AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

カナブン  

夏は草が伸びるのが早い。1週間の出展中にだいぶ伸びた庭の草木、道端の雑草も、本日汗だくになって草むしりし。
塀より出ている庭木の枝も邪魔なとこだけ少し切った。

そしたら、ブブーン!!
何かが飛び出した!!
しかも沢山!!
大きな羽音!
あちこちから四方八方10匹ぐらい飛んでくる!!!!

蜂か!!
焦った私!

でもそのうち数匹が、地面に落下した!?
見ると緑のテカテカ。
カナブン!

その庭木の根元の土は、その木の落ち葉でふかふかな土。
毎年その土には白く大きな幼虫がいる。
私はてっきりクワガタの幼虫と思って、見つけてはそっと土に返していた。
今年、その木の根元に置きっぱなしだった椎茸原木をどかした時、その下に7・8匹の幼虫を発見!
優しく枯れ葉をかけてあげた。

多分あれ、カナブンの幼虫!
見事一斉に成虫に羽化したんだね。
で、のんびり木に止まっていたんだね。
そしたら揺すられ慌てて飛び出した!!

カナブンにしてみたら、この暑さの中、木陰から追い出され生死に関わる大冒険の始まり。

つい数年前までは、カナブン1匹でパニックを起こす程虫が苦手な私でした。
そんな群れてるカナブンなんてあり得なかった。
でも、相手が蜂ではなくカナブンとわかると、安心した私。
しばらくして、1匹胸に付いていたけど、平気て取って木に戻してあげる余裕♪

環境が人を強くする。
我が家の小さな小さな庭は虫達のパラダイス!?(笑)

掃除中だったので写真は取れませんでしたが、あちこちに飛んでいったカナブン達、ずんぐりむっくりのよたよた歩きは結構可愛かったです。

毎年カマキリ屋敷だったけど、今年はカマキリの卵が孵ってワラワラ沢山出てきたわりに、まだ大人カマキリ1匹しか見ない。
さては今年はカナブン屋敷だったのかもな(笑)
関連記事
スポンサーサイト

category: 動植物

tb: --   cm: 0