AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

以前アップした毛虫達の再検索結果  

181005 黒オレンジ毛虫
この子は、ツマグロヒョウモン、という蝶の幼虫と判明。
山吹色の羽根に黒い模様の綺麗な蝶♪
見つけたのはこちらのサイト
http://www.insects.jp/kon-tyotumaguro.htm#youtyu
これは時々、見る事がある蝶だった♪
東京では見かけた事がなく、初めて見た時は、とても綺麗でちょっと感動したのを覚えている。

180924庭に居た派手派手の毛虫
この子は、ルリタテハ、の幼虫、しかも終齢幼虫と言う成長最後の色ならしい。
見つけたのはこちらのブログ
https://plaza.rakuten.co.jp/Wolffia/diary/200910060000/
前に検索して見つけた、これと似たような幼虫の画像は、もしかしたら成長途中のものだったのかも?
そして、成虫はこの色からは想像もつかない、ブルーの綺麗な蝶!
上記ブログの蝶のカテゴリから探した
https://plaza.rakuten.co.jp/wolffia/diary/200910190000/
これはまだ見た事が無いなぁ。
飛んでる所見てみたい!綺麗なんだろうなぁ~。

181015ベリーの葉の上の毛虫
この子は未だ判らずじまい(^^;)

それぞれ、冬越しして春に羽化してくれるんだろうか?
でも、そろそろ草刈り&庭木の剪定してしまうので、サナギがそれにくっ付いてたりして・・・。
注意しながら、庭のお手入れしないとな(苦笑)

昔は蝶も全然ダメだったのに、最近はすっかり可愛く思えてきました(笑)
他の虫も、観察してると、意外と面白いんだよね~。
表情とか、動きとか、なんか考えてるっぽく見えたりして(笑)

そうそう虫ではないですが、私のお気に入りカナヘビも、そろそろ冬眠の準備だろうから、驚かさないように草むしりしないとね。
引っこ抜くんではなく、上っ面を刈って、下は残しておいてあげようかな。
その方が、土剥き出しにならずに埃もたちにくいし♪

草むしりや剪定をサボったお陰で、珍しい生き物に出会えた晩夏と初秋なのでした(^^)
スポンサーサイト

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

ヨモギ?間違いない?  

道路脇の水はけブロック?と我が家の塀の僅かな隙間から、ど根性ヨモギが生えているんです。
んっと、多分ヨモギだと思うんです。
裏も白いし、乾燥させて揉んだら、綿毛のようなものが絡まって、パラパラにならなかったし。
181021ヨモギ乾燥
なので一応、ヨモギもどきの様な毒のある物ではないと思うんです。

でもネットで調べると、ヨモギにも色々あり、いわゆる団子などに使う食用の物と、そうでないものがあるとか?
要は、美味しいヨモギかそうでないかがあるみたい。

と言う訳で、始めお茶にしようかと思って収穫したのですが。
何せ虚弱故、もしも、口にして変な事が起こったら怖いので。
結局入浴剤にしてみました(^^)
肌が弱いので、お茶パックに少な目で入れたら、2個作れました。

先日試したら、色はほとんど出ませんでしたが、ほんのりいい香り~。
でもちょっとお肌には強いみたいで、乾燥しやすくなる感じでした。
でも、気分転換のリラックスには、十分使えるかなぁと。

なんだか色々気が張っているので、今日は残りのヨモギパック使いますかね。
気分転換、ゆっくりのんびり、湯船に浸かって、ぼーっとしたり、考え事したり。。。
まぁ、ワンコがおとなしくしてくれることを、祈りつつなので。
芯からリラックスは難しいんですけどね(^^;)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

虫続きですみません(^^;)  

今年は、やけに毛虫が居るなぁ。
しかも皆、初めましての子達ばかり!
まぁ、草刈りしないのが原因だろうけど(^^;)

またも、派手派手毛虫!
以前の子よりスリムだけど、長さは同じ4cmぐらいの大きさ!
181005 黒オレンジ毛虫
歩くの早いのなんの!!
この子は蛾かね?蝶なのかね?
まだ、調べるまでいってません(^^;)
(後日調べました、ツマグロヒョウモンと言う蝶の幼虫のようです♪)

こちらはフサフサ系、1cm程の小ぶり。
程よい派手さ(笑)
針刺さったら絶対かぶれそう(TAT)
181015ベリーの葉の上の毛虫
ブラックベリーの葉を一生懸命食べていた。
これから大きくなるんかね~?
なんか毒蛾っぽいよね(^^;)
って、こちらも調べていないので、見た目で差別はいけないね。
もしかしたら、蝶かも知れない(^^;)

庭に植えたゆずの木、やっと葉が出て根付いたなぁと思ったら、アゲハの芋虫だらけに(笑)
こちらはバタフライガーデンにでもなりそうな勢いだったんですが、何せ植えたばかりの1mほどの木。
あっと言う間に坊主になって、芋虫もどこかへ消えてしまい、残念。
20cm程の山椒の木の葉も、その後坊主になってましたけどね(笑)

一時期、蝶も苦手になっていた私。
小学校低学年までは、庭のミカンの木に付く芋虫を、アゲハまで育てたりして好きだったのだけど。
何がきっかけで苦手になったのかなぁ?
でも、芋虫はずっと平気で。
最近また、蝶が平気になってきたので、庭で蝶が育ったら綺麗だなぁって(^^)
小さい庭なので、他の木を剪定してユズを大きくしないと、しばらくは坊主になって終わりでしょうけどね(笑)

いい加減庭の手入れをしなきゃ~(苦笑)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

このアシナガバチ、何が変かわかりますか?  

庭のブラックベリーがまだまだ枯れずに伸び放題(><)
時々ツルを切らないと、土に触れたらすぐ根付いてしまうので。
草刈りは全然できていないんですが、ベリーだけお手入れ。
すると、足元に何か落ちた!!

見ると、アシナガバチ!!!
181015 羽のないアシナガバチ

いやっ!巣でもあるのか?!
でもこの子は動きが、ちと鈍い、涼しいせいか?

慌ててベリーのツルの中を調べる。
以前、ツルに隠れて作っていたことがあったので。
しかし、ざっと見た所巣はなさそう。
かなり生い茂っているので、もしかしたら見えないだけ?とも思ったけど。
時期的に、見えないほどの小さな巣を作るはずもなく。。。

で、その落ちた蜂、鈍いにも程がある。
存在を一瞬忘れてた(^^;)
で、飛び立ちもしないので、こんな機会滅多にないし、観察してみるかと。
ベリーのツルで拾い、移動させたら、又すぐ落ちて・・・?
もう死にかけなのか?

先ず、ハサミの先でお尻を持ち上げ、針があるか確認。
よし、見ただけでは針はなさそう。
でも仕舞ってるだけかもしれないので、手では絶対触らない。
しばらく観察。

しかしこの子、全然怖くないなぁ?
なんだったら、体の模様とか形とか、バイクみたいでなんか意外にカッコイイ(^^)

(。´・ω・)ん?
ってこれ・・・。

羽が無いじゃん!!!!( ゚Д゚)

な、なんで?
時期的な物?
死ぬ間際は、自然と抜けるのか?
それとも奇形?
針が無いって事はオスだから、メスとの交尾で羽がもげるのか?

原因不明の羽のないアシナガバチは、道の反対側へと一生懸命歩いて行きました。。。

なんか、健気( ;∀;)
蜂も羽が無いと、こうも怖くないのかと。


この家に引っ越して、見た事もない虫に沢山出会って。
大分、虫が苦手でなくなってきました。
元々飛ばない虫や動きが鈍めの虫は、平気だったりするんですが。
動物のように可愛いと思うのは、ごく限られた虫だけでした。

だから、変わった虫がいた時は、怖さ半分、興味半分、そうして少しずつ慣れてきたのかも。
でも、興味が無かった分、無知なので。
毒があるかもしれないし。
見慣れない虫は、素手で触る事はまだ出来ません。

でもそのうち、平気で素手で触れる時が来るかもなぁと。

この蜂を愛おしく思った瞬間、そんな風に感じました(^^;)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

派出派手棘棘の凄いの発見!(虫画像です)  

庭に居た、派手派手トゲトゲのこの子。
結構大きいんです。
4cmぐらいだったかな?
180924庭に居た派手派手の毛虫

ネットで調べると、似たような子しか見つからない。
それは、なんとこの見た目で、蝶とな!!Σ(・□・;)
この子も蝶なんだろうか?
新種?…んな事ないか(^^;)
(後日再度検索してみると、同じ子発見!ルリタテハと言う蝶の幼虫ならしい。物凄く綺麗なブルーの蝶、この毛虫の色からは想像もつかない!とても不思議。)

でも絶対
触れるな危険!!(><)

だよね~(^^;)
てな訳で、居なくなるまでそっとしておきます。
どこかに逃がしてそこで誰かが被れても嫌だしね~(苦笑)
蝶になるまで待ちましょう(^^)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

庭のカエル  

いつだったかなぁ、そう遠くない日。
椿の木を眺めていたら。
まぁ肥えたカエルが(^^)
180914庭に居たアマガエル
こんな所に居たら、鳥に食べられちゃうよ!
と、捕まえて奥に逃がそうとしたら、ジャーンプ!!
道路にべちゃっと、着地と言うより落下(^^;)
拾って椿の木の奥に…でもなかなか捕まらず。
で、肥えてると思ったら、膨らんでただけで、結構スリムな子だった(笑)
やっと捕まえられたので、木の奥に隠しました。

が!!

カエルからしたら、助けられたというより、恐怖の数分間だっただろうな。
ふ~っ、やっと逃げられた。
とでも、思っていたかもなぁ(^^;)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

自然も色々子育て中  

ゴミ捨てをして戻ってくると、何やら野鳥が騒がしい。
家の前の電線に、ムクドリ2羽、燕1羽、スズメ2羽。
その奥のお宅の屋根にも、ムクドリ3羽、スズメ2羽。
皆同じ方向を向いて警戒中。

ん?何事?

と、その目の先を見てみると、我が家のお隣の庭に、カラス!!
この辺のカラスは、ハシボソガラスなので差ほど大きくなく、ハシブトガラスの様な異様な怖さはない。
まぁ大きなオウムの様な感覚で私は見てるけど、只今子育て真っ最中の小鳥には、たまったもんじゃない来訪者!

先ずはムクドリが仕掛けるが、カラス、全く動じず。
更に隣の家の玄関の軒先に移る。
キョトンとしたもんで、屋根をトコトコ歩いてる。

しかしその度、小鳥たちは大騒ぎ!
屋根の上に居たムクドリは、巣作りの最中なのか、少し太めの枝をくわえたまま放心状態にも見える。

カチャカチャと、カラスの歩く音が変わった。
トタン屋根に移ったのだ。
なるほど~、最近我が家の屋根で聞こえる、何やら大きめの動物の歩く音は、カラスか!

我が家、1階の軒の屋根は古いままのトタン屋根。
歩くと音が凄いのよ。
猫は音出さないだろうし、ネズミか?イタチか?まさかアライグマ?
等と心配していたのだが、あれは正しくカラスの音だ!

と、近くで小鳥たちが子育てしてるんだぁと、ザックリ把握し、思い出す。
アトリエに居た時、ムクドリが我が家の戸袋を覗き込みに来ていた事を!
雨戸が風でバタバタうるさいので、閉めない時は大き目の洗濯ばさみで止めて固定している。
安定感、安全度、共に程よい。
まぁ、巣を作ったら作ったで、巣立ってから片付ければ良いしと、ほっといた。
しかし一応、我が家に巣はないか?外から確認してみると・・・。

なっ!なんてこった!!!(><)

アトリエの南側の窓枠に、小さなアシナガバチの巣、発見!!
2階なので、女王バチが居るのかどうかまでは見えず。
いや~~~(><)
これは困ります(><)

昨年の惨事を思い出す・・・。
その時の日記、「蜂の巣駆除

2日前、庭に1匹飛んでたんだよね。
大きくてお尻プリプリで。
あ!これはきっと、女王蜂だ!巣を作る場所探してるんだ!
と思い、スプレーを取りに行ったのだけど、直ぐに居なくなったので安心してた。

2ヵ月前ぐらいにも、数匹壁の辺りをフラフラ飛んでて、薬局に蜂来ないスプレーを買いに行ったんだけど売り切れで、取りあえず普段の殺虫剤を、手の届く所だけ撒いたのよね。
普通の殺虫剤じゃ、3ヶ月は効果なかったか(><)

で、上がるとこれ!
180528アシナガバチアトリエ南窓

居るよね~、威嚇してるよね~(^^;)
網戸越しに、普通の殺虫剤プシューっとな。
女王様、すぐさま退散~!

なので、まだその辺ふらついてるかも。
一応、すぐ戻ると怖いので、大量にスプレー散布しながら、ビニール袋被せてこそぎ取って、潰してゴミに出した。
1匹幼虫孵ってたみたいで、ちょっとグロイ潰れ方・・・。

ごめんよ、君たちだって一生懸命生きてるのはわかってる。
でも、去年の大きさ、大量発生、刺される恐怖、そして何よりご近所迷惑。
これら人間の都合により、殺処分しか方法はない。

しっかし!カラス様様!!(^^)

あの子が小鳥を驚かさなかったら。
私は、家の周りを見回さなかった。
カラスに感謝(笑)

そしてなんとなく。
これも不思議な力が働いた結果なのではないだろうか?と感じる。
不思議な何か、守ってくれてありがとう~(^^)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

日向ぼっこ  

今日はポカポカいい天気ですね~(^^)
雨上がりだったけどお布団干しちゃいました♪

我が家の小さな室内多肉も、日向ぼっこ♪
180109多肉日向ぼっこ

昨日は5時間作業が出来♪
今日も同じぐらい作業の予定♪
今年はリングに力を入れようと!
新作頑張って制作中です♪

ブログで弱音はいたら、やっとスイッチ入ったわ~(*^^*)
私の生活に、このブログは欠かせない存在の様です(笑)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

写真を撮らせてくれたキジトラその後  

以前写真を撮らせてくれたこの子
171103キジトラ3

クラシアンが来てた時、2軒隣の家の屋根から下りてきて、そのお宅の玄関屋根からこちらを見てた♪
職人さんにお茶出して、お盆を置くとこがなかったので私が持ちながら、飲み終わるまで話してたら、それをじっと尻尾振りながら見てる(^^)
思わず、手を振ってしまった(笑)
そしたら、更に尻尾を振って~!!

職人さんが「ん?」って振り返って。
そりゃ突然手を振ったら怖いよね(^^;)
「野良猫なんですけどね。懐き始めてるんですよ。」って言ったらニコニコしてた(^^)

実はその前の日、買い物から帰ってきたら、我が家の門扉にいて。
「そこに自転車入れるから」って言ったら、さっとどいて。
脇の方に行ったので居なくなったかと思ったら、まだ角っこに居て。
私がしゃがんで、おいでって手を伸ばしたら、近づいてきて!!
手の匂いを嗅いでペロンって自分の鼻舐めて~♪
もうたまらん!!
私を認識してくれたのかな?(^^)

もしかすると、奥の家に居付いてる子なのかも?
野良にご飯あげてたお宅だったから。
でも引っ越ししてしまったから、ご飯もらえなくて頼れるところ探してるのかも?
少しずつ痩せてる気がして心配・・・。
だけど野良に餌あげるのは、ワンコの餌が残っていた間だけちょこっとしたけど、もうしていないし。
この辺、餌やりでご近所トラブルになったことあると聞いたので・・・やめた方が良さそうだし。
我が家の室内猫にまでなるのなら、このこなら飼っても良いかなぁと思ったり(^^;)

家猫になる気はあるのか?
野良人生を行きたいのか?

まだオスかメスかもわからないので。
また遊びに来た時に、猫に聞いてみようかな(笑)


category: 動植物

tb: 0   cm: 2

もう勘弁して!  

今日も朝8時に寝まして、12時に起きた訳です(^^;)
すると、例のブーンブッって音が・・・。

えっ!また?!

そうアシナガバチ。
前回と同じベランダに出る窓とカーテンの隙間で1匹。
飛んでる影が見えるし…。

チャチャっとスプレーで駆除。
171116アシナガバチ寝室に侵入2

でね、2度も同じことが起こると言う事は、やはり屋根裏に居るんだろうねこの子達。
冬眠ってやつでしょうか?
で我が家、何せとても古い中古だったもので、過去に雨漏りした事があるらしいのです。
で、その場所は今寝室にしている部屋。
で、その雨漏り箇所、天井の張り板?壁紙?素材はなんだか分かりませんが、一部隙間がね、そのままなのですよ。
引っ越し当初から、「屋根裏と通じてるかなぁ、ボンドで塞がないとなぁ」と思いつつ、そのまま放置だった訳です。
もしかしたら、ここから侵入してくるのではないかと・・・。
こんな応急処置してみました。
171116蜂ここから?天井の隙間テープでふさぐ
左が隙間が空いてる、右が透明テープ貼り付けた、だけっ、以上(笑)
変に時間のかかる作業して、蜂が出てきたら嫌なもんで。
大分みっともないですが、蜂が侵入さえしてこなきゃ良し!(^^;)

一応ね、この隙間からちょっとスプレーしてみました。
たぶん空気が通る隙間はあるね。
密閉されてたら薬剤が部屋中に広がるはずだけど、この隙間の付近でもわ~んと広がって消えた。
屋根裏に行ったねきっと。

でね、聞こえないふりをしていた羽音がね(笑)
遠くで原付が走ってるみたいに、屋根裏全体から聞こえるんだけどね(苦笑)
それが気持ち大きくなった(^^;)
薬剤に驚いたんだねきっと。

これで部屋に侵入してこなくなればよいが・・・。

一応、天袋をおそるおそる開けてみた。
屋根裏に上がる蓋板?と言うのかな?、それはズレていないから、ここからじゃないと思うし。
天袋の扉も結構しっかり締まってるから、やっぱり天井の隙間かな?

しかしもうすぐ大掃除の時期。
天井近くに顔をやったら、普段見てない壁や鴨居に、まぁ~埃が(^^;)
度の弱い眼鏡で生活してると、細かな埃は全く見えてないね(><)
今年は早めに大掃除始めるかな(苦笑)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

アシナガバチと格闘(少し長いです)  

今年はアシナガバチに悩まされっぱなし(泣)
遂に部屋の中、しかも寝室に現れました・・・。
171109アシナガバチ寝室に現る

昨晩から制作スイッチ入ってしまって、今朝の9頃寝たんですね。
で、ちょうど昼の3時頃、ブーン、ブッブッブーン、と虫の羽音で目が覚めた。
3時間仮眠のつもりだったんだけど、流石に起きれなかったのね(^^;)
でもってその12時の時は、羽音なんかしてなかった。

で、ベッドの中で、「えっ????」と思う訳ですよ。
この羽音・・・蜂?!と。

で、頭の付近、左で聞こえたかと思うと、右に聞こえる。
と思いきや、出窓の付近にも聞こえる。
と思うと、屋根裏?
ずっと飛んでる音ではなく、ブッ、ブッ、ブーンとちょこまか飛ぶ感じ・・・。

嫌だよ~、まさか部屋の中にいる???

狭い寝室、部屋には洋服ラック、服やバックや、洗濯物も壁に掛かってる(^^;)
隠れ場所は沢山ある(><)
一体どこにいるの?

あ、でも、カナブン?いやいや、今のこの状況からして蜂だよね。
でも、いつもの大ハキリバチの羽音じゃない。
アシナガバチの羽音に似てる。
でも屋根裏って、まさかスズメバチ?!
いやいや、アシナガバチが冬眠場所に我が家を選んでしまった可能性が・・・。
それに、スズメバチだったら羽音がもっと大きいはず。

と、寝起きの頭で必死に考える!
15分程ベットから出られず、今日は寝間着も全身真っ黒だし・・・。
蜂は黒に攻撃してくるって言うし・・・。

身動き一つ取れず、鼻先まで布団を被った状態で、音の出所を耳で探る(苦笑)

どうやら近くの洋服にはいなさそう。
そーっとめくる。
パタパタする。
よし!いない。

なんだやっぱり出窓に、少し前みたいに窓付近で騒いでるのか!
と、起きて出窓のカーテンを開けるもいない。
外を見ても今日は風が強くて、飛んでる様子がない。
その時!!

ブーン、ブッブッ!!
んあ”ぁ~~~!やっぱり中だ!部屋の中にいる!!!(><)

どこ?どこ?
見回すも姿は見えず。。。
耳で探る、でもそう簡単には音はしない。

ブッ!
あっ、ここだ!

ベランダに出る窓際で音!!
カーテンの向こう側!

恐る恐る、そーっとめくると。
いたーーーー!!

既に右手にはアースジェット(笑)
すかさず、プシュー!!!
しかしなかなか弱らない(><)
更にブシュ―っと、シューっと、窓もカーテンも薬剤でギトギト・・・。
やっと窓枠に落ちた。
でも悶えてる。。。

で、駆除屋さんがピンセットで蜂を摘まんでいたのを思い出し、アトリエからピンセットを持ってきてティッシュの上に置き観察(苦笑)
針がね、お尻の先から出たり入ったり、結構長い5mm位ある。
これに刺されたらと思うと・・・。

で、いつまでも苦しんでるのは可愛そうなので、最後の一撃シューっとね。
何とか退治しました。。。

どこから入って来たか、怪しい隙間は天井にあるのだけど・・・。

私、今年の春先、アシナガバチ4・50匹が向いの換気扇フードに固まって群れてるのを見てるんですよ。
駆除屋さんによると、それは冬眠から出て来た女王バチで、それが散り散りになって巣を作るんだそう。
だからこの辺一帯今年は巣が多かった。
でもって、アシナガバチは、女王蜂が群になって越冬するんだそう。

つまり・・・、もし我が家の屋根裏が冬眠場所に選ばれていたら・・・。
これから隙間からちょこちょこ、こんにちは・・・?
なんてなって欲しくない(><)

でもどうしようもない・・・。
勘弁してよ~全く。

バルサンでも焚いてみるか?
かえって中途半端に暴れて部屋中に出てきたら、余計に危ないかな(ーー;)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

言葉の分かる野良猫とのやり取り  

玄関先で荷物を抱えた私は、目が合った瞬間、動けなくなった。
向こうも、じーっとこちらを見て立ったまま、ピクリとも動かない。

しばらく経過・・・。
そーっと自転車の籠に荷物を置いた。
まだ私を見ている。

そーっとしゃがみこんでみる。
動かない。
「こっちおいで♪」
動かない。
「お家入る?」
動かない。
「うちの子になるか?」
動かない。
と思ったら、座り込んだ!!!

か、かわええ~♪

「写真撮っていい?」
すると、目をしばしば!!

何それ?合図?!いいの?
携帯を取りに行く。
逃げていない!
ズームで写真を撮った。
171103キジトラ1
撮る、ん~遠い(><)

「ちょっと近づいていい?」
薄目で仕方がなさそうに、しっぽの先っちょだけ振った!!!

くーーーっ!かわええ♪
171103キジトラ2
でも、もっと近づきたい!!

「もちょっと近くに行っていい?」
またまた尻尾の先を振った!!
あと2mの距離!!
欲張ってもう一歩進んだ。

「ちょっ!いやいや来過ぎだから!」
とでも言いたげな顔をして、腰を少し持ち上げた。

「あっごめんごめん。そこまで(指さして)そこまでだから何もしないから写真だけ近くで。」
普通に話しかけている自分が、今思うとかなり怪しい(苦笑)

すると、「そ、そんならそこまでだからね。」って感じでまた腰かけた♪

171103キジトラ3

あぁーもう少しもうちょっとだけ近くで。
許可なくちょっと前に出た。

「おおっと危ない、はいっそこまで~。」
と言われたような気がした(^^;)

でも、ささっと逃げて行ったにしては、後ろ足がゆっくりだったので、後をそっと追って見ると・・・。
171103キジトラ4

しばらくの見つめ合い。。。
壁の向こうに降りて行った。

「気が向いたらまた来るから、じゃぁね。」
と言われた気がした(笑)

category: 動植物

tb: 0   cm: 2

秋のときめき♪  

171103桜並木紅葉
カサカサと踏み鳴らす、紅葉した枯葉♪
空を見上げれば、なんと高く晴れ渡った秋空♪
程よく暖かい日差しと、澄んで冷たい空気♪

黄色と赤と緑と、これだけでときめく♪
171103桜並木のつつじに蔦の黄色と桜の赤

自転車ならサーッと通り過ぎるだけの道。。。
トコトコ歩いて買い物しただけで。
なんとも穏やかに秋を感じて♪
まるで恋をしたかのように、心ほっこり癒された♪

お散歩というか、のんびりその場の気を感じるってやっぱり大事ですね。
この感情が作品に生かされるといいな♪

構想を練れるかどうか?
しばらこの秋のときめきに浸るとします(*^^*)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

蜂の巣に困ったら 蜂駆除屋さん!  

先程、以前蜂の駆除をしてくださった蜂駆除屋さんに、蜂の死骸撤去&再度巣が出来ていないかを見て頂きました♪

今日はとても穏やかな日、蜂が沢山飛んでいた日と似ているのに蜂の姿はなく静か。
それなのに来て貰うのもどうなんだろう・・・?
と思いましたが、蜂の死骸を取ってくれるとの事でしたので来て頂きました(^^;)

で、蜂も飛んでいないので、作業を見学させてもらいました。
どんなふうに2階の雨どいをチェックするのか、興味があったんです。

ただ意外にも、ジリジリする強い日差し。
日焼け止め塗って、軽くメイクして、帽子かぶって、準備万端!(笑)
前回来て頂いた時は、テンパってるし、出展終わりでボロボロで、眉毛も書かずの完全ノーメイクだったので(^^;)
今日は最低限の身だしなみ、ちゃんと眉毛書いて軽く顔を整えました(笑)

作業開始。
まずは大きなはしごで1階の屋根に上り、更に持って上ったはしごを使って2階の屋根のギリギリの高さまで上る危険な作業!
雨どいと雨水桝を確認してくださり、1匹だけ蜂が飛んで行きましたが、それは水を飲みに来ていたのだろうとの事。
雨水桝に殺虫剤をかけて、雨どいトントンしながら、巣がない事を確認してくれました。

トータル15分ほどで作業は終了♪
手際のよい仕事っぷりを見させて頂きました。
こんなの滅多に見れないですので、貴重な知識を頂きました♪
と言っても、流石に自分じゃ無理ですね(^^;)

ご近所中に数匹の群れで飛んでいたのは、冬眠場所を探している蜂だと教えてくれました。
この辺で冬眠されたら、また来年・・・。
なんてちょっと嫌な想像をしてしまいましたが。

取り除いて頂いた蜂の死骸の塊も大分劣化。
カラカラに乾いて縮んで、固まっていました。
駆除屋さん曰く、前回駆除した時の死骸が雨どいに残っていてそれが出てきたのだろう、との事。
8月の死骸には見えない程プリプリだったのは、雨水で膨れてたのかしらね、それで雨どいのパイプに詰まってたのかもね。
新たに出来た巣からでた死骸では?と不安だったので、取りあえずそうではなかった事が判明し一安心。

また巣が出来るようなことがあったら、困るけれど。
今日見た方法で屋根に上って殺虫剤をまくのは、流石に自分じゃ無理なので(><)
まぁ、もうお世話になる事の無いようにしたいのが本音ですが(苦笑)
何かあったら、やっぱりプロにお任せが一番!(^^)

蜂の巣が出来てしまったら、アフターフォローも完ぺきな蜂駆除屋さん、お勧めですよ♪
何より、来てくれる代表兼職人の櫻庭さんはハンサムさんですし(笑)
おばさまウケ間違いなし!(笑)
だって不安で恐怖で困ってる時に、カッコイイ人に助けてもらった方が嬉しいですよね、やっぱり(笑)

と、冗談はさておき(笑)
これでやっと安心して、仕事が出来ます♪

私は、感情が作品に出てしまうので、この不安定な心の状態でモノづくりしたくなかったんです。
それに、不安や気になる事があると、集中できずにケガするし。
なので、催事が終わってから全然作っていませんでした。。。
今日は、まだ不安感を引きずってしまっているので、事務仕事に専念するとして。
落ち着きを取り戻したら、バリバリ制作に励むぞ!!

さぁ~気持ち切り替えて、頑張らなきゃ!!(^^)
その前に、お昼ご飯だ♪(笑)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

庭掃除  

今日は1日、庭掃除、雑草抜いて、ブラックベリーの植え付けして。
でも、花壇と庭木の剪定が終わらなかった。
また後日晴れた日にやらねば!

で、肝心の蜂!
やはり、以前駆除して貰った、雨どいの雨水桝付近をフラフラして、数匹中に入った・・・。
けれど、巣があるかは確認できない。
その代り、雨どいにこんな大量の死骸を発見!
これはギリギリ窓から見える。
171027雨どいの蜂の死骸
これってアシナガバチなんだろうか・・・?
何でここでこんなに死んでるの???
スズメバチの襲撃ってやつですか?!
やっぱり近くに巣があるって事?!

見えない恐怖・・・。

何の恐怖って、来年になって駆除が必要になったら、費用が掛かる事が恐怖。
今確認できれば、まだ保証期間内なので取りに来てもらえるのに・・・。

見えない、有るのか無いのかわからない巣・・・。

どうしてこんな所選ぶかなぁ。
勘弁してくれ~(泣)

あぁ~楽しい事考えよう・・・楽しい事・・・。
えっと、ブラックベリー、ツルが伸び放題で地面について根付いていたので、抜いて南側のフェンスに植え替え♪
来年はベリーが沢山収穫できるといいなぁ(^^)
楽しみ楽しみ、と強がってみる。
というか、現実逃避・・・(ーー;)

category: 動植物

tb: 0   cm: 0