AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

コンセプトを新たに  

コンセプト「ときめきをあなたに」

コンセプトを新たに、かねてより制作していたハートモチーフをメインに、活動をする事に致しました。
作品を手に取った皆様に、「好き♪」と、ときめいて頂けるようなアクセサリー&ジュエリーを作って行けたらと思っております。

ブログ右側のプロフィールも書き換え♪
写真もハートをキャンバスにの作品にしてみました。

ハートをキャンバスに、この作品を作るようになって、前向きな言葉を沢山いただきました。
「うひゃこさん=ハートモチーフってなるぐらいにハートを作って下さいね♪」とか
「このシリーズが一番素敵です♪」とか
「ハートの作品待ってるよ♪」とか
「やっぱりうひゃこさんの作品と言えばこれだね♪」とか。
他にも色々、今すぐ思い出せないけれど、ハートモチーフ作品には良い言葉ばかりかけて頂きました。

私自身、感性の赴くままに作るハートをキャンバスに、気分が載らないと作れなかったり、私なりにお気に入りとの差が出てしまう事もあったりで、一点物の良さではあるのですが、それをメインに制作していく事に少し不安がありました。
しかし、自分が一体何が好きなのか?何をしたいのか?何を表現したいのか?何を感じて欲しいのか?
様々な、日常から私の心に入ってくる耳から目から感ずるものに、私は何を心に刻むのか?
意味のあることのように思える、それら不思議な洗礼は、私に何を言いたいのか?
ちょっとあぶないほどハートばかりが突き刺さり、もうこれは受け止めて生きていくべきなんだと思いました。

ハートモチーフだらけの作品になったら、様々なハートが出来上がると思います。
それこそハートと言うくくりだけで、ジャンルとか感性とかバラバラかもしれない。
でも、今までだって感性はバラバラ、私の中に両極端の感性がうごめきあって、それがどちらかに振り切れる事が出来ないでいる以上、両極端を両方持ち合わせていることこそが個性なのだと、曖昧に間を取って中間地点で妥協するのではなく、両極端を両方表現すれば良いのだろうと。
えっと、何を言っているのかちょっと理解に苦しむかもしれませんが、私の内面ではかなりの戦いが激しく行われた結果、私の心に突き刺さり続けるハートと言うモチーフをくくりとして、イメージを一つにしていけたらと結論付けたのです。

40過ぎたおばちゃんが、ハートモチーフ作家だなんて、ちょっと痛い、とか思われるかもしれない。
でも、一目なんて、悪口言われたって、今度こそめげない!
一目ばかり気にして、誰にでも受け入れられたくて、認めて貰いたくて、人に合わせて場所に合わせて、媚びてブレてる、そんな最悪の私はもう卒業です。
ごく一部の人にしか受けなくったっていいじゃないか!
思いのままに、その時の私が「好き!」と思ったデザインを、ただ黙々と作って行けたら。
売れ残るかもしれないけど、食べていくのが今以上に大変になるかもしれないけど。
いつかきっと、やってて良かった、続けて良かったって思える時が来るような気がして。

私の「好き!」をないがしろにしないで、自信を持って、批判の言葉はスルーして、頑張ってみようと思います!!

そして欲を言えばやっぱり、スランプなんかなくモリモリ制作出来て、作ったそばから売れるぐらい人気で、がーーーーっと作ってがーーーーっと売って、ちょっとリラックスして贅沢できるぐらいのゆとりの時間とお金があって、そんな生活を送れるようになりたいです!!
スポンサーサイト

category: コンセプトについて

tb: --   cm: 0