AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

ジャンニが星になりました  

ジャンニ君亡くなりました。
享年16歳8か月でした。

昨年3月、こんな猫みたいな香箱座りをして。
190319ジャンニ猫みたいな香箱座り
鳴いたり吠えたりほとんどせず、いつも大人しく余り自分の意思を言わない子でした。

11月末にスキッキを亡くしたジャンニは、見る見る弱っていきました。
今まで、眼球摘出してまぶた縫ってる以外は、本当に若々しくて。
筋肉ムキムキ、しっかりと体重もあり。
食事もカリカリを自分の食べたい時に食べたいだけ、カリポリカリポリ。
時々出ていた鼻血もビタミンCが効果あり、最近は全く出さず。
このまま17歳18歳と歳を越せるのではないか?と思う程でした。

スキッキの真似事か?
191204ジャンニ
スキッキが亡くなって間もない頃、突然スキッキと同じことをする様に。
一瞬懐かしんでるのか?なんて思ったけど、目の見えない子がここまで再現できると思えない。
あなたもそれが始まりましたか・・・と、ボケが進んだことが判りました。

寝方も時々独特で、こんな風に口で頭を支えて寝る子でした。
191017ジャンニ口で支える寝方
苦しくないんかねぇ?
しかしそれも2か月後の12月には、口で支えることが出来ずこんなに鼻が曲がってしまうように。
191220ジャンニ
これでも爆睡なんだから、信じられません。
しかしその後、その原因が判明。
スキッキ同様、上の前歯が抜けてすっぽりなくなってしまっていたのです。
前歯がなくなって支えがなくなってしまってたんでしょうね。
この後少ししたら、もうこの寝方をしなくなりました。

しかしスキッキの時もジャンニの時も、歯がなくなったのに歯が落ちてない・・・。
飲み込んでしまったんだろうな、でも便に混ざって出てきたんだか?
それらしきものは見た事ないのだけど。。。

そしてこれは全くの私の趣味なので、ブログにあげるかどうか迷っているうちにあげ損ねていましたが(^^;)
ジャンニの肉球です(笑)
この子の肉球は特別柔らかくって、可愛い足の裏なので、時々写真撮ってました(苦笑)
190416ジャンニ肉球

スキッキの介護の方が大変で、その日記をあげる事が多かったので、ジャンニの写真は撮っているけど余りアップしていなかった。
これから徐々に他の写真も上げていこうと思っていたんですが、残念です。

以前話だけ出した、皮膚の炎症、こんな感じでベロっと突然何の前触れもなしに皮ごと毛が抜け落ちてしまう症状。
ヨウドチンキで完全に回復!
これだけ皮がむけてしまっているので、最初だけ少ししみるようでしたが、鳴く事もなくちょっとピクッとするだけで我慢の出来る偉い子です。
191020ジャンニ首の皮膚炎症経過観察
というように回復力もあり、先生に褒められる程、歳の割に元気な子でした。
そしてその後も、時々軽くこの症状はありましたが、早めのヨウドチンキで酷くなる前に完治していました。

しかし、この症状がお尻に出てしまったのが、確か、5・6日前。
肛門のすぐ脇、同じぐらいベロっと皮がむけてしまったんです。
勿論ヨウドチンキで治療中でした。
薬の効果はあり、翌日には薄皮が張って、このまま1ヵ月もすればその内毛が生える、と期待をしつつも、ジャンニの弱り方が普通じゃないのを感じ、これが治る迄生きていられるだろうか?と思うようになりました。

昨年の夏ごろから、ジャンニはトイレが間に合わなくなり、5回に1回ぐらいの成功率から10回に1回ぐらいの成功率になってしまっていました。
なので、おしっこのオムツだけしていました。
因みにこれは11月26日の写真、脱げちゃうので、伸縮性のある包帯で肩バンドしてます(^^;)
191126ジャンニ
便は硬かったし、なんとかトイレ近くまで行く意思もあったので、その都度トイレまで連れていったり、万が一失敗してもそれほど汚れなかったので、これで十分でした。
しかし年を越したあたりから、急激に体調の変化が。
下痢をするようになり、おしっこは既におねしょが始まっていたんですが、ウンチも寝たまましてしまう事が殆どに。
コタツで私の横にいる時、匂いがしたので、あっおしっこしたかな?オムツ交換しよう~とコタツ掛けをめくると、爆睡中にもかかわらずゆるめのウンチをたっぷり脱糞・・・とか。
自分の寝床でも、毎晩ウンチのお漏らし、それが日に日にべたついた物になって行って、洗うのも一苦労でした。
その為、10日ほど前からお尻のオムツも付けて日々過ごしていました。

勿論その度にジャンニもシャンプー、あぁスキッキと同じになって来たなと。
そしてこの、お尻の皮膚剥け、これで下痢のウンチが付いてしまった時には、いくら薬が効いて薄皮が張っていたとはいえ、しみるだろうに、洗ってる時もじっと耐えてる。
痛々しくて可愛そうで、でも気丈なジャンニに救われていました。

ご飯も年末ごろには既にカリカリを食べなくなって、ササミジャーキーや缶詰フードに切り替えていました。
それで少しゆるいウンチになったんだと思っていたんですが、食べてくれるので年末まとめ買い。
した途端、缶詰を食べなくなり、・・・。
パウチに変えたのが丁度同じ10日ほど前、それも余り進まない食欲でした。

この頃になるともうほぼ寝たきりで、寝返りも自分で打てず、昼夜問わず私を呼ぶので、1時間おきに寝返りさせたり体をさすったり。
付っきりの介護が始まりました。
12月の時は、ジャンニは今のハウスで、おとなしくぬくぬくおねんねしてくれてて、少しアトリエに入る事も出来たのですが、全くそれも出来なくなりました。

そしてついに、3日前から全く何も食べなくなって。
鶏肉をチンしてあげても、ちょっと味を付けてあげても、牛乳を温めても、見向きもせず。
唯一、水を口元に運ぶと飲んでくれたけど、物の数分で吐いてしまう。
とうとう水も受け付けないのか・・・と、覚悟を決めていました。

そして昨晩、30分おきに鳴いて、私を起こすジャンニ。
その前の晩は、コタツで添い寝してあげてたんですが、流石にそれも何度か続いていて、私の体調が思わしくなく昼間寝込んだりもしていたので、昨晩は流石にベットに寝たんです。
が、そんなこんなで、鳴かれては起きて、体をさすって抱っこして寝返りさせて、の繰り返しで、ほぼ一睡もできず。
そのまま朝が来て、それからずっと抱っこしてあげて、「怖くないよ大大丈夫だよ」と体をさすり。
すると安心したのか、いびきをかいて寝始めたので、床暖してあるフカフカお布団のワンコベットに寝かせて。
それが昼の12時、私も限界だったのでベッドで仮眠、のつもりが、目が覚めたら夕方6時。
途中1度、多分3時頃、ジャンニが泣いたんですが、起き上がることが出来ず、声だけかけて、寝てしまい。
多分その時、逝ったと思われます。

スキッキと同じく、私が寝ている間に逝ってしまったジャンニ。
もしかしたらこの子達2匹は、私が起きてる時に逝く事をためらっていたのではないか?
だから、見ていない時にそっと逝ってくれたのかもしれない。
私の体力も限界だったし、あと3時間頑張って起きてたら看取れたのかもしれないけど、でもそうしてたらジャンニを頑張れせてしまって、苦しみを長引かせていたかもしれない。
だから、これがこの子達の優しさなんだと、そう思う事にしました。

この早すぎる変化に、うちに来てしばらくして物凄く仲良くなったジャンニとスキッキの絆を感じます。
産まれてずっと一緒だったスキッキが先に亡くなって・・・。
この子はフンともスンとも言わず、何考えてるのかわからない子だったけど、スキッキの事大好きだったんだなぁと。
兄弟であり相方であり、共に支え合って生きてたんだなと。
まるで後を追うように、急に弱って逝ってしまったジャンニ。

私の勘の良さは母譲りです。
そして昨日母から電話がありました。
ジャンニはもうそろそろだと話し、その時はまだあと4・5日生きると思っていた。
でも翌日でした。

母から電話があった事を兄に報告、色々確認事項もあったので。
それと共に、ジャンニの状態を報告。
更に今、父が2度目の癌再発で入院手術中でして、しかし今回はお見舞いに来なくて良いという父。
その為、兄には退院してから知らせようと思っていたんですが、それも報告。

そんなんで父は来れないし、報告もまだ出来ない。
本人辛い時にショックな話は、せめて術後落ち着いてからでないと出来ない。
だから今回は一人で斎場に連れて行って、一人でお葬式になるのかぁ、寂しいなぁと思っていたんです。
そしたら、兄が明後日来てくれるとの事。
これでジャンニを送るのも、寂しいお葬式にならずに済みそうです。

我が家に来て約2年。
未熟児で生まれたジャンニは、産まれてすぐ生きるか死ぬかの瀕死の状態で、何とか生き延びた子だった。
後にわかる事だけど、そのせいで生まれつき水晶体がなく、眼球はあるが盲目の子だった。
その為母はジャンニを溺愛していた。
しかし、我が家に来て立場が逆転、スキッキを中心に何もかもが流れていく。
ジャンニは初めそれに反発するかの如く私に逆らう事もあったが、段々とスキッキが可哀想な子なんだと理解を示すようになる。
そして、私が目の届かない時は、かわかりにジャンニが寄り添ってスキッキを守る様になってくれた。
顔を舐めて愛情表現をするまでに。
そうして2匹の仲がとても良くなり、気持ちが通じるようになった矢先、スキッキの体調悪化、益々私はスキッキに付きっ切り。
ジャンニも鼻血を出すようになり、自分が強く居る事が困難になっていく。
寄り添い合って、体の衰えを互いが精神的に支え合っている様だった。
そんなスキッキが先に逝き、後を追うように急激に体調を悪化させ逝ってしまったジャンニ。

最後の時を我が家で過ごし、大きな変化が2匹にあって、これで幸せだったと。
そう思ってくれていることを願います。
スポンサーサイト



category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

大きくなれよ~♪  

昨年の秋の話ですが(^^;)
庭のブラックベリーの枯葉を掃除していたら、こんな可愛い子が!!!(*´ω`*)
191009庭のカナヘビ
頭に脱皮の皮残ってるし(笑)

余りに小さすぎて、手で捕まえたら潰してしまいそうで。
持ってたちり取りですくいました(^^;)

道路に落ちてた枯葉の中に居たので、ほうきで掃いた途端、慌てて逃げだしたこの子。

逃げちゃダメ~~~(><)
我が家に居付いて!
そのまま居付いて!!
だからこれに乗って!
ほれっ!これに乗りなさい~~!!

てな感じで、追いかける私(^^;)
カナヘビからしたら、恐怖の時間です(--)
こうして無事捕まえた私は、この子を庭の枯葉が沢山ある土の上に逃がしたのでした。

居心地良いと良いんだけどなぁ。
逃げずに居てくれたら嬉しいんだけどなぁ。
以前見つけた子はさらに小さかったので。
あの子が少しだけ大きくなったのか?と、期待をしているのですが。
もっと期待するならば。
また別の子で、我が家には数匹のカナヘビが居付いている!
なんて事だったら、本当に最高なんだけどなぁ。

アマガエルもカナヘビも我が家で冬眠してくれています様に☆
春夏が待ち遠しい~。

category: 動植物

tb: 0   cm: 2

恒例の手作り御節とその前後  

今年は珍しく3日迄まで父が居たので、年末から食べ通しの4日間でした。

年越しそばと天ぷら、そして、父が豪快に買ってくれた刺身(笑)
かき揚げ、ちょい揚げ過ぎなのもありますが(^^;)
釜茹で桜エビで作ったら、美味しかった~♪
191231年越しそば

そして元旦、御節です~♪
安定の、なます、栗きんとん、田作り♪
雑煮も、昆布とカツオで出汁取りました♪
で、正月と言えば、筑前煮、なんだけど・・・。
父が好まないので、代わりに、サトイモの昆布煮酢味噌かけ、ハスと豚角煮、ゴボウの胡麻和え、にしました。
御節感は余りないけど、サトイモがやたら好評だった(笑)
しかーし!!
今年は有頭エビを買い損ね(TAT)
昨年クリスマス頃に買ったら、年末に再入荷してて悔しかったので、今年は年末買うぞ!と。
そしたら完売でした・・・。
年末父にその話をしたら、代わりにステーキ肉を買ってくれました(^^)
あとは毎度買うだけの、黒豆・数の子・蒲鉾・タコ(笑)
200101御節


で父様、1日に帰るんだと思ってたら、3日迄居るってんで(笑)
継続2日しか止められない駐車場に入れたもんだから、車一旦出すついでにスーパーに。
そしたら、寿司にしよう!って(笑)
スーパーのトレーのまんまですが、御節の残りとエリンギのすまし汁。
昆布茶とカツオだしの素で即席だけど(^^;)
エリンギの歯ごたえが松茸のお吸い物風で、これがなかなかの好評でした♪
200102御節残りと寿司

3日は何食べたんだっけな?
写真残してないので、普通のご飯だったんだろうか?
数日前の食事を思い出せないって・・・やばい(--)

あっ!夜食、酢飯に角煮のハスを細かく切ったものと、黒豆、ちりめん、天かす等を混ぜてお握りにした!
父は翌日食べるというので持って帰った。
残り物で作ったお握りのわりに、なかなかヒット!でした♪

で、父と食べてと、兄がくれたハワイ土産♪
クッキーは香料強めの海外らしい感じ。
でもって、このマカデミアナッツはやばい!
エンドレス~やめられないとまらない!
めちゃ美味しかった♪
191229兄ハワイ土産

その他、アイスだの大福だの、箱買いミカンに、おかきに落花生。
アイス以外は全て父好み(^^;)
「3日迄美味しいもの食べさせて~」なんて、昔の父から想像できない愛嬌のある言葉も頂き(笑)
そんな、のんびり食べ通しの、夜更かし万歳!な、どこにも出かけないお正月でした(笑)

category: 食日記

tb: 0   cm: 2

あけましておめでとうございます  

今日から仕事始めの人も多いかと思います。
という訳で今更ですが(^^;)

皆様、あけましておめでとうございます。

年賀状・2020年度ブログ用
これ全てWordで製作♪
図形の丸と曲線を駆使して書いたネズミが、何気に気に入ってます(笑)

category: その他

tb: 0   cm: 2

原因不明の咳  

個展が終わって、つまり11月の最後の週からずっと、一日中、咳が止まらず。
それが、から咳って言うのかな、乾いた咳で。
確実に肺が何かを出したがってるんだけど、痰とか出て来なくって。
水分っ気のない咳だもんだから、苦しくて苦しくて。
一時は救急車呼ぼうか迷う程、呼吸困難に近いぐらいの酷い咳が出て。

でも、熱は一切でなく。
鼻は、まぁ万年鼻炎なので、常にぐずぐずしてるのですが。
だから肺炎とか、風邪ではなさそうだし、調べたら、結核とかも熱出るみたいだし。
いったい何じゃ?と。

で1週間しても治まらなくて。
これはなんか対処しないと、息するのが辛い・・・。

ってな訳で、本来ここで病院に行くべきなんでしょうけど(^^;)
常備薬の感冒薬を飲んでやり過ごしました。
解熱効果もある薬なので、熱はないから控えていましたが、咳、喉、鼻に効果ありなので効くかな?と。

すると、12月1週目過ぎたあたりで一度良くなりかけて。
止まるかな!と、思っていたら・・・残念、止まらなくって。
もうその頃になると、肺が敏感になってるのか、ちょっと体動かすと喘息みたいになってしまって。

そんなこんなで雨戸もしめきり、部屋で引きこもり状態。
食糧買出しはギリギリまでやり過ごし。
食欲も余りないので、鮭ご飯とかで済んじゃうんですが。
一応、ビタミン剤とかのんだりして。

でも何もしないのもあれなので、アトリエの模様替え兼片付けを。
スキッキの世話の間、居間に運んだ道具やらなんやら、とりあえずアトリエに戻したんだけど、しまう気力が無く・・・。
とてもじゃないけど作業できる部屋ではないので、まずは整理から!って。
まだ終わらないんですけど(^^;)

で、薬が効いたのか?
少し前から咳の回数が減ったので、薬飲むの止めて、ビタミン剤だけにして様子見ています。
まだ、ふいに咳が出てしまうけど。
何て言うか・・・、急に寒い所の空気吸ったり、埃っぽい空気吸ったりして、むせてしまう時みたいな感じ。
でも、昨晩は咳が出ずぐっすり眠れて。
多分もう何日かで治るかなぁ?と、期待しております。

しかし、いったい何だったんだか?
なんかアレルギー反応が起きて、喘息にでもなっていたんだろうか?
結局、医者に行かずなので、原因不明のまま。

いや~しかし、独り暮らし生活初、救急車呼ぶか迷ったの(苦笑)

スキッキ亡くなって急にジャンニがボケだして、おねしょ&所かまわず排尿排便してしまうなか。
オムツさせて、サークルの中に、ホットカーペットの上に置いたゲージを置いて、そこでおとなしくしていてくれるので。
私も少し体休めることが出来ました。

少しだけ、お世話が楽になったので気が緩んだかな?
でもって、今までの無理が溜まって、体が一気に !!休め!!!って、悲鳴上げたのかも(苦笑)
もうしばらく、のんびり無理せず過ごそうと思います。

category: 心と体

tb: 0   cm: 2

ついに買い替えなければならぬのか  

携帯のサービスが終了するんですと。
今の私の携帯が古すぎて。
2024年に終了なのでそれまでに買い替えが必要とな。
見逃さない為か、A4サイズの大きな封書が届きました(笑)

丁度、一度買い替えた電池が持たなくなってきたところだったので、そろそろ買い替えが必要だなとは思っていたのです。

現在、初期の頃の基本料のままなので980円。(※これは税率5%の時の税込価格だった。明細みたら千円ちょっとでした(笑))
確か今の携帯を買い替えた時、次にガラケーに買い替えても、この安い基本料はサービスが終了するのでスマホと同じ基本料になりますよ、と説明を受けた。

仕事以外では殆ど通話もメールもしない人なので・・・人とコミュニケーションとなら過ぎともいうが(--)
勿論、ネットもしないので、月の利用料が実は3千円以下って言う、爆安なんだわね(^^;)

で、携帯からスマホにすると1年間は基本料980円だそうだけど、その後は1980円になるみたい。
そのプランがずっと使えるのかは分かりませんが。
それでも他のプランより安いんでしょうけど、なんだかなぁ。

しかし、世の中スマホ時代。
色々スマホがあったら便利だなぁと思う事も、無いとは言えない状況に。
例えばラインとか・・・。
連絡無精者なので、プライベートでは全く利用する想像がつかないけれど(笑)
お客様の問い合わせ窓口にプラスすれば、便利なのかなぁ?とか。
DMの代わりにラインでお知らせ、とかもありなのかな?とか。
(あっ今DMって言うと、SNSのダイレクトメッセージの事さす時代なんだよねぇ?、このDMはハガキとか封書の事ね^^;)
ブログやSNSなども、何かお知らせしたい事があったら、外出先ですぐアップできるな、とか。
いじくりまわして変な設定になってしまったFBも、携帯で登録してやり直しができるかな?とか。
インスタも始められるぞ!とか(笑)
いちいちPCに取り込まなくて済むというのも、楽っちゃらく。
そうなってくると多分、他の方々同様、ブログにアップするよりSNSに投稿するのがメインになってくるかもだけど・・・。
その早い情報をどれだけの人が必要としているかは別として(^^;)
自分で会計しなくちゃいけないイベントとかの場合、カード払いやペイにも対応できるようになるのかな?
でも、機械音痴の私にそこまでできるかな?、等々・・・(笑)
仕事での利用方法は、出来るかどうかは別問題で、色々便利にはなりそうな気がする。

あぁ~つくづく思うわ、こういうのに強い人が側に居たらなぁと(笑)
もうね、取り残されっぱなしで、私はスマホへのハードルが、皆が想像する以上に高いのですよ。
なんだったら色々、アナログな方法に戻りたいと思ってるぐらい人なので。

つい昨日なんか、ベストテープ作りたいなぁって(笑)
若い子には意味不明でしょうね~。
ってか今、自分の好きな曲ばかり集めた物って、スマホの中に出来るのか?
それって、昔のCDから取り込めるの?
CDって発想自体が取り残されてるか・・・。
1曲ずつ購入しないとダメなのかな?
アルバムの良さって絶対あるんだけど、アルバムを作るうえでアーティストは絶対曲順とか諸々拘りがあるからそれが面白いんだし、それを聞いたうえで、切り離してでも聞きたい曲ってのが、自分のベストな訳で・・・。
って考えは、古すぎなんでしょうね~(==)

あぁ~不安、使いこなせる自信がない(TAT)
自信がない決して安くはない機械を手にしないといけなくなる、このストレス。

でも、基本料その他諸々スマホとかわらないのなら、ガラケーにする意味はない。
携帯機種もそこそこするし、実質ゼロ円と言うのが今あるのか知らないけど、あれ使用量が少ない私には全然意味のないサービスで、結局今の携帯も、実質ゼロで買ったけど、ほぼ丸々機種代払ってるし。

ついにスマホにする時が来たのだろうな・・・。
ってか世の中の流れには逆らえないって言う事ね。
必要じゃないけど、必要になってしまう。
PCの様に、あまり使わなくともあれば便利で、仕事で必要不可欠な物になっていくんだろうな、きっと。

新しい物好きの人は、どんどん買い替える時代。
なんだったら古い機種リサイクルショップとかで売って、新しい機種にするんでしょ?
車買い替えを頻繁にする人みたいだね(笑)
若い子車買わないって言うし、ステータスは時代とともに変わるんだね。

あぁ、新しい物にまったく興味のない人間には、居心地の悪い世の中になりましたわ。
だからか!
最近、山奥の生活とか自給自足とか、いいなぁ~と思ってしまうのは!(笑)
体力的に、絶対一人じゃ無理だけど(笑)

と、スマホ一つにアワアワする。
世の中の流れに全くついていく事が出来ない、うひゃこなのでした。

category: その他

tb: 0   cm: 2

洗濯機が直った!  

以前ワンコの日記の中で、洗濯機の排水が出来なくなって調子が悪いと書きました。
ワンコの洗濯物を消毒するのに、食器用漂白剤で消毒しているせいで回路がおかしくなったのかも?と。
脱水の際、一気に排水できず、途中でピーピーエラー音が鳴り止まり、蓋を開け閉めすると再度動き出す。
しかし、それでも排水が全てされず、それを数回繰り返しながら、やっと脱水が始まる。
そんな状態の洗濯機を、まだ完全に壊れていないから勿体ない・・・と、粘って使っていました。
完全に壊れたら大変だから壊れる前に買い替えなさい、と兄が幾らかカンパしてくれたにも拘らず。

で、ふと、もしかしてまだ保証期間内なのでは?と、保証書を確認。
メーカー保証は1年でしたが、電気屋の会員保証で6年保証を付けていた!
しかし残念!!
その期限は、今年の9月1日・・・。
いや、購入日は21日なんですけどね、何故か保証書には1日と、その月に買った物は月末でも月初めで保証を付ける契約なんでしょうね~。
しかし、問題はそこではなく、あぁ~こう言う物ってそう言う物よねって。
壊れだしたのは確か10月頃・・・。
うん、保証が切れると家電は壊れる、そう言う物だよね~って。

でもそれでもあきらめきれない私は、保証書を仕舞っておいた説明書に目を通しました。

え~っと、エラー、エラー・・・。

すると、排水出来ないエラーの説明が。
191211洗濯機説明書
■排水ホース、排水口を確認してください。
・倒してありますか。
・つぶれていませんか
・先端が水に浸かっていませんか。
・途中が10cmより高くなっていませんか→10cm以下にして下さい。
・延長ホースが3mより長くなっていませんか。
・細いホースを使っていませんか。
・凍結していませんか。
・排水口に糸くずが溜まっていませんか。→糸くずを取り除いて、別売りの糸くずボックスをご使用ください。
これらは、蓋の開け閉めより運転が再開します、とある。

これらの不具合を確認すると。
先端が水に浸かっている、と、糸くずの詰まり、これは排水口を確認しないとわからない。
逆にそれ以外は問題がなかった。

という訳で、初、排水口を開けてみました。

我が家は防水パンなどがなく、板の間に直接穴が開いていて、ステンレスの排水口が埋め込まれている状態。
そのステンレスの排水口をよく見ると、ユルム、シマル、の文字が!
これを緩めれば開くのね!
で、緩めて外すと、排水ホースの先っぽが、排水口から抜けた!

で、中を見ると・・・。
まぁ見事な詰まり。
汚いので写真は自粛。

割りばしで糸くずを引っ張り出そうとしても、少しずつしか取れず。
排水口の中は、排水溝に沿って一段下がった所に色の違うプラスチック製の筒がはめてあり、その筒の上部には1cm程の幅の開いた溝が、ぐるりと数個あり、その溝と排水溝との間に少し隙間がある構造で、その隙間に糸くずが絡みついていて、なかなか取れない状態だった。

まさにエラーの原因は、ここ!
でもって更に、その溝の隙間の所まで、水も溜まっている始末。
これをどうにかとらねば・・・。
で、糸くずと格闘しながら、ふと思う。

排水溝に水が溜まってるって事は、完全に詰まってるって事なのか?
でも、溢れてくる事は無く、一応流れる・・・?
って事は、排水溝自体は詰まっていないって事だよな?
え?ここ、どうなってるの・・・?

ヘドロのような物が取れるのだろうかと、恐る恐る、割りばしで奥を突いてみた。

ん?底がある!
もしかして、この絡みついてる周りの部分は、外せるのでは?

手で、中のプラスチック部分を引っ張り上げてみるが、なかなか抜けない。
ねじりながら持ち上げると、むにゅ~って感触で、それは外せた!!

それは、カップ状になっていて、上部に、あの見えていた1cm程の幅の隙間がある形をしていた。

これに水が溜まってたんか!

ん?でもこれ、何のために付いてるんだろう?
虫避けや匂いを防ぐ為なら、風呂場や台所の排水溝みたいに、水が溜まった事で蓋をする作りでなければならない。
しかしこれは、流れてくる水が溜まるけど、コップ状の構造で、上部に排水溝との隙間があり水がそこから溢れ流れる仕組み。
って事は、匂いや虫避けにはなりそうもない。
糸くずが排水溝に流れるのを少しでも防ぐ役目があるんだろうか?
だから今回詰まった?
でもこんな作りで、排水溝の詰まりは大丈夫なんだろうか?
ん~、大掃除だし、排水溝の詰まり掃除の洗剤でも使ってみた方が良いのだろうか・・・?

しかし、長年独り暮らしをしていて、こんな場所の糸くず詰まりは初めて経験しました。
洗濯機のフィルターでは、糸くずは取り切れていないって事なのかぁ。
今までは、取り切れない糸くずをそのまま排水しても、問題がない排水溝の構造だったって事かな?
それとも、今までの洗濯機は、昔ながらの上部に袋状のフィルターが付いてるのだったけど、今の洗濯機は洗濯槽の面に取り付けるプラスチック製のフィルターだから、糸くず回収率が低いんだろうか?

ん~、なんか疑問だらけ。

まぁ、何はともあれ、とりあえず洗濯機が直ったんで、良かった良かった。
お金使わずに済んだし、兄に返さなきゃ(笑)

こんな小さな事でも、ストレスって相当たまるんだなぁって、スムーズに全自動で終わってくれる事の喜びをかみしめております(笑)

category: その他

tb: 0   cm: 2

ファンタジーへの入り口  

ジャンニとスキッキを連れて郵便局まで行った日の事。
帰り道に、ファンタジーへの入り口を見つけてしまった!

191028公園の切り株のキノコ(サルノコシカケ?)

朽ちた切り株に生える大きなキノコ。
まるでその周りには、小人や妖精が遊んでいそうな雰囲気。

目を凝らして見る。
見えるはずもないのだけど。
しかし、私の頭の中には、確かにそこに、メルヘンでファンタジーな世界が広がっていた♪

こうしてほんの数分、妄想を楽しんだあと、そこを通り過ぎた。

しかしあわよくば!
何か映り込んだりして?
なんて思い(笑)

通り過ぎた道を引き返し、写真に収めたのでした(^^)

まぁ、映るわけもないのだけど。
見る人が見れば、そこにキラキラと飛んで歌う妖精と、笑い踊る小人が見えるはず♪

category: 動植物

tb: 0   cm: 2

スキッキが星になりました  

写真は1年半ほど前の物。
180601スキッキお腹いっぱいでウトウト
おしっこ終えてウトウトしちゃってる。

この頃も既にヨボヨボでしたが、スキッキは本当に頑張ってくれました。
数日前から流動食も水も飲み込みが遅く。
最後は、流動食は飲み込む事が出来ず、水もシリンジで数滴づず、なんとかかんとか飲み込む感じでした。

ずっと自問自答していた、最後まで水分を与えるべきか否か?
果してこれが最後の時なのか否か?
結局、私には見極めが出来ませんでした。

その為、最後の最後まで、喉が渇いたでしょ、と水を飲ませてしまった。
でも、飲ませなかったら、飲ませていればと恐怖と後悔が襲っただろうから、自分の為にはこれで良かったと思う。

でもスキッキにとってはこれでよかったんだろうか?と、やはり少し考えます。
多分亡くなる時に体内に水分や食物があると辛いんだと思う。
昨晩は、水を飲んでも数十分後に吐いてしまうスキッキ。
吐いたら余計に脱水するからと、また飲ませてしまう私。
その度、かすれ声で鳴くスキッキ。
もういらないよ、飲むの辛いよ、と言ってるのだろうか?と、飲ませるのをやめると、手をバタバタ。
だから口に含ませると、ごくりと飲み込む。
果してその鳴き声は、要らないと言っていたのか?飲みたいと言っていたのか?

生きる気力が物凄くある子でした。
先生の話では意識があるのが不思議な状態だと。
だから少しでも水分を取って生きようとしていたのかもしれない。
その気持ちに応えたくて、私もどうすべきか迷いながら介護をしていました。

先生は、犬は飼い主が頑張れと言っている間は、もう限界をとうに超えていても頑張り続ける、と教えてくれました。
責任感の強い犬らしい話、でもそれは苦痛を長引かせるだけの可哀想な話でもある。
飼い主の離れたくないという思いによって、苦痛を無理に長引かせるのは、私は違うんではないかと思う方なんです。
だから、苦しそうにする度、スキッキには話していました。
もういいよ、と。
しかし、いくら私が、もう無理しなくていい、自分の最後は自分のタイミングで、頑張らなくていいよと、ありがとう、と頑張ったね、と、話をしても、全然納得いかない顔をしていました。

何でそこまで、もう体はボロボロなのに頑張り続けるのか?
どうして、こんなに苦しいのに生きようとするのか?
何故諦めずにいるのか?
ずっと分からなかったんですが、昨晩、判ったんです。

ママなんだ・・・と。

本来の飼い主である母が来てくれるのを、最期を看取りに来てくれるのを、待ってるんだ、と。

そこで、可哀想ではあったけど、ママは施設に居て来られないという事、代わりに私が側に居る事、今までよく頑張った事、ママを待ってる事に気が付くのが遅くてごめんと、話をしました。
すると一瞬、穏やかな顔になったスキッキ。

個展後、点滴を打ちに病院に連れて行ってあげようと思ていたのですが、あいにくの雨続き、更に私自身が個展後風邪をひいてしまって咳が止まらずダルダル状態、今も咳が止まらないのですが、その為病院に連れていけずでした。
しかし、明日は晴れそうだ!と、きっと最後の点滴になるだろうが、亡くなるまでを楽にしてあげたいとおもい。
私も、いつもは朝方まで頑張って起きているのですが、午前中の暖かい時間に連れて行ってあげたくて、昨晩は夜中3時頃に就寝したんです。
飲ませても、飲ませても吐いてしまう状態から、もうあと数日の命だろうなと覚悟を決めて。

しかし、数日ではありませんでした。

もしかしたらその後すぐ亡くなってしまったのかもしれない。
母がこれないと話をしたから、我慢する必要が無くなったと。

鳴き声も暴れる音もなく、静かに亡くなった様子。
おとなしかった為、私も目が覚めるまで全く気が付かず。
起きたら既に、亡くなっていました・・・。

母の話をした途端。
夜中起きていてあげれば良かった。
まさかすぐ亡くなるとは。
本当に、母に会う為にその為だけの気力で生きていたんだな・・・と。
犬の深い愛情を感じました。

最後に飲ませた水を吐いてしまっていたスキッキ。
私はすぐ横で寝ていたのに、気づかなかった。
最後の遠吠えは無かったのだろうか?
苦しかったんではないか?
こんなにずっと看ていたのに最後を看取れなかった。
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、やっと楽になれたね。
明日、父が来てくれてお葬式の予定です。

兄にも連絡しました。
すると、今から母を兄の住んでる地域の施設に移動させるところだと!
聞いてないんですけど!
スキッキ永眠の報告をしたあと、またお説教をしてしまいました(--)

で、この日記を書きながら思った。
母が今居るのは群馬県、私は埼玉県、兄は神奈川県、つまり、高速で私の地域を通り過ぎるんです。
途中うちに寄れないか?と再度電話で聞きました。
初め、立ち寄る時間がないと断られたけど・・・。
最後のお別れをさせてあげたいと話したら、ほんの数分しか時間がないと言われたけど、納得してくれました。

スキッキは亡きがらになってしまったけど、魂はまだ近くにいると思うので。
母もスキッキのお通夜の代わりに会えれば、一つ気がかりが安らぐだろうし。
母の事はこの所書いていないですが、色々あってあり過ぎて、そのうちまた母の日記で書くかもです。

スキッキの体を綺麗にしたんですが、最後まで食べたり飲んだりしていたので、色々出てきちゃうんです。
なので、今からその処置と、お花買ったり、保冷剤やらなんやら、母が来るまでに準備しないと。
カッコよくしてあげないとね。

本当に頑張りました。
頑張り続けました。
今日母が移動すると知っていたなら。
それで我が家に少し寄れる様に時間を組んでくれていたら。
スキッキに、ママに会えるよって言ってあげられたのにな。
そしたら今日まで頑張ったかな?
会えないなんて悲しい話、しなくて済んだかな?
ここまで頑張ってたのに・・・。

と、やはりなんとも言えない気持ちが襲ってきますが。

今日、母が移動するという事がわかったのも、スキッキが亡くなったから。
これもまた、もしかしたら、そういう事なのかも。

やはりママに会いたかったんだな。
会えるタイミングが今日だと、運命が繋いでくれたんだな。

亡骸になってしまったけれど、生きてるうちに会えなかったけど。
スキッキ、もう少しで、ママに会えるよ。

カッコよくしてあげるからね。
本当によく頑張りました。

今まで、ありがとう。

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

素晴らしい擬態  

11月の初め頃。
こんな色に擬態したのは初めて見た!
多分もう、土の中だね。
来年また会おうね。
庭のカワイ子ちゃん♪

191103 庭の蛙素晴らしい擬態

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

食べさせるという事  

点滴を打って2日ほどは元気だったスキッキ。
流動食も自分で飲んでくれて、水もゴクゴク飲んで。
お腹は少しゆるくなったけど、おしっこも沢山出て。
なんだったら、トイレに行きたくなったら、寝てる布団からいざって移動するほどまでに。

しかし3日後、徐々に徐々に元の状態に。
点滴効果は、予想より早く終わってしまった。
それだけ、スキッキが弱ってるって事。

流動食も飲み込みが悪い。
水をシリンジで飲ませるも、反対側の口から駄々洩れ。
もう飲み込む事も出来ないのか?
これ以上無理に食べさせるのは、虐待ではないのか?
嫌がるスキッキを見てると、とても辛い。

そんなスキッキが残したご飯を、ジャンニがバクバクバクついて食べてくれるのを見ると。
あぁ、人は与えて幸福感を得るというけれど、本当だなぁと。
食べてくれる姿、それを見るだけで心から幸せだ。

でもそんな美味しいはずのご飯。
それを嫌だと、器を押し返す力はとても強い元気がありそうに見えるのに、食べないスキッキ。
試しに昨晩、ステーキを焼いてあげた。
固形物は一切受け付けません!!
となっていたので、ダメもとで。
焼き立てを一口大に切って。

そしたら、パクパク!
ふらつきながらも、50グラムぐらいは食べたんではなかろうか!!(^^)

しかし今朝、同じ肉、残りを冷蔵保存チンしてあげたら、一切食べず(;-;)
口をむんずとつぐんだまま。
こじ開け入れると、ぺっぺっぺっ!と吐き出してしまう。
もしかして?焼き立てじゃないから?

困った。
仕方がないので、薄くのばした流動食を、少量飲ませ。
ステーキと水をゲージに入れて、ギャラリーに向かった。
帰宅後、肉は食べられていなかった。

無理やり食べさせる事の辛さ。
でも、気まぐれとは言え、今まで嫌だと言っていたものを、たまに食べてくれるスキッキ。
誤魔化しごまかし、食べさせるのは大変。
でもこれをしなかったら、自力で食べるまで知りませんと、放置してしまったら。

もうそれは=死

本当に飲み込めなくなるまで・・・。

無理やり食べさせる。
これをどこで止めるか。

死ぬ間際までするべきか?
苦しんでるのに、嫌がってるのに、食べさせ続けるべきなのか?
ピンパにこれをしてしまった事で未だに心が辛くなる。
それをスキッキにもするべきなのか?

与えるのは虐待か?
でも、与えず死んだら、私が殺したことになる。
そんな恐怖が日々私を襲う。

今日ふと、このまま電車を降りずに遠くに行ってしまおうかと、現実逃避しそうになった。
いや、それやばいから!と自分に言い聞かせる。
きっと雨のせいだ。

苦しむ姿を見るのは辛い。
でもそれが、最後まで責任を持つという事。

自問自答の日々は続く。

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

スキッキの治療について先生に質問した  

火曜日の夕方、動物病院に連れていき、血液検査の結果腎臓の悪すぎる数値に、翌日も点滴必須となったスキッキ。
水曜の朝、病院に預け、私は個展中のギャラリー有心さんへ3時間の在廊に。
在廊を終え、病院営業時間間際に迎えに行く。
着くとまだ、点滴中のスキッキ。
少し時間をとって点滴が外され、診察室へ私も入る。

思いのほか悪かった数値、点滴治療がどういう役目なのかよく理解していなかった私。
この先これは治るのか?
治らなければ、無理な延命の治療なのか?
これがとても気になっていた。

火曜の段階で、先生には私の気持ちを、無理な延命はしたくない、かと言って安楽死なんてもってのほか、本人の最後まで出来るだけ苦しみや痛みを和らげる治療で自然に看取ってあげたい、という希望は伝えていた。
その上で上記の疑問、思い切って先生に再度確認をしてみました。

これ、飼い主として意外にハードルが高い事。
私は引っ越しが多かったので、クレア(母犬)の時からいろんな先生に診てもらっていた経緯がある。
質問できない雰囲気、聞いてもわかるように説明して貰えない、こちらの意向は考えが違うと即却下、何も言わず説明なしに治療開始、こんな事を色々経験してきた。
動物だから私はわからないから、これが当たり前の世界だと思っていた。
だから、思い切って、聞いたんです。

すると、先生も全く私と同じ考え方の方で、絶対無理な延命治療はしない、動物は最後の時が自分で解る、それなのに飼い主に頑張れと言われると責任を感じて、最後の時を過ぎてるのに気力を振り絞り無理して頑張る、それは可哀想、と。
そして今回の点滴治療は、あくまでもこの子が最後の時を迎えるまでの間、少しでも楽に過ごせるようにするためのお手伝いの点滴であって、強制的な延命治療ではない、との事。

それを聞いて、私、心から安心しました。
実際、スキッキ、少し体が楽になった様子。
先生は、点滴打っても変わらないぐらいで上出来だと言っていたけど、それより全然、ほんの数回ですが自分で流動食を舐める事をするまでに♪
しかも、壊れかけてた左目は、凹みは流石に治ってないけど、濁った部分が透明に戻って!
完全に濁ってしまっていた右目も、少し透明感が出てきて!

今日も先ほど、残りの薬を皮下点滴して貰いに行ってきました。
写真に写ってる右腕に付けていた点滴器具は、木曜が休診日なので今日まで付けてるのは可哀想で、水曜の段階で外してもらっていました。
191115スキッキ店t歴器具付いてるジャンニ心配そう
ジャンニ君、スキッキ君の心配してます(^^;)
それから目がかゆいのか、少し動ける様になってきた事で手でこすってしまうので、軟膏も処方して貰いました。
更に、浄水器みたいなのに通した水、えっと度忘れ、水素水って言ってたかな?
とにかく水道水そのままよりこの水が良いからと、無料でペットボトルに入れて分けてくれました。

帰り際、先生と少しお話出来て、考え方の同じ先生に出会えて本当に良かったと話すと。
先生は、何でも聞ける間柄であることが大事だからと、なんでも聞いて下さいねと言ってくれました。

本当、前も書いたけど、今の家に引っ越してすぐ、動物病院が何処が良いかわからず、とりあえず近くでと、結果転々としてしまったけど、クレアやピンパの時に先生の所に来てたら・・・なんて又思ってしまいました。
でも、こうして良い先生に出会えるのは、ジャンニとスキッキの運なのかもしれませんね。

という訳で、スキッキの点滴治療は、緊急な物はひとまず終了。
年齢的にいつ何が起きてもおかしくないですが、とりあえずこの先の過ごし方が見えただけでも、少しだけ気持ちにゆとりが生まれた気がします。

今日はギャラリーでもワンコの介護をされてる方と出会えたり、なんだかよい日だったなぁ。

個展は、明日も在廊します!
12:30~15:30です。
*3週目の在廊お知らせは、18日(月)に致します。

< AtelierUhyako個展 ~ときめきの対にあるもの~ > 
ギャラリー有心】 休廊月日・10日(月)営業
11月5日(火)~23日(土)
11:00~17:00 (初日5日のみ 13:30~17:00)

category: ワンコ

tb: 0   cm: 2

スキッキ点滴治療が始まりました  

動物病院、昨日を逃すと、休診や在廊と予定的に来週の月曜まで行けないと思い、昨日の午後診療に行ってきました。
先週の土曜、臨時休診と知らずに行ってしまった時には、まだ透き通るように綺麗だったスキッキの左目。
病院までの往復で体力を消耗したのか?
はたまた、何か細菌が付いてしまったのか?
日曜に右目と同じような症状がうっすら、白目の中心が白濁してきて。
月曜にはそれが凹みに変り・・・。
これは右と同じ様にブヨブヨと濁り陥没してしまうかもしれないと。
左目の時は、催事出展中で帰宅後目が開かないほど膿が出ていて、ホウ酸水や目薬で催事が終わる迄応急手当して数日、目が開いた時にはもう、例えるならナタデココの様な白濁したゼリー状の白目になり中央が陥没してしまっていた。
ネットで調べると、角膜炎の悪化した状態で、ここまで酷くなると手術でしか治せないと。
高齢犬なので手術は無理、そもそも病院に連れていく事すら危ない動かせない程具合が悪い。
その為、自宅介護でそろそろ看取りの準備かなと、覚悟をしていた。

体力を奪ってしまった激しい下痢は、鶏肉麦米のアレルギーだろうとようやく判明。
牛肉なら下痢しない事がわかり、牛肉だいこん人参ジャガイモを煮てミキサーにかけた流動食を、ちょっと可愛そうだけどシリンジで強制的に飲ませ約1ヵ月。
少し体力が戻り、伏せを出来るように、つまり首がもたげず頭をあげていられる様に。
時々1分弱ぐらいかな?お座りの状態にもなれる様に。
かすれた声だけど、鳴いて訴える事も出来るようになってきていた。

だから病院へ連れていける!と、行ったのが土曜。
ジャンニはワクチン接種の為、スキッキは目の進行を早めの治療で抑えられるかもしれないと思って。
で、土曜は休みだったから、昨日行ってきた。

そしたら、ジャンニは高齢だし感染症になる環境ではないのなら、無理して体力使うワクチンを打つ必要性を感じないとのご意見。
先生がそれで良いといって下さるのなら、私的にもワクチンは余りしたくない、アナフィラキシーショックや体力低下の危険が副作用としてなくはない事を知っていたから。
なので、ジャンニは体重量って皮膚炎の所に少しオイルを塗って貰って診察終わり。

次に肝心のスキッキ、これまでの経緯、下痢が酷かったこと、食物アレルギーかもしれない事、牛なら下痢しない事、目の状態、8月末に死にかけた事、等々、まとめて一気に話し、聞いて下さった。

すると、私も気になっていた脱水は、確実に脱水状態なので、これは目を云々というより、根本を治さないとダメです。
という事で、即点滴が必要とのご判断、点滴をして頂く事に。
出掛け前タイミングよく排便したので、今更とは思ったけど便と尿を持って行って、必要ならば検査お願いしますと渡すと、それよりまず血液検査、その結果必要だったらします、血液検査していいですか?と。
前回、下痢で診てもらった時、その時は特に処置はなかったんですが、採血しようとしたが脱水で血が出て来ず出来なかったので、ぜひお願いします、と言うと。
じゃぁ今回も取れないかもなぁ、と言いながら採血チャレンジ、無事取れて、血液検査もして頂く事に。

で、点滴の2時間預ける間、一端ジャンニとカートで歩いて帰宅。
2時間後、病院に迎えに行くまえ、電話を下さいと言われていたのですると、検査結果、腎臓の数値が悪すぎで人工透析が必要なほどとの事。
迎えに行き、検査結果のプリントを見ながら話を聞く。

先生曰く、この状態で意識がある事が不思議なぐらい、今すぐ危篤になってもおかしくない状態、と。
先生自身が、スキッキの生命力、生きようとする力に驚いた様子。
で、脱水を補う食塩水と栄養補給のビタミン等々を入れるつもりの点滴だったのが、そうはいかなくなったという事なのか?
検査結果の結果、体力的な事を考え、一気に点滴できないという事なのか?
点滴は心臓に負担がかかるんだそう。
だから、心臓に負担がかかるようなら点滴治療は断念する事になると。
とにかく、2時間では本来入れたい薬の半分も入れられなかった、とのこと。

この2時間の点滴の結果、良くなるケースもあるし、マイナスだったものが底上げ程度にしかならないかもしれない、それは了承してください、少しでも体が楽な状態に近づける事をまずしましょう、との話だった点滴。
その結果、多分明日もする必要があるので、希望されるなら明日も来てくださいと言われて、預けたのですが。

状況一遍。
明日の点滴は必須です!!
これは治療しなくてはいけないレベルです、と。

今日もこれから、在廊前に病院に連れていき、1日預け点滴治療、夕方帰宅後病院閉店(?ん?閉店ってなんか違う言葉があるような気がするが判らん)間際にお迎えの予定です。

慢性なのか?急性なのか?それはわからないけれど、この見た目、寝てばかりだけど意識がはっきりしている様子から、もしかすると慢性の可能性もあるかもしれない様な事をチラッとおっしゃっていました。

それを聞いて、我が家に来た時尿がヤクルトみたいに濁ってぼうこうぱんぱん状態だったスキッキを思い出し。
更に、前の病院で、腎臓がかなり弱ってると言われたような記憶がうっすらある事、圧迫排尿で綺麗な尿が出る様にまで回復したから、それで安心してしまっていたと、話し反省する私に。
それはいったん良くなったんだと思いますよ、でもその後悪化した、もしかしたらもうその時既に慢性だったかもしれないけど、と先生。

もういよいよに見えていたのは本当だった。
先生の「私の犬だったら点滴します」この一言で、お願いしようと点滴を承諾した。
これが無理な延命なのか?
それとも適切な判断なのか?
まだ私には分からないけど。。。

もう少し早くわかっていれば、と思うのはあるけれど、それはもうどうしようもない事なので、少しでも残りの時を苦しくないように過ごしてもらえるよう、ちょっと治療は大変だけど、無理させ過ぎない程度に今後の経過を見ていきたいと思います。

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

臨時休診とな・・・。  

ワンコのワクチン注射をね、病院に連れていかねばと。
木曜休診日なので、先週の金曜はもしかしたら連休取ってるかな?と、一応電話をしたら誰も出ず。
なのでその日は諦め、今日、歩いて片道40分、行ったんですよ。
スキッキが少しだけ体力回復してきたように見えるので、2匹とも連れて。

そしたら、がーーーーんΣ( ̄□ ̄|||)

9~11日臨時休診との張り紙が・・・_| ̄|○
急な場合はこちらに電話してくださいと、別の動物病院の番号が。
急ではないので、そのまま帰ろうと思ったんだけど、一応連絡先だけメモ代わりに写真を撮ろうと近づいたら、名刺のような物が。
見ると、裏にはお世話になってる病院の記載、表は別の連絡先の病院。
で、住所がめちゃ遠い、車でも遠い・・・。

ってな訳で、そのカードだけ貰って、連絡せず、すぐまた40分歩いて帰宅しましたとさ(^^;)

途中スキッキ、行と帰りに1回づつ、かすれた声で「ワン!」と何かを訴える。
行きの時は、お水を飲ませたら飲んで落ち着いた。
帰りはお水ではなく・・・。
車が多い道を通るから音が怖かったのかな?
それとも疲れたのかな?
クッションしいてあげてるんだけど、肉がないから体が痛くなっちゃったかな?
ジャンニが太ったので、スキッキが激やせしてても狭いカートの中・・・(--)
苦しかったのかな?
結局帰りの訴えは何だったか、わかってあげられず。。。

ジャンニも帰りにソワソワし出して、まぁこちらは多分おしっこしたい(^^;)
家出る時促したんだけど、都合よく出すようしつけられていない子達なので、出なかったのよね。
「おしっこちーちー」と言えばする様にしつけた、今は亡き、私の家族だったクレアとピンパは、絞り出してでも出すんだけどなぁ(笑)
だもんで、帰宅後すぐトイレに運んだら、すぐさまジャー(笑)

スキッキは行く前に圧迫排尿済み、その時タイミングよく排便してくれたので、一応検便して貰おうと、ラップに包んで持ってったのになぁ。

2匹とも疲れたようで、帰宅後すぐさま眠りにつき、只今も爆睡中(^^;)

私も久々の長歩きにいい汗かいたわ(笑)
お腹ぺっこぺこ(笑)

明日は日曜で休診、月曜は予報だと雨。
ワクチン打った翌日2日ぐらいは、急変などの心配があるから家に居たいので、火曜以降は在廊との兼ね合いもあるし、また週末までいけないかな。。。

10月の段階では、危ない状態でとても長時間の移動が無理だったスキッキ。
ワクチンの時期だったので、ジャンニだけ先に打ってもらうか迷ったけれど、もし回復出来て打てるのなら、同じ日が良いので先延ばしにしてきた。

スキッキは、牛肉の流動食をシリンジで飲ませ続けてる毎日で、最近飲み込みが弱くなってきてしまってるけど、なんとか完食してくれる。
3日に1度のペースだけど、親指大の便が出る様にもなった♪
もしかしたら、ワクチン接種できるかも?
出来なくても、これまでの経緯を話して先生に診て頂く意味はある。
何より連れていけそうだ!

と、お天気よかったので、私結構へばってたんですが、頑張って行ったのに~。

おいおい、まだワクチンは打てないぞ!

って何かに言われた気がしました(苦笑)

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

あれ?ミキサー直った!!&スキッキその後  

壊れたと思っていたミキサー、今朝、動いた!!

ミキサーの作りが、モーター本体と、刃が付いてる回転部分と、ガラスピッチャー部分、に分かれてるんです。
回転部分は、刃が付いたままモーターに接続する部分ごとピッチャーから外れる。
つまりガラスピッチャーは底なし状態になる仕組み。
これが洗いやすいなと思って選んだ理由なんですけど。
更に、そのピッチャーと回転部分の接続部分には、漏れ防止のパッキンを挟む仕組み。

で、それがきちんと閉まると、本体に取り付ける時に刺さる細い棒が、パッキンに押され飛び出てくる。
それが本体部分の凹になってる安全装置のスイッチを押す役割をしていて、それでモーターが回転する仕組み。

で、どうやら水漏れしない程度に組み立て出来ていたのだけど、棒が出てなかったみたいで・・・。
ガラスピッチャー、パッキン、回転刃部分、をしっかり丁寧に組み直してみたら直った!という。
つまり、動かなかったのは、私の組み立てミス(^^;)
これでしばらくは、ワンコのご飯をちゃんと作れる!(^^)

という今日のスキッキは、自力でオムツの中に、おしっこ&ウンチが出来て、便は少しべたついてるけど、色は問題なく一応摘まめる硬さの物が親指の半分ぐらいでてくれたので、ほっと一安心なのですが。

ご飯を食べさせるのに一苦労。
1時間かけて、半分も食べてくれない。
その後、水分補給の薄めたミルクも、昨日までは大好きで完食していたのに、今日は鼻で押し返してしまう。
でも、ご飯の水分も取れていないので、ゆっくり時間をかけて、なだめながら、なんとかやっとミルクを飲ませて。
その後、ずっと寝ています。

もう寝たきりなので、2時間おきぐらいに様子を見て、寝返りさせたり、抱っこして体さすってあげたり。
目も膿が沢山出てしまうので、ホウ酸水で洗ってから目薬さしてあげたり。
水分補給も、ご飯も、体起こして抱きかかえながら食べさせる状態で。
脳梗塞の後遺症なのか?
ご飯の時も、顔がどんどん左に曲がって、お皿の左端っこを舐める。
まっすぐにさせても、体が左に左に動いて、体全体、左にくの字に曲がってしまう。
お座りをする前足の力はもうないので、圧迫排尿時も胸と顔はシートにへばりついてる状態。

こんな完全介護の24時間体制になって1週間。
いつ下痢になるかわからない状態だった時から、ずっと目が離せない状態なので、私も結構、体がきつくなってきましたが。
自分の事はサボってもいいやって(^^;)
部屋はとっ散らかってるし、庭は荒れ放題だし、食事はインスタントだし。
自分に甘くだらしのない暮らしっぷりで、体力維持しております(^^;)

って、個展の宣伝全然せずに、ワンコの日記ばかりなのはいけませんね。
今日の夜中には、個展の最初の週の在廊日を更新したいと思います。
ワンコがこの状態なので、1週間ごとの在廊日の発表とさせていただきます。

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0