AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

痛い出費でした  

今日はキッチンの蛇口の交換をして貰いました。
覚悟はしていたけど、想像以上に高くて参りました(><)

ある時、ポタポタが止まらなくなり。
レバー式の蛇口だから、流石に自分で直せなくて。
でも暇がなくて放置してたら、遂にレバーから水漏れしだして。
出展の無い今、直してもらわないと!と。

でもね、どこに頼めばよいか、全くわからない(><)
どこもかしこも、コールセンターだし…。
私、嫌いなんですよ、コールセンター、あのたらい回し感が。
しかも、金額は何処も曖昧なので、結局見積もり取らなきゃわからないし。
有名どころは、ネットでぼったくりって出てくるし。
個人の業者が良かったんだけど、そういうところはヒットしないし。
役所に問い合わせても、結局は誰が来るかわからないんじゃ、大きなところが安心かと。
それでも、やっぱり決められなくて。
昨日の夕方、「検索して最初に開いた業者に決める!」と。
なんともギャンブラーな決め方をして、嫌いなコールセンターに電話したのでした(ーー;)

で来た担当者は・・・あれれ?頼んだ業者と違う名前の業者が来てる?
何故?と思いながらも、質問できずに話はスタート。
同世代の感じの良い人でしたが、あちらも商売。
やんわりと、どれだけ取れるか値踏みを始めるわけですよ。
会話の中でね(苦笑)
で、私も、どれだけ余裕がなく予算がないかアピールするわけですよ。
もうね、駆け引きですよ(笑)

でも、案の定、蛇口全交換・・・。

一応、うちのは既に廃盤だと調べ済でした。
大きなところなら在庫があるかなぁと期待していたのですが、甘かった。

勿論、見積もり内容は、HP上の価格ではないわけです。
なんてったって、大抵「~」価格ですからね。
上限がない訳ですよ。
だから、何処にしたらよいのか、ギャンブルなんですよね~。

ただ、そこで言いなりになる私でもありません。
HPに記載のなかった、外した蛇口の廃棄費用¥3,000は、無料の金属回収が来るから良いと断り。
後から、バルブの変色を指摘して修理の範囲を広げようと営業してきましたが。
“緑青が出てる訳でもないし、変色なんて数か月で始まるでしょ。”と、言う思いを込めて、「真鍮ですからね。」と、バッサリ(笑)
既に仕事の話をしていたので、向こうも、「あっ、金属の専門家でしたね。」と、営業終了(笑)

古い家です、配管がボロボロなのは仕方がない。
そこを直すとなったら、修理ではなくリフォームです。
まぁ、蛇口交換が修理かと言うと、、プチリフォームな気もしますが(苦笑)

とまぁ、なんだかんだと、バルブ開けて点検してるので、再度他の業者で見積もり取って、バルブの開け閉め繰り返す金属疲労のリスクを考えると、それも怖いし。
交渉の結果、少しは安く出来たので、作業をお願いしました。
まぁ、それでも十分すぎる程の、痛い出費でしたけどね(TAT)

で、何故違う名前の業者なのかを、やんわり尋ねると。
本社は広島で、東京支店があるそうで。
でも、私が電話したコールセンターはその会社の下請けなのか、東京支店の住所も違うし、会社名も違う。
コールセンター専門の会社だったのかな?
もう、だからコールセンターは嫌いっ!と、更にコールセンター嫌いに(ーー;)

で、そのコールセンターの方のHPを見ていた訳で、後から修理に来た業者のHPを確認しました。
そのHPは・・・。
一度見て頼むのを止めた所でした(--;)

とまぁ、完全にギャンブルとしては負けた私ですが(^^;)
どこで頼んでもさほど変わらぬ料金だったでしょうし、職人さんもそんな差はなかったと思うので。
安い所を必死になって探しても、そこで得すると別の事で厄介な事が起こるかもだし。
そういう運回りの年なそうなので(^^;)
取りあえず、損はしてないと思う事にして(笑)
無事治った事に感謝するとします♪

あぁ・・・でも。。。
コンタクトはお預けだな。
自転車も直さなきゃだし、雨戸も壊れたし。
病院もまだ行ってないし、仕入れも出来てないし…。

頑張って、しっかり稼がなきゃ!(><)
関連記事
スポンサーサイト

category: 日々のあれこれ

tb: 0   cm: 0

もう勘弁して!  

今日も朝8時に寝まして、12時に起きた訳です(^^;)
すると、例のブーンブッって音が・・・。

えっ!また?!

そうアシナガバチ。
前回と同じベランダに出る窓とカーテンの隙間で1匹。
飛んでる影が見えるし…。

チャチャっとスプレーで駆除。
171116アシナガバチ寝室に侵入2

でね、2度も同じことが起こると言う事は、やはり屋根裏に居るんだろうねこの子達。
冬眠ってやつでしょうか?
で我が家、何せとても古い中古だったもので、過去に雨漏りした事があるらしいのです。
で、その場所は今寝室にしている部屋。
で、その雨漏り箇所、天井の張り板?壁紙?素材はなんだか分かりませんが、一部隙間がね、そのままなのですよ。
引っ越し当初から、「屋根裏と通じてるかなぁ、ボンドで塞がないとなぁ」と思いつつ、そのまま放置だった訳です。
もしかしたら、ここから侵入してくるのではないかと・・・。
こんな応急処置してみました。
171116蜂ここから?天井の隙間テープでふさぐ
左が隙間が空いてる、右が透明テープ貼り付けた、だけっ、以上(笑)
変に時間のかかる作業して、蜂が出てきたら嫌なもんで。
大分みっともないですが、蜂が侵入さえしてこなきゃ良し!(^^;)

一応ね、この隙間からちょっとスプレーしてみました。
たぶん空気が通る隙間はあるね。
密閉されてたら薬剤が部屋中に広がるはずだけど、この隙間の付近でもわ~んと広がって消えた。
屋根裏に行ったねきっと。

でね、聞こえないふりをしていた羽音がね(笑)
遠くで原付が走ってるみたいに、屋根裏全体から聞こえるんだけどね(苦笑)
それが気持ち大きくなった(^^;)
薬剤に驚いたんだねきっと。

これで部屋に侵入してこなくなればよいが・・・。

一応、天袋をおそるおそる開けてみた。
屋根裏に上がる蓋板?と言うのかな?、それはズレていないから、ここからじゃないと思うし。
天袋の扉も結構しっかり締まってるから、やっぱり天井の隙間かな?

しかしもうすぐ大掃除の時期。
天井近くに顔をやったら、普段見てない壁や鴨居に、まぁ~埃が(^^;)
度の弱い眼鏡で生活してると、細かな埃は全く見えてないね(><)
今年は早めに大掃除始めるかな(苦笑)
関連記事

category: 日々のあれこれ

tb: 0   cm: 0

こんな風に彫ってます  

先日制作したフェザー。
こんな感じでヤニに取り付け、この洋彫りタガネを使って行います。
171108フェザー・イヤーカフ&ポイントタガネ

ちょっとヤニが付き過ぎて本体のイヤーカフが見えていませんが(^^;)
彫れば自然と剥がれるので、問題なし♪
カーブしている所に彫るのは、なかなか集中力が必要です。

このタガネはポイントタガネ。
本来、手のサイズに合わせて短くし、先も小さく削って作業しやすく加工するのですが。
それをする為にはグラインダーが必要で。
私、残念ながら持っていないので、売ってるサイズのままホルダーに付けて使っています。
地道にリューターやダイヤモンドヤスリで加工する方法もあるかもですが、そこまで時間かけるなら、どうせそのうち短くなるしこのままでいいかと・・・手抜きです(ーー;)

ただ、タガネが長い為正しい持ち方が出来ないのが、しばらくの間難点です。
なので、こうして刃の部分を握りしめないと、長くてうまく力が入らないので、安全のために緑のテープで刃先をカバーしてます。
171111フェザー手彫り風景
これしてないと、刃の部分で手が切れて、出血大サービスになってしまうので~(><)
始め、そのまま使用して大惨事でした(TAT)

学生時代に手のサイズに合わせて作ったタガネは、使い込んで短くなり、逆に使いずらくなってしまったので、最近はこちらを使用。
その昔のタガネは、彫より、テカリ仕上げ専用にしています♪

タガネは刃先を研ぎながら使うので、そのうち短くなります。
が、使いやすい長さになるにはあと何年かかるかしらね~(^^;)
関連記事

category: 作家活動のあれこれ

tb: 0   cm: 0

美味しゅうございました♪  

今日のお昼は、2日かけて作ったビーフシチュー♪
171114ビーフシチュー
圧力鍋があればすぐなんだけどね~。
普通の鍋しかないもので(^^;)

肉はホロホロ、筋もトロトロ♪
ジャガイモの代わりに赤カブで糖質セーブ♪
なので人参も入れてない♪
野菜は他に、マッシュルームと玉ねぎ。
ちょっと甘めのルーだったので、ケチャップで酸味足して。
しか~し!!
肝心の生クリームを買い忘れ、牛乳で済ましちゃった(笑)

シチューは美味しくって、お代わり♪
でも、久々に食べたバケットは、こんなに要らなかった(><)
2枚残しちゃいました。
また明日の分もあるので、その時に食べましょう♪

ダイエット前は、これぐらいペロリだったんだけどね~。
小食になってきてる!
良い事だ♪

ただし、調子に乗って、ここ数日おやつにケーキ食べたりしてたからか。
胃腸がちょいとお疲れ気味。
やはり小麦粉は消化するのに負担がかかるのかな?

で、それが原因か否か。
治りかけていたのに、またも顔中に吹き出物が!!!(TAT)
誰にも会いたくないってぐらい酷い(--;)
あぁ~せめて、肌だけでも美しくなりたい(泣)
関連記事

category: 日々のあれこれ

tb: 0   cm: 0

たまには真面目に制作の話(笑)  

粘土細工のドローイングハート、削り出しツルツルにした後、シルバーカラーで下地塗りをします。
その際、厚塗りの一度塗りではなく、薄塗りで何度も重ね塗りをします。

170723ドローイングハート下地塗り回数比べ(下1回上5回)

そうする事で、しっとりとした輝きのある仕上がりになります。
一瞬コットンパールの様に見えるのは、この地道な工程があってこそなのです♪

ただ色を付けるだけならば、厚く塗って一度で済ませれば、作業は数倍楽なのですが。
薄く何層にも重ねる事で繊維の様な風合いが出るのです。
この層も厚ぼったく塗り重ねては、繊細さに欠ける気がします。
気がするだけで、私以外、誰も気が付かないぐらいの違いかもしれませんが(^^;)

手描きの一点物と言う事が一押しなこのシリーズですが。
削り出し滑らかに仕上げる作業、そして地塗りのこの作業。
更に描いた後のニス塗りも、同じく薄く何層にも重ね塗りをして仕上げます。
実は描く以外のこれらの工程が、出来上がりを左右する重要な作業だったりするのです(^^)

私の作品は、あくまでシルバーがメイン。
粘土細工はサブ的ポジションのカジュアルラインで、正直素材は大した事ないですが。
サブとは思えないほどの拘りと手間暇をかけて、丁寧に制作しています♪
関連記事

category: 作家活動のあれこれ

tb: 0   cm: 2

私のブログが長い訳  

171110レモンケーキと紅茶
この所のおやつ、レモンケーキと紅茶♪

時々こっそりチャレンジしていることがあります♪
それは、毎日投稿♪
ってクリアできたためしがないんですけど~(苦笑)
今月も既にアウト~(笑)

毎日制作について書ければよいのですが、それもなかなか。
で、つい雑談が多くなります(^^;)

でも、そんな雑談を楽しみにして下さっている、マニアックな方も・・・。
いるかなぁ?いないかなぁ?(笑)

時々「仕事の事だけじゃないからうひゃこさんのブログは楽しい♪」と、言って下さる方がいらっしゃいます。
私も、仕事だけでなく人間味がわかる人の記事を、読むのが好き♪
だから、このスタイルはきっとこの先・・・。

あっ!
プライベートが充実してきたら、自然と内緒の話が増えるよね~(ウフフッ)
そうすると、ボロが出ない様に雑談は減る・・・かも?(オホホ)
まぁ~、その心配は当分ないですけど~(アハハハ~)

なかなか会えない友達へも、ブログを通してお話しているつもりです。
勿論お客様にも、時に悩みを打ち明けてくれた人へも、元気がないなと思った人へも、元気をくれた人へも、素敵な人、憧れの人へも♪
色々な人へ向けて、私はココでお話しています♪
時に、その人に伝わればいいなぁと、こっそりと私の気持ちを込めたりもしながら♪

読んでくれているか、理解してくれているかは、全く分かりませんけどね~(^^;)

そんな風に、不器用ですが、私の人を大事に思う気持ちが、伝わるといいなぁと。
私のブログは、今後もそういう物でありたいと思っています♪
関連記事

category: 日々のあれこれ

tb: 0   cm: 0

オーダー品完成!(熱い思いの長い記事です^^;)  

壊れたフェザーのイヤーカフ。
修理ではなく、板から手彫りでフェザーのイヤーカフとペンダントを作って欲しい。

それが、私が学んだジュエリー教室で、助手をされていた先生からのご依頼でした♪

しかし催事用の制作があり、最悪半年お待たせしてしまうかもしれない事を伝えると。
「ゆっくりでいいから、来年でもいいから。」と。
そのお言葉に甘え、お引き受けする事に致しました。

=====ここで注意点======

上記の理由で、制作までに半年お待ちいただく場合がございます。
また、お客様がイメージしている物を、私が完ぺきに理解出来れば良いのですが、それがとても難しく・・・。
フルオーダーの場合、下記ような流れを取らせていただきます。

<フルオーダーの簡単な流れ>
①大体のイメージをお聞きし、ラフスケッチでイメージ確認、おおよそのお見積り
②後日、ワックスなどでサンプルを作り、お客様に確認して頂き、最終見積もり
③それで宜しければ、内金を頂いて、ようやく制作に入る
※百貨店でオーダー頂いた場合、全額前払いになります。
④完成後、品物を確認して頂き、残金のお支払後、商品お渡し
※キャンセルの場合はキャンセル料として内金を頂きます。
※百貨店でオーダー頂いたお品物は、その百貨店でのお引き渡しとなります。

この流れと製作期間が問題で、百貨店では受注許可が下りない場合もあります。
また、店舗を持っていない為、その他の場所でのお引き受けが難しいのが現状です。
友人知人に限っては、自宅に来て頂く事も可能ですが、個人宅ですので一般のお客様にはご遠慮いただいております。

これらを、ご理解いただきたくお願い致します。

=====================

とまぁ、この堅苦しい流れは今回必要ないのです。
何故なら、私の先生だから!

デザイン相談もスムーズ♪
壊れたイヤーカフを、ざっと計測。
使用する板の厚み、制作方法等、専門的にあーだこーだと説明すると。
「その方が難しいんじゃない?でも任せる!やりやすい方法で良いから。」と。
うんうん、私の言ってる事を解ってもらえるって、なんて幸せなんだ(TAT)

先生からも、じゃ、ここをこうしてあーして、と。
ふむふむ、なるほど、じゃこんな感じで、ここは何ミリの線で、厚みはこんなで。
板は均一でいい?
いいよ。
なんて、職人同士で新作の構想を練ってるみたい♪
なんて楽しい時間なんだ!!(笑)

しかしながら、思った通りなかなか制作に着手できず、3ヶ月経ってやっと制作(^^;)
そして完成したのが、こちら!!

171111オーダー品フェザー イヤーカフ・ペンダント

171111オーダー品 イヤーカフ・ペンダント裏

イヤーカフは、強度を考え羽に切れ込みを入れず、彫とすり出しで仕上げました。

ペンダントは、イヤーカフと同じサイズでとの事でしたが、それだと細長くバランスが良くなかったので、少しサイズを変えました。
バチカンを含めた約3cmにし、幅を約7mmと少し広げボリューム感を出し、ご希望の左に少し曲がった羽でデザインしました。

更に立体感が出るように、カーブの内側には鋸で切れ込みを入れ、一部羽が重なる様にロー付け。
カーブ外側はイヤーカフと同じく強度を高めるために、切れ込みではなくスリ出しと彫で、羽の隙間を表現しました。

また、平らな羽にせず、少しふっくらとするよう叩いて立体的に湾曲させました。
その為、首元で少し横向きなポジションで、動く度キラキラ揺れるデザインになっています。
裏側が時々見え隠れしますので、裏にも手彫りを前面に施しました♪

どうでしょうか?
私はとってもお気に入りに仕上がりました!
そして、ご依頼頂いた先生にも、とても気に入って頂けました!

実は今まで、フェザーはインディアンジュエリーだからと避けていました。
個人的には好きなんですけどね、AtelierUhyakoではないなぁと。
でも今回制作してみて、こんなにエレガントに作れるものなんだ!と。
柔軟な考えが出来るようになり、これを少しアレンジしてそのうちAtelierUhyakoの定番新作に出来たらなぁなんて♪
本当に良い切っ掛けを頂きました。
先生には感謝しています♪

お渡しはご都合で来月になりますが、現物を見て更に気に入って頂けたらいいなぁ~(*^^*)

新たなAtelierUhyakoの世界が広がりそうです♪
関連記事

category: ハート以外の作品

tb: 0   cm: 0

ツボだったのか!  

時々、内足首とアキレス腱の間辺りを揉むと、物凄く痛い(><)
ちょっと押しただけなのに、アザできるんじゃなかろうか?ってぐらい痛い(><)
でも、しばらくもんでると、なんとなく足が軽くなる。
で、翌朝、あら不思議!脚が少しスッキリしてる!!

これはもしやツボなのか?と、検索してみたら、どうやらむくみに効くツボの様♪
知らずに揉んでた(笑)
で最近、そのお陰か、脚の骨のに触れるようになってきた!
って、今までどんだけ浮腫んでいたんだか(苦笑)
脚パンパンで、押しても骨に指が届かなかったんだよね~。

毎日は痛くてできないんだけどね(^^;)
時々マッサージしながら、リラックスしています。
これが痛くなくなったら、むくみが取れたって事なのかなぁ?
ちょっと習慣にしてみよう♪
関連記事

category: 日々のあれこれ

tb: 0   cm: 0