知らず。
マスクはあるそう、ぐれぐれも気を付けて生活していてとお願いした。

軽く済む人が8割で、2割が重症化と報道されているコロナウイルスだけれど、日本は症状が出た人だけ検査対象な訳だから、日本中の無症状感染者がどれだけいるかは把握できていない訳で。
だからこそ、万が一自分が媒介にならない様に、気を付けなくてはいけない。
うつらないのは勿論だけど、もしもを肝に銘じ、うつさないようにする努力も同じぐらい大事なんだ。

でも、医療崩壊を起こさない為、重症化の人を優先的に治療する為、症状が出てからでないと検査はしない、その政策が日本の医療崩壊をギリギリ防いでいるのはわかるので、この先も、死者数を増やさず終息に向かう事を、切に願います。

※ブログに書くような内容ではないと、始め個人FBにだけあげるつもりでしたが、きっと後から読み返す今この時を残した文章なのでブログに書きました。
気分を害す人がいたら、申し訳ございません。
あくまで私個人の、追悼の思いを綴ったものですので、誰かに向けて書いた物ではありません、ご了承ください。
関連記事

category: その他

tb: 0   cm: 0

ゆず、大事に使ってます  

先月の話しだけど、兄から小包が届いた!
開けてみると、徳島の柚子!とチョコとマーマレード♪
農家さんと知り合ったとかで、送ってくれたんだと(^^)
200227お兄からユズ他届く
我が家は父が徳島の人なので、遠い親戚がゆず農家で、昔は毎年一升瓶を6本ぐらい買っていた。

お中元だか?お歳暮だか?忘れたけど、人に差し上げても、知らない人は上に溜まるゆずの果肉の上澄みを、腐ったと思って捨ててしまったとか、結構あって(^^;)
あれは腐った訳ではなく果肉なので、振って混ぜて使うもの!
貴重な品を捨てられたショックから、わかる人にしかあげない!と母が良く言ってたのを思い出す(笑)
それでも、常に身近な存在だった父は、このユズの貴重さに無頓着で、いつの間にか一升瓶を仕事先でお世話になってる人などに配ってしまい、母と小競り合いがあったりした(笑)
それからは、そんなに大事な物なのかと父も理解をしたらしく、勝手に持ち出す事は無くなった(笑)
そんな感じで、この絞りゆずを見ただけで、両親のなんとも平和なやり取りを思い出す。
それぐらい身近な物として育った私(^^)

徳島と言えば、小さくて緑のスダチの方が有名だけど、この絞り柚子は八百屋でやはり一升瓶で売っているほどメジャーな存在。
従姉妹の中には柚子が嫌いでスダチ派の子も居たけど、私は断然!柚子が好き♪
徳島のユズは、香りも強く、濃度も濃く、味も酸味はそれほど強くなくとてもマイルド。
だから私は、よくレモネードならぬ柚子と砂糖で、ユゼードとでも言おうか(笑)ドリンクにして飲んでいた(^^)
我が家は、酢を殆ど使わず、酢のものも、酢飯も、全て柚子。
特に徳島風のちらし寿司は、金時豆を入れて作るのだけど、これは酢では祖母の味が再現できない!

でも、農家の親戚が栽培を辞めて買えなくなり、恋しさゆえに叔母に送金し八百屋で購入してもらい送ってもらったり、そこまでしてでも欲しい物だった。
親の年齢と共に頼む事も無くなり、それ以来我が家に当たり前だった柚子がなくなった。

こちらではユズは高い!
といっても、徳島でもそこそこするものなので、それほど安い物でもないけれど。
でも、こっちと比べたら、全然お買い得。
だから、取り寄せとか何度か考えたけれど、私の稼ぎじゃ贅沢なので我慢我慢(^^;)

以前スーパーで、お寿司に1回使ったら終わっちゃいそうな、150mlぐらい入ってたのかなぁ?それで900円ぐらいしたかな?
一度それを買ってみたけど、なんか違う・・・全然薄い・・・。
この味にこの値段を出すのはなんか悔しい、というのでそれきり買っていなかった。
酢は酢で好きだけど、醤油ラーメンなんかドバドバ入れる方だけど、でも酢の物が酢なのはやっぱガッカリ感がすごい。
だからせめて柑橘!とレモンを柚子代わりに使うようになった。
けど、レモンは酸味に角がある、渋みも、苦みも、やはり柚子とは別物なんだよなぁ。

と、我慢に我慢をしていた所に、届いたこれ(笑)
田舎の柚子に比べると少し違いがあるけれど、でもほぼほぼ親戚の柚子に近い味♪

チョコは海外のオレンジの香りが付いた、これまた形がまるでチップスター!(笑)
ついつい手が出て1枚2枚と(笑)
父にも柚子とこのチョコを送ってくれたそうで、チョコは相当気に入ったみたいで、我が家に来た時も、まだある?と言って、美味しそうに食べていた(^^)
ただ、マーマレードが入ってなかったってちょっと寂しそうだったので、「パパの口には合わないと思ったんじゃない?」とフォローしといた(笑)
実際、かなりの甘党な父なので、ジャム=甘いものじゃないと物足りない父には、ちょっと苦みが強くて要らなかったと思う。
私は美味しくいただきましたけどね(^^)

父も喜んで、私も嬉しくて、本当にありがとう♪
関連記事

category: 感謝

tb: 0   cm: 0

せっかちが招くドタバタ、スマホ編  

スマホ2日目。

昨日いじり倒したせいで・・・。
機種変の際に、SDカードを使える様にして貰ったのに、それが出来なくなった(><)
クラウド、どうも好きじゃなくて、手元にあるSDがいい(笑)
(※ここでいう所のSDカードはmicroSDカードの事です、スマホ上にはSDカードと文字が出てくるのであえてSDと書いてます)

初めは、お知らせで開いたコンテンツマネージャーの、SDカードの文字だけ色が違い。
触ってくれと言わんばかりで、説明は特になく。
その右に、三角のマークがあったから、それかな?と。
わかる人はここで、あ!だよね(^^;)

画面が全て、消えてなくなった・・・(苦笑)

その後、偶然コンテンツマネージャーが開けて。
うぉ!同じような画面だ!って(笑)
でもそこにはSDカードの文字がなく。
その後写真を撮って、保存がしようとタップしてたら、なんか出てきてSDに保存が出来た。
コンテンツマネージャーに戻ると、そこにSDカードの文字があり、安堵したのもつかの間。
何を血迷ったか、また同じ三角をタップして・・・・消えた。
今度は、SDカードの文字だけ。
これで、SDカードに保存が出来なくなった、おバカ~(笑)

そして今日、ショップに相談すべきか迷ったけど、取りあえずPCで検索。
しかし、見つけた記事は、ソフトを使い復元と、とても、私には出来ない内容。
そして、あちこちで、右の三角を消去してしまったら最後、ゴミ箱の様なものがスマホにはないので戻せない、と、衝撃的な言葉が!
あれは、削除マークなのかー(><)

もう無理だ・・・と、諦めかけたけど、ふと、メーカーなら説明書出してるかもと、HPに飛んでみた!
サポートを開き、機種を選択すると。
売場で無いと聞いていた、取り扱い説明書の文字が~♪
あぁ、携帯会社にはないけど、メーカーにあったんだね~。
やっぱり、日本のメーカーにして良かったぁ(T_T)

すると、繋がったのは・・・。
携帯会社の、スマートフォン製品別サポート一覧!!(爆)

スクロースして自分の機種を探すと、オンラインマニュアルと!
あれか?私が説明書って言ったから、マニュアルの事と思わなかったとか?
ジェネレーションギャップがここに来たー!(笑)
これがあれば、初めから訳わからぬままいじり倒したりしなかったよ~。
ここから先細かい事は、マニュアルの著作権に引っかかるみたいなので、説明できませんが。
取りあえず、なんとかSDカードを使えるように、自力で戻せましたとさ♪

ショップに相談なく勝手に操作した事で、って私の物なのだけど(^^;)
今後の不具合が起きません様に、祈る!(>人<)
関連記事

category: その他

tb: 0   cm: 0

ついに浦島脱出?さらば携帯  

スマホに機種変して1日目。

前の携帯は約7年使った。
塗装が剥げてボロボロだったけど、液晶も機械も一切問題なかった。
数年前一度電池交換、既に在庫が無くて取り寄せに時間がかかった。
数か月前から、2度目の電池不調、数枚の撮影で満タンが切れる。
もう、電池交換は諦めた。
携帯に機種変も考えたけど・・・。
スマホに切り替えて!と度々来るDMで、白い犬が私を誘うので(笑)
近所のショップにはいかず、表参道へ通院のついでにそこから近いショップに行ってみた。

担当してくれた方々がとても親切丁寧で、しかも、機種がタダで貰えるキャンペーン中とな!
iPhone、AQUOS、Xperia、Google pixel2機種、トータル5機種の中から選べる、しかも高額機種!
こういうキャンペーンは日によって違うそうで、こんな良い機種は滅多にないのだそう。

担当さんのお薦めは、iPhoneとGoogle。
理由を聞いたら人気だからと、流石若者の街。
私の周りはスマホが多い気がする、と言ったら驚いていた(^^;)

でもiPhoneは、購入後の対応を近所でしてくれる店がないので避けたい。
Googleは機能が一番良いようだったけど、宝の持ち腐れになりそうで却下(苦笑)
Xperiaはソニー、AQUOSはシャープだそうで、ならばシャープでしょ!
と、決めようとしたら、もう一度Googleを押してくる担当さん。
よっぽどお勧め(笑)

こうして、まさかまさかの展開に、一番安い機種を買うつもりだった私は、迷う喜びを与えて貰い(笑)
メーカー名に惹かれ、AQUOS R3に決定(笑)
実は、HPでAQUOSいいなぁと思ってた、でも贅沢だなって。
ありがたや、ありがたや、大事にしよう。

だがしかし!
ウキウキしてる場合じゃない!
まぁ~、訳が分からない(><)
チンプンカンプンでお手上げ中~。
色々触ってるうちに、変なとこいじっちゃったかも(^^;)
わからないまま触るの禁止!(笑)
原宿店では無料のスマホ教室もあるそうだけど、今はコロナで自粛中。

取りあえず、家の電話とやり取りして、電話のやり方はわかった!(笑)
メールもPCとやり取りして、メッセージでの送受信が出来た。
今までの私の連絡手段はこれだけだから、これが出来ればとりあえずはOK(笑)
勿論、携帯が古すぎて電話帳は手打ち(><)
なので追々やるとします(笑)

記念すべき初通話は夕方、母からかかってきた電話(笑)
自分以外の初登録となりました(笑)
関連記事

category: その他

tb: 0   cm: 2

初 e-Tax  

今まではアナログに、郵送でしていた確定申告。
初めて、e-Taxにて申告をしました。

ICカードリーダライタとマイナンバーカードが無くても出来るように、少し離れた公民館で出張手続きしてくれる日があったので、これは良い!と。
場所が良くわからない公民館を、まず事前に出張所で教えてもらい(笑)
情報元の市報に、公民館の住所が載ってなかったので、調べるより聞いた方が早いって思って(笑)
どこまでもアナログな人間(笑)
で、昨年無事登録完了♪

郵送の場合は、提出用と控え用、切手付き返送用封筒を郵送すると、控えに捺印し返送してくれます。
そこで、確かに届いた!と確認が取れ、安心していたんですが。
初e-Tax、返送されるアナログ方式と違い、なんだか落ち着かない。

でも、判を押して戻してもらう、その手間は申し訳ないと前から思っていた。
かといって、複雑ではない私の申告、乗換し片道1時間ちょいかかる税務署に、足を運ぶのも面倒。
だから、e-Taxがウィンウィンなのだけど。

慣れるまで仕方がないですね。
関連記事

category: 作家活動のあれこれ

tb: 0   cm: 6

母その後(長いです)  

約10ヵ月ぶりに母の事を書くのだけど、実はずっと会えていない。
最後に会ったのは、スキッキ(犬)が亡くなった日、昨年の11月29日、母が別の施設に移る日でした。

我が家で生活した後入った施設は、母の住まいのすぐ側でした。
お友達も遊びに来やすいだろうし、きっと穏やかに過ごせるだろうと、兄と私は安堵していました。
更に兄の話では、年を越して5月頃まで約1年居られるという話でした。

そこは、老健などではない施設なので、病院に通院し薬を処方してもらう必要があります。
その為、定期的に兄と数時間かけ車で母を迎えに行き、通院させる事になりました。
その時、ずっと気になっていた脳の再検査をして貰う事にしました。

2018年3月、母は脳梗塞で倒れました。
脳の右後ろ、太い血管で詰まり、救急車で運ばれる途中、奇跡的にその血栓が砕け血流が再開しました。
そのお陰で命が助かったのですが、砕けた血栓は消えるわけではないので、細い血管の様々な所でつまり、様々な後遺症が残り、高次機能障害と診断されました。
急性期入院からリハビリ専門病院に転院、その後老健に入る時に、たまたま見ることが出来た母のMRI画像は、所々転々と血栓が飛び散り、広範囲に小さな脳梗塞が沢山ある、そんな画像でした。
しかし、昨年夏ごろ撮ったMRI画像は・・・。

脳の4分の1が真っ黒で、何も映っていない状態。。。

これを見た瞬間、私は言葉を失いました。
人は脳の4分の1が機能していなくても、生きていられるの!?
約1年でこんなに進行してしまう物なの?と。
先生曰く、この部分は視野をつかさどる脳だそうです。
素人ながら、このままこれがどんどん広がって行ったら、そのうち目が見えなくなって、話せなくなって・・・。
何もしてあげられる事が出来ないまま、少しずつ脳が壊れていくのだろうか?
と、不安になると言うより、言葉にできない感情が湧いてきました。
しかし母もいる目の前で、そんな酷な質問をする事も出来ず、その現実を受け止める事しか出来ませんでした。

母には、脳梗塞の後遺症の一つに、左半側空間無視、というのがあります。
視力はあるのだけれど、右目も左目も、左側が見えてはいるけど認識できない、と言う物。
昔TVで見た事があり少しだけ情報を知っていた私は、理解する難しさを感じていました。
見た目で判断できる障害ではないので、それを知らない人との交流は難しいものです。

ですが、拒否する事がありながらも、リハビリを頑張り続けた本人の努力は素晴らしい物でした。
空間無視への認知も、忘れがちではある物の、左が見えていない事を理解し、気を付ける様になりました。
カートを使い歩く事も出来るようになり、食事も普通食を食べられ、会話もでき、トイレも着替えも歯磨きも、体を洗うのも洗髪も、施設に居る状態であれば、身の回りの事はほぼ出来るまでに回復しました。
これは本当に、本人の努力と家に帰りたいという思い、支えてくれたスタッフの皆さんのお陰だと思います。

ただ、この自宅側の施設では、母の状態が思わしくなく、利用者さんと上手くいかなかったようなんです。
常連利用者さんのご家族が、「母がいる間は利用しない」と言うので出て行ってほしい、と言われてしまいました。。。

確かに、我が家に居た頃も、暴言を吐いたりすることがありました。
病気になったとはいえ、それは耐える事が難しいと思う事も時々ありました。
以前の施設でも、感情剥き出しに怒る姿を、家族の私だけ見た事があります。
施設の方曰く、同じことをしているというのです。

しかし、私達と一緒の時の母は、全くその様子を見せず。
逆に、施設の人に強く言われたり意地悪をされていると言うのです。
兄の前では“いい子”の母なので、常に兄が居たからかもしれないですが・・・。
見ていない以上、どちらが本当なのか、私達兄妹には判断が出来ませんでした。

しかし、出て行けと言われても、そんなすぐ施設が見つかるわけではありません。
次の施設を探す話も進みつつ、私から、もう少し様子を見て欲しいと頭を下げ、退所の猶予を貰いました。
あわよくばその間に、施設側の考えが変わりそのまま居られれば、等と淡い期待もありましたがダメでした。

そのうち、私は私で2匹のワンコの状態がどんどん悪化、母の所に行くことが出来ず、全て兄に任せる事になっていきました。
兄は大分粘ったようなのですが、最終的には担当者さんと険悪になってしまったそうで・・・。
そこまでになってしまうのであれば、もう出る方が本人の為でもあるし、家族も楽です。
元々、私が母の面倒を看た後は、兄の都合の良い施設に移すので構わないと約束していたので、その流れに。
その方が、母も寂しくなくて落ち着くだろうし、兄も近ければ何かと便利だろうし。

と言う訳で、スキッキが亡くなった日に、無事兄の側の老健に移ることが出来。
その途中、スキッキにお別れする為、我が家に寄ってくれたのでした。

それからと言うもの、兄の話では、母は元気にしているらしく、リハビリも頑張っている様子。
施設の方にも、聞いていた程酷くありませんよ、と言われたそうです。
やはり、兄の側に居られていると言う安心感なんでしょうね。
私も一安心です。

私はと言うと、ブログに書いている通り、ジャンニが亡くなり、久々の催事を終えたら体調悪化で、そのうちコロナが大騒ぎ、と、面会に行くタイミングを逃し続け、今に至っております。
母にはメールを入れたけれど、どうやら気が付いてないみたい。
でも、私が電話をして話をしたら、また母の“甘えん坊”が発動しちゃっうといけないので。
「だって、知子さんは、なんでも許して、何とかしてくれる♪」ってね(^^;)

父には電話してきて、「家に帰る為のリハビリ頑張ってる!」と言ったそうです。
きっと兄には、「いい所に入れてくれてありがとう~。」とか言ってるんだろうなぁ(笑)
で、私が行ったら、「早く家に帰りたい!何でこんな所入れたの!お兄ちゃんは何考えてるの!」って、始まるんだろうな(^^;)
まぁでも、母の“家族使い分け”が出来てるうちは、元気だって証拠だから(笑)

コロナが落ち着いたら、そうなるのを覚悟で、面会に行こうと思っています(笑)
それまで兄にお任せです♪

関連記事

category: 家族

tb: 0   cm: 0

採血での話  

そう言えば、昨日の採血の際、左腕を出したのだけど、血管が埋もれててなかなか探れなかった。
なので、「右でもいいですよ?」と聞いたのだけど、そのまま行けそうって事で左に刺した。
そしたら、なかなか出て来なくて(^^;)

針を刺す時、私はガン見する方なんです(笑)
余りに沢山採血をしてきたからでしょうか、大体刺し方で痛いかどうか見当つくので、見てる方が安心(笑)
いつどう刺されるかわからない方が、痛そうで怖い(^^;)

でも昨日は、血管が余り浮いてなかったようなので、中で探られたら痛いんだよな~(><)と、内心ドキドキ。
まぁまぁな太さの針なので、人によっては、血管バッチリ見えてる時でも、ズキーっと痛みが走る時があるんですよね。
そう言う時は、針を抜いた後が軽く内出血してしまうんです。

しかし、昨日の人は物凄く上手!

なかなか出て来ない私の血(笑)
腕を動かさないように緊張すると、益々腕に力が入り、時々ちょっと揺れたりしてしまう(^^;)
そんな私の緊張をほぐすかのように、「時間かかってすみません。」と、にこやかに話しかけてくれる看護師さん。
多分採血の看護師さんはそれ専門で雇われてるんだと思うんだけど、どうなんだろう?
常に立ちっぱなしで、どんどん採血していく。
だから殆どの人がとても上手、時々痛い人もいるけど(^^;)極稀。

で、「大丈夫ですか?」と聞かれるたび、「全然痛くないです、大丈夫ですよ!、物凄く上手です(^^)」と答える私。
3本取るので、1本終わった所で、「色は綺麗ですよ」と安心させる言葉を言ってくれたり、凄く気を使っている様子で(^^;)
多分、出が遅いのは私の血の問題だと思うので、会話しないと申し訳ない、時間がもたない感じで(^^;)
「時々出が悪いんです(^^;)本来5月が予定日なんですけど、尋常じゃない苦しくて、早めに来たんです。それもあるのかも。」等と話をしつつ、お互い苦笑いの連続(^^;)

それでも彼女は、時々動く私の腕にも動揺せず(笑)、本当に痛くなかった。
針の跡も勿論綺麗、内出血も一切なし!
あっそう言えば、アルコール塗るのも、優しかったなぁ~(^^)

採血担当者は沢山居て、呼ばれる順番で誰に当たるかわからない。
こうして振り返ってみて、やっぱり昨日は、“ラッキーデー”だったんだな(^^)


関連記事

category: 心と体

tb: 0   cm: 2