AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

私は母のお母さん  

一日中、寝て寝て過ごす母。
このままではボケてしまうので、脳トレの本で計算ドリルを時々していました。
しかしここ数日、反抗期の子供の様に反発して、ドリルも拒否。
昨夜話をした時は、ボケるのは嫌だから頑張ると言っていたのに・・・。
ふて腐れて寝てしまいました。

施設でよく報告があったリハビリ拒否。
こういう状況だったんだろうか?

母曰く、私の話し方が悪いから、素直になれず反発したくなるんだと。
何の話題でも、とにかく今は私の事が気に入らないんです。
母に話しかけられ答えると、待ってました!とばかりに、喧嘩を吹っかけてくる。
私も上手く交わせるだけの頭の回転が良くないので、話を止めさせるには、頭も気力も時間もかかり。
時に私の我慢が限界になり、まるで子供を叱る様に説教してしまう事もあります。
でも、それこそ母の思うつぼなので、返答も話しかける事も躊躇してしまう。

だってね、遂に・・・。
「大丈夫?」と心配する言葉が、ムカつくんだとキレられたんです(TAT)
昔から、「大丈夫?」と聞かれるのは嫌いなんだそう。
そんなこと言われたって、普通の心配してる気持ちなんですけど・・・。
母の地雷ポイントが、全くわかりません(><)

こういう事を誰にも話せず本人にもぶつけられず、一人で抱え込む人が、介護うつになるんだろうなぁ。。。

でも幸い私は強い人なので、私のことを責め立ててくる母に、正論でお説教をします。
正論をぶつけられた母は、昔と同じやり方で言い返してきます。
で、「これが出来る間は、ボケてない。」と伝える訳です(笑)
母は病気になっても母のままでした。
でも今は、私が変わりました。
まぁ、「こんな事なら母を預かるんじゃなかった」と、ふと思ってしまうと、夜な夜な涙が止まらなくなってしまう時もありますが・・・。
ここでもこうして、少し吐き出してるし(^^;)
私の心のバランスは保たれているんです。
時に距離を取り、食事やお風呂の介助、身の回りの世話は、きっちりこなして♪

それらについては、母も感謝をしてるんだと言うのです。
それなのに私の事が気に入らないんだそう・・・。
その矛盾した心が、本人も訳が分からないのだと言う。
もしかしたら負けず嫌いな人なので、自分と比べて完ぺきにこなす私が鼻持ちならないのかも知れません。

また、反発心が起きるのは、これも理由の一つかと。
母が寝ぼけて、私の事を「おかぁさん」「ママ」と言ったのです。
しかも2日続けて(^^;)
それを話すと、言った事を覚えている母。
「だって昔からあなたは私の母親でしょ(笑)」と。
また他人が聞いたら言葉足らずで誤解を受けるような言い方をするので。
「それは親子逆転って事でしょ。」と言うと、「そうそう。」と笑いながら納得する。

私が小学生の頃から、母にとって私の存在は、「甘えられる人」
病気になった今、それがもっと母の中で当たり前に「甘えられる人」になった。
そしてそれを本人もわかっている。
そして、「甘えれば、きっと知子さんはなんとかしてくれる」そう思っている。
だから、その部分に関してはけっしてボケてはいない。

でも今は、甘えてれば済むような、そんな状況ではなない。
実際、認知機能、記憶力、判断力、思考力、どれをとっても入院したての頃よりは確実に回復しているのだけど、山を登り切って下り坂に差し掛かった辺りと言う感じ。
だから、今が大事。

急な坂を転げ落ちるか。
緩やかな坂をのんびり下るか。
そのままそこに留まれるか。

それを決めるのは、母自身。
そしてその母自身が、ボケるのは嫌、回復したいと、諦めてはいないので。
その手助けをしているつもりだったんですが・・・。
やり方が間違ったんですかね。。。

思い出せない言葉思い出したんです。
「おだてる」
私はこれが出来ない。
相手の気持ちをその気にさせる事が出来ない。
嘘つけない、お世辞が言えない、いつも本気。
それが母は気に入らない。
だから反発する。
きっとそう。
でも私も精一杯、そこまで仏になれません。
ジャンニの吐血も2度目の通院で、点滴して貰って薬の量を増やしてもらって、やっと落ち着いてきたところだし。

次の施設はリハビリ強化の施設ではない。
個室だし温泉付きだし、食事も美味しそうだし。
地域は違うが、私がボランティア演奏をしに行っていた施設と同じ系列のショートステイ。
干渉されることは減るだろうから、多分居心地は良いと思う。

見学に行って、「あそこは嫌だ!知子さんの家にずっといられるんでしょ?」と、我が家に来てすぐの頃はだだをこねていたけれど、今では、「そこに入るのが楽しみだ」と、気持ちを切り替えた様子なので、我が家に来た意味も一応あったのかな?と思いたい。。。

ってか、良い事もあるのにそっちを日記に書けない私も素直じゃないんだろうか?(--;)
等と、思いつつ。
残り約25日。
反抗期の子供の様になってしまった母と、どう向き合っていくのがベストか?
脳の機能低下を少しでも抑える事が出来るのか?
楽しい思い出作りは出来るのか?

私自身の人間性を試されている様ですが・・・。
ここで吐き出させてもらったので、気持ち切り替え頑張ろうと思います!
関連記事
スポンサーサイト

category: 家族

tb: 0   cm: 0

プラマイゼロに出来ればOK!  

書きたい事があり過ぎて文章にまとまらない。
勢いのまま書いたら、とてつもなく長い愚痴日記になってしまいそうで。
って、この日記もまぁまぁ長いけど(^^;)

良い事だけを書くのは、私のポリシーに反する。
それに付随したマイナス面もちゃんと見つめたい。
それも現実なのだから、見つめたうえで前向きに捉えたい。

で、思い出せない言葉がある。
お世辞や世間体の様な事などを意味する様な言葉なんだけど。
それらをまとめて何て言うんだったか・・・?
どうやらその言葉は、私の辞書にはないようで。
何十年と前から、何度覚えても、すぐ忘れて思い出せない言葉。
別に嫌な言葉ではなく、ごく一般的な言葉なのだけど・・・。

母が来てもうすぐ2週間。
体は少しずつ回復しているけど、記憶や認知能力が落ちて来てるように見える。
でも、もしかしたら、これが施設でも当たり前の状態だったのかも?
私に気に入らないとぶつける感情が、介護士さんにぶつけていた事と同じなのです。

他者に迷惑かける様な行動はまずいので、全て母の思いどうりにはさせられない。
でも、そういう時はいくら話しても理解が出来ないみたいで、説明すればするほど頑固になってしまう。
そして私の言い方が悪いと怒り出す。
まぁ細かく言いうと、良い事悪い事まだまだ色々あるけれど・・・。

でもね、楽しい事や嬉しい事も、沢山あるんです♪
それはおいおい日記にしますね(^^)

ただ、私は元々キツイ性格なので、母はそれが辛いんだろうなと。
でもって、自分が何も出来ないと落ち込んで、やり場のない気持ちを、身近な私に当たる事で発散してるんだろうけど。
毎度毎度は、こっちの身が持たないし、母も辛いはず。
なので今回は、施設で毎食後飲んでいた薬で、先日通院した病院では具合の悪い時だけのます様に処方が変わったお薬を、1服だけ飲んでもらいました。
と言っても、他の飲まなきゃいけない薬まで、飲むのを拒んで、ひと悶着あったんですが(--;)
本人の為なので、こればかりは、本気モードで、「飲んでください!!」と強く言わせて頂きました。
数時間後、気持ちが少し落ち着いたようで。
夕食に作ったカレーそばを、美味しい美味しいと喜んでいました。

とまぁ、そんなこんなで、とりあえず何とかやってます。
ワンコの体調がまた悪化し、どうしようもなくパニクって母に気を遣う余裕がない時に限って、母に振り回されておりますが。。。
そこを、私がテンパらずに、余裕をもって対応できるようになれたら、自分でも凄い!と思うのです(^^;)
ってか、それが出来たら仏だね(笑)
でも私は未熟者なので、なかなか仏の域には達せないのですが・・・(--)

この母との生活で、私自身も多分色々、気持ちの変化が起こるだろうと感じています。
勿論、良くも悪くもですけどね。
マイナス面をちゃんと見て、それでプラスに考えたいのです。
関連記事

category: 家族

tb: 0   cm: 0

アシナガバチを菜箸でつまむ  

昨日の午前中、居間の窓からぼーっと外を見ていると、フラフラと庭にアシナガバチが飛んでいた。

あ!ヤダ!蜂!!

っと思わず声に出した私。
濃いオレンジ色の、キアシナガバチかなぁ?
今年初の蜂でした。
巣を作られたらいやだなぁ~、そんな事を思いながらしばらく時間が経ち。
お昼ご飯を作りに台所に立つと・・・。

げっ!!家の中に飛んでる!!!Σ( ̄□ ̄|||)

さっきの蜂か?
何処から入った!?

動きは余り早くなく、フラフラと飛んでいる。
一瞬、殺虫剤!と思ったけど、そこは台所。
食材や食器など、薬が掛かって欲しくない!

どうする!どうする?(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

で、気が付くと菜箸を握りしめていた私。
蜂駆除屋さんがピンセットでつまんでいたのを思い出し、菜箸でつまもうと思いついた!
幸い動きが鈍めの蜂。
フラフラと、テーブルの上のお菓子の袋に降りてきた。

後ろからそーっと・・・。

殺気を感じで振り向く蜂。
動きは鈍いと言えど本気を出されたら危ない。

逆サイドからそーっと・・・。

攻撃されてると感づいていないのか、袋の上を歩きだした。
摘まもうとするが、つるつるしてて難しい。
その都度、ん?と振り返るから、私も、え?ととぼけて気配を消す(笑)
遂に、外装が開いてるファミリーパックの中に入ってしまった(><)
そっと中に菜箸を入れる。

掴めた!!
でもすぐするりっ。

まるで大豆を箸でつまんでる様に、硬くてツルツルしている!
袋の中からこちらを見て、微妙に威嚇の態勢になった気がした(*_*)

やばい!こちらに向かって歩いてくる!
でもまだ相手は袋の中、くびれ部分を狙って。
摘まむ!滑る!摘まむ!
何度か繰り返し、やっと摘まめた!!!

やったー!
と思った瞬間、これをどうすれば?(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

迷ってるその間も、逃げ出そうと必死の蜂!
滑る!!危険だ!!
とっさに玄関から外に出した。
ふ~っ。
駆除は出来なかったが、一応家の中から無事に排除した。

そして今日。
ふと、居間の天井を見たら・・・。

蜂!!!!!
また蜂が入って来てる(><)

一瞬、昨日の蜂か?と思たが違う!
今度は、セグロアシナガバチ(><)
家に巣を作られて参った種類!
背中の黒い筋模様が、キアシナガバチより怖く見える。
スピード感もありそうに見える。
でもじっと天井に張り付いて動いてない・・・。

生きてるのか?

居間だったので、今度は殺虫剤!!
母を廊下に非難させ、ワンコはコタツの中に非難させ。
プシューっと一撃!

案外すぐ落下、しかし動きは止まらず、真下の母のベットでモゾモゾ。
布団に潜りこもうとしたので、更に数回、殺虫攻撃!

ここでもまた菜箸が大活躍♪
弱って、クネクネしてる蜂を、菜箸で摘まみ、ビニール袋へ。
最後の一撃、プシューっとな。
ビニール縛って、放置。
ご臨終後に庭に捨てました。

2日続けて、蜂の駆除。
ってか、続けて家の中に出るって・・・。
昨日は他にも色々あったので、もうグッタリ。。。

今年は蜂が多いんだろうか?

どこかに穴がある我が家・・・。
でもその穴が判らない私・・・。

虫さん達よ、我が家への訪問はなるべく遠慮してくださいm(__)m


関連記事

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

ジャンニ吐血  

7日に施設を退所した母が我が家に来て、1週間が経ちました。
母の日記はまた時間のある時に書くとして。
2匹いるワンコのうち、眼球摘出しているジャンニ君の方が、大量吐血で心配です。

8日に泊りがけで母を病院に連れて行く為、ワンコは父に頼み、我が家で泊りがけで見て貰っていました。
ところが泊まりではなくその日に帰る事になり、(何故かは母の日記で書きますね)夜遅く帰宅。
父から、ジャンニが鼻血をポタポタ床に垂らすんだ、と報告がありました。
実は数日前、フィラリアの薬と狂犬病の注射をして貰いに行った日の夜も1回あったのです。
でも、老犬だし、動物病院までは片道40分の道のりをキャリー移動。
久々の外出、疲れたのかな?粘膜が弱ってるのかな?花粉かな?と様子を見ていたんです。
8日の晩も、もう遅かったし、とりあえず止まっていたようなのでそのまま寝ました。

すると翌朝。

ワンコの寝床に大量の吐血!!!
コップに2杯はあるのではないかという程の鮮血が、敷物にしみていたんです!

花見に連れて行ってもらう約束をしていた為、予定通り我が家に泊まっていてくれた父を叩き起こし。
動物病院に連れて行きました。
父が居てくれて本当に助かりました。

先生には、フィラリアの薬はまだ飲ませていない事、昨晩迄の経緯を話しました。
嫌がって、先生にも口の中を見せないジャンニ。
鼻血だと思っていた出血は、どうやら歯ぐきからの様でした。
食欲もあり体格も良く、目にわかる貧血もない様子なので、内臓から来ている物ではないだろうと、薬を出してくれました。
老犬で何があるかわからないから、狂犬病の注射は様子を見ようとしなかった事を、正解だったね!本当に何か起きたね、と先生。
本当です、もうビックリです。


歯ぐきからだとすぐ止まらない可能性が高いとのご説明の通り、その後も吐血は続いて・・・。
その都度、都合よくトイレシートで吐くわけではないので、コタツ敷き掛けの洗濯が間に合わないぐらい、交換交換で・・・。
母が来た途端、こんな状態でバタバタしてるもんだから、母は母で娘に迷惑かけてると凹みまくるし。。。
いやいや迷惑ではないからと、言い聞かせても、毎朝その凹んだテンションからスタートの母で。
こっちはこっちで、私の寝ている間に出ていくのではないかと気が気でない状態(--;)

ほぼ1週間たった今もまだ少し吐血が続いてるジャンニ。
一昨日は顎から自壊して、血膿がドバッっとでて、大分出し切った感じではあるんですけど。
見た目が・・・、事故現場みたいでドン引きです・・・。

でも、本人いたってケロッとしてて、食欲もあるし、薬もおやつと一緒にパクパク食べてくれてすごく楽。
痛くて泣叫んだりしないので、助かっていますが、きっと我慢してるんだろうなぁ。
動物は弱ってるのを捕食者に知られたらアウトだから、本能的にじっと耐えてるんだろうと。

処方された薬を全て飲み切り、母を家に留守番させて2,3時間家を空ける事は出来ないので、しばらく様子見です。
このまま、出血が止まってくれます様に☆ミ

老犬だから色々あります。
そろそろかもなと覚悟はしていますが・・・。
今月の27日、スキッキ、ジャンニ、2匹の誕生日♪
この日で、16歳になります!
母のいる時に、母のワンコの誕生日会をしてあげられたら、素敵な思い出が一つ増えます(^^)
どうか、その日を迎えられます様に☆ミ

関連記事

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

4月の出展予定  

7月まで予定がないので書かなくても・・・と思っていましたが一応(^^;)

【2019年】

4月の出展は御座いません。


<5月以降の出展予定>

7月頃から動き出します。
予定も少しずづ入り始めました。
個展は秋に開催です。
詳細決まり次第、更新いたします。
関連記事

category: 出展予定

tb: 0   cm: 0

何でも取って置く性格  

何かに使えるだろうと取って置いた段ボール箱。
このままじゃ味気ないので、シールやテープをペタペタと、コルクを付けて紐付けて♪
仕事は雑だが、ちょとだけ可愛くアレンジ(^^)
190405トイレ用箱シールでアレンジ

これ、母がトイレケア用品を自分で好きに使える様に、トイレに置いておくための箱。
昨日、これを置く為の棚の材料や、トイレで使用品を捨てる為のゴミ箱などを買いに行った時、一緒に箱も探したんだけど、いいサイズの物が無くて。
アトリエの押入れにとりあえず何かに使えるかな?と取ってある箱の中を探すと、なんとジャストサイズの物を発見!!

でもって、貼ったシールも古い物ばかり(^^;)
油絵チックな猫と犬のシールは、もう15年以上前に母が可愛かったからとプレゼントしてくれたもの♪
私は余り好みじゃなくて、やっと日の目を見た(笑)
しかも母の為の物の役に立った♪
他にも、20年近く前の手帳に付録で付いてたシールとか(笑)
最近だけど、切手シールの周りの絵柄を切り取って置いたシールとか(^^;)
テープは最近買った物だけど。
お金かけずに、出来ちゃった(笑)

このシールを見て、母は何か思い出すだろうか?
どんな反応があるか?
ちょっと楽しみ(^^)
関連記事

category: 家族

tb: 0   cm: 0

ワンコ通院  

そろそろフィラリアの季節!
と、思っていたら。
昨日、動物病院からハガキが来た♪
しかも、お初の蚊も退治した!
ってな訳で、えっちらおっちら、とぼとぼと。
歩いて片道40分。
役所から狂犬病注射のハガキも来ていたので、病院でお願いしようと。
役所の指定日会場には行けそうにないので。

ワンコ達も久々のお外。
菜の花をバックに1枚♪
190406菜の花越しのジャンニとスキッキ
なんと!!!
キャリーの中で同じ向きに入っても喧嘩しない!!!

半年前は、この向きで並んで入れると大ゲンカ(TAT)
お尻と頭と互い違いで乗ってもらうしかなかった。
仲良くなったのう~(TAT)
病院や、通りすがりの人に、仲がいいわねと声かけられるほど(^^)
これなら時々散歩できるかも♪

フィラリアの薬は体重によって違う。
ジャンニがちょっと太ったと思っていたら6キロ越えしてて・・・10㎏未満の薬に。
スキッキは逆に痩せて4.6だったかな?4.8だったかな?5㎏未満の薬で済んだ。
狂犬病の注射は高齢犬なので見合わせましょう、との事で、役所にその旨伝える一筆、先生が書いてくれた。

それと、気になっていたスキッキの首の腫瘍。
徐々に大きくなってきていてジュクジュクが止まらず、つい先日も腫れて膿みが溜まり。
人間用のヨウドチンキを買ってきて応急処置の消毒をしたら、腫れは引いたんだけどやはり心配で。
何か、塗り薬のような物はないかと相談をすると。
アロマオイルなのかな?5種類ぐらいのハーブの成分が入ったオイルを処方してくれた♪
消毒薬はヨウドチンキでも大丈夫と言われたけど、先生の所で処方された物を使った方が安心なので、フォームタイプの消毒剤も一緒に出してもらった。
190406フィラリアの薬と腫瘍のお薬

アロマが良い香りで♪
しみる事もないらしく、1日何度でも付けてあげて良いそう。
腫瘍が小さくはならないけど、細胞を活性化する作用があり、下から新しい皮膚が出来て来て状態が良くなるだろうって。
去年も腫瘍相談はしてて、年齢的に手術は無理だから様子を見ようって事になって、何もしてあげられず悪くなるのを見るしかないのかと気がかりだったので、薬を処方して頂けて、しかも天然成分の物ならなおさら、ほっと一安心。

4月27日で16歳になる2匹。
我が家に来たばかりの頃は、喧嘩が絶えず、どうなる事かと思ったけど。
我が家に来て1年、本当に仲良くなってくれて♪
毎日お互いを心配し、甘えて安心しきって、爆睡してる(笑)
ここまでなるのに時間かかったけど、根気よく向き合って諦めないで良かった。
本来あるべく自然な穏やかな老後にしてあげられたと思う。
私も、一つ役目を果たせた気分♪

あとどれぐらい生きてくれるかはわからないけど。
ジャンニは最近ボケ始めてるし・・・。
スキッキは食べてるのに痩せてくし・・・。
でも、フィラリアのお薬は、願いも込めて9か月分、フルでもらってきた!(^^)

また、秋になったらワクチン注射♪
それまで、2回ぐらいアロマのお薬もらいに行くかな?
それ以外、特別先生のお世話にならずに落ち着いた日々を過ごせます様に☆ミ
母と一緒にワンコのお誕生日をお祝いできるのも楽しみだ!(^^)
関連記事

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

今年の個展は秋に開催予定です  

私、結構、勘のいい方と言われるんです。
一応その自覚もあるにはあるんですが、自分では余り感じていなくて。
でも周りは、会話の中にその勘の鋭さを感じ、ドキッとする事が多々あるらしく・・・。
まぁその殆どが、本人自覚無しなんで、案外何も気が付いていないんですけど(^^;)
今回はちょっと自覚。

毎年夏に開催していた個展。
昨年の個展の際に、ふと、次回は秋か冬にどうでしょう?と提案したんです。
ギャラリーサイドからも即OKを頂き!
先日、日程が送られてきて、秋に開催が決定しました♪
詳細はもう少し色々決まってから出しますね。

もし夏に予定していたら、今年は個展が出来ないところでした。
多分、勘が働いたんだなと思います。
去年の夏の段階では、今の状況は予想していなかったので。

個展のテーマは、まだ、なんとなくイメージ出しの状態。
ふわふわした感覚なので、もう少しまとまった言葉にしたいのですが・・・。
この頭の中のイメージを、言語にするのが苦手なのです(--;)

でも、このイメージで良いのか?という疑問も・・・。
今あるイメージは、今までとはだいぶ違う角度なので。
良いか?悪いか?
ん~・・・。

時間があると思ってると、案外あっという間で、制作追い付かない!とかなるといけないので(^^;)
お尻に火が付かない様に(笑)
しかし、こだわりを持って展示が出来るよう。
先ずはこの頭の中のイメージを、まとめたいと思います♪


関連記事

category: 作家活動のあれこれ

tb: 0   cm: 2