AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

蝋引き紐ネックレス  

ドローイングハートに合わせる様に作り始めた、蝋引き紐ネックレスの制作風景。
180211蝋引き紐黒制作中
当初は、ネックレスとして組んだ状態で販売していましたが、今は単品でも販売しています。
40cm+アジャスター5cmで、長さを調節できるデザイン。
皮ではなく紐の為、お手入れも楽&お手軽価格♪
なので、単品のみでお買い上げ頂く事も多い、人気商品です。

このタイプの丸紐をネックレスにする場合よく使われる金具は、マルカンが付いたパイプ状の金具をボンドで接着してから、その他の金具をマルカンでつなぐという制作方法。
この作りが決して悪い訳ではありません。
見た目も綺麗ですし、市販品はほぼこの作りかと思います。

しかし私は、ボンドと言う物をあまり信用していないので・・・。
経年劣化でボンドが剥がれて抜け落ちる壊れ方は、また張り付ければ良い事なのですが・・・。
個人的な感情ですが、なんか、寂しいい気持ちになって嫌なのです。

なので、他の方法でしっかり繋ぎたくて、ひたすらネジネジ、めがね留の要領で、巻き留めて制作しています♪
ただ強い力が加わった時に、切れないネックレスと言うのも、逆に危なかったりするので。
いざと言う時には、丸環の繋目が開いて外れてくれる様に作っています。

柔らかい紐に硬い金属を巻き付けるのは、案外コツが必要で。
巻きたい場所にピンポイントに力が入る様にしっかり巻く為には、ヤットコもしっかり握らないとうまく出来ない。
ただ、私が必要以上にやたら力を入れて握る癖があるだけなのか?
10本も作ると、指の関節が痛いのなんの・・・(><)

時間を見つけては、少しずつこうして作りだめをしています。
何より彫金と違い、制作中に音が出ないですし♪
夜中に居間でTV見ながらでも作業が出来る、貴重な品物の一つなのです(苦笑)

しかし・・・TV見ながらでもできる作業と思いきや。。。
最近の私は、近くと遠くを同じメガネで見ることが困難な状態に・・・(--;)

なので眼鏡を外し、音を聞きながら制作し、気になったら眼鏡をかけてTVを見る(苦笑)
そんな感じで、夜中に放映されている、ほっこりゆるめのアニメやドラマ、再放送なんぞを見ながら、手が痛い~と悶えながらも、穏やかな気持ちで作っているのでした(笑)
関連記事
スポンサーサイト



category: 作家活動のあれこれ

tb: 0   cm: 2