AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

母の転院&入所  

クラフト展が終わり、2日後、母の退院&入所が済みました。

午前中に移動、兄が車を出してくれます。
入所後まもなく、兄が仕事で一旦抜けて、私一人で対応。
荷物の整理や届け、先生の話を聞く事に。
その際、ちょっと気になる発言があり、心配性の私は今もまだその言葉を引きずっております。

でも母は、新しい施設をとても気に入ってくれて大喜び。
施設自体も新しいので、スタッフさんも若い子が多く優しい印象♪

体重量ったり、血圧や酸素濃度の計測なども、時間を変えて2回行って。
午前中に頭のリハビリをし、見学しているとなかなかの成績!
お昼ご飯も、モリモリ食べて♪

しかし2日後、父と見舞いに行くと。
母の頭の回転は鈍く、話しているうちに冴えてくるまで3時間ぐらいかかったかなぁ。
でもって、あんなに気に入っていたのに、もう小言が(^^;)
これは、脳の損傷による物なのかもしれないけど・・・。

人懐っこい母は、施設内で友達を作りたいと思う方なのですが。
無反応の方が多いみたいで。
見学した時はもう少し軽度の患者さんが多い印象だったんだけどなぁ。
階が違ったのかなぁ?
話し相手が居ないと、また寂しい病になってしまうのではないかと心配です。

3ヶ月は週6日1日20分程度のリハビリがあります。
が、それ以降は週2日になってしまうリハビリ。
何もしないで刺激のない生活になると、もしかしたら、あれよあれよという間に痴呆になってしまうかも・・・。
先生にも、今の状態を維持しながら楽しく過ごせるのはほんの一時ですと、はっきり言われてしまったし・・・。
とても心配です。

私は、母が一人で生活が難しかったとしても、誰かと一緒なら生活できる状態だったら、老人ホームに入れてしまうのはまだ結論出せないでいるんです。
暫く家で一緒に、もしくは近くで、なんて気持ちもあって。
でも、介護が甘いものではない事はわかっていて、働けなくなったら食べていけなくなるのもわかってる。
悩ましいです。

今の施設、先生の話では。
転倒や骨折は、入所の際一度は必ずあるから覚悟して欲しい、と言われ・・・。
でも、病院ではないのでいざという時救急搬送して貰えるって話だったのですが。
それがどうも、状況により高齢だと救急搬送自体を断られるケースがあるというんです。
例えば心筋梗塞や心臓発作、脳梗塞など。
でも母の場合この心配が多い訳で、だから、心臓が専門の先生が居る施設で安心できると思っていたので・・・。

先生が常駐ではないのはわかっていました。
でも、先生が居ても施設内で医療行為は出来ないので、間に合わないと判断した場合、搬送はせず施設で看取りをし死亡診断書を出すからと。
それって・・・延命処置をして貰えないって事ですか?と、質問したら・・・。
(※コメント欄でのやり取りで気が付きましたが、私が言いたかったのは「延命処置」ではなく、心臓マッサージや薬投与などの「救命処置」の事でした。先生にも私の言いたかったことが伝わらなかったかもなぁと反省。)

死亡診断書を先生が書かないと、警察が来て解剖にまわされて1週間ぐらい遺体が戻らない事になり、それにも施設が負担する費用が掛かるから、施設で看取るんです。
と、質問の答えが返ってこず・・・。

本来こんな金額で入居できないのを税金で賄われているから安くなるんだとか。
スタッフは安い給料で、国の為に働いているとか。
こんな制度(介護保険の事?)が続く限り、国は破綻するとか。
死ぬのを待つ状態でここに居る人もいるとか。
そんな考えなら、何故施設の医師をしているのだろうか?と、途中から話が頭に入ってこなくなってしまいました。。。

で、今後の母の生活や、治療は出来ないにしても、先生が診て下さる内容とかを説明して下さるのかと思ったら、そんな話ばかりで。
色々な事件があるだけに、こういう話を先生がするのかと・・・。
これを一人で聞かなくちゃいけなかったので、正直負担が大きかったです。
兄にも一緒に居て欲しかった。。。

先生の言葉の意味を私が間違って解釈しているのではないか?
それとも、私が聞いて思った通りの内容で間違いないのか?
そこが判らず、不安で仕方がない。

頭の中が、母とワンコの事で一杯でパンクしそうで、何も手に付かず。
そんなんではダメなのはわかっているんだけど。

自分を犠牲にして全て母の為に尽くす、そう育てられてきた私。
昔からそれがそれが苦しくて、大人になり距離を取っていたのですが・・・。
また、同じ立場に戻っていきそうです。

仕事が出来なくなるかもしれない。
母の為に何が出来るのか?
頭の中はそればかり。
それでは自滅するとわかっているのに・・・。

とりあえず、入所中に自宅外泊を一度はして下さいと言われて、勿論私たちもそのつもりでいるので。
今月は兄の都合が良ければ2回、母の部屋の掃除をしに通おうと思っています。
ワンコを一緒に連れていければ、泊まりで数日かけて掃除出来るんですけどね。
それは無理なので、日帰りで。
また実働4時間ぐらいしか出来ないんですが、少しずつでも進めておかないと。
家族も同じ部屋に泊まれるようにしないと、外泊は難しいと思うので。
兄妹協力しながら、頑張るしかない。

関連記事
スポンサーサイト

category: 家族

tb: 0   cm: 5

東松山丸広クラフト展出展報告  

9月26日~10月1日は、東松山丸広クラフト展にて出展でした。
展示風景はこんな感じ、っていつもとあまり変わりませんが(^^;)
180926東松山丸広クラフト

会期中は大型台風が接近、雨の心配をしながらの出展となりました。
何せ数年前、床下浸水経験済みなので・・・。
進路を毎日チェック。
床下の通気口には土のうを積みっぱなし。
玄関前も板&土のうで対策。
幸い、最終日の前日、直撃はせず通り過ぎました。
それでも、時折まとめて降る大雨に、夜中眠れずドキドキでした。

そんな気候だったので、お客様は少な目でした。
お足元の悪いなか、お立ち寄りお買い上げくださいました皆様、誠に有難う御座いました。

作家さんからの頂き物♪
自家製の茗荷とかぼちゃ!
181001東松山丸広クラフト 幡木さんから頂き物
これ、茗荷は2回目(^^)
プリプリの大きな茗荷!!
かぼちゃは、初めて食べる品種!
というか、道の駅とかで見かけたことはあったんだけど、食用だと思っていなかった!
スープにすると美味しいと教わったのだけど、半分はソテーでシンプルに♪
とてもみずみずしいカボチャだったので、半分はぬか漬けにしてみました(^^)
なかなか面白い食感です♪
ご馳走様でした!

大雨の日の帰りは、作家さんに車で駅まで乗せて貰ったり。
翌日、電車が止まっていることを知って心配した作家さんが、朝メールをくれたり。
幸い私が駅に着いた頃には動いていたので、無事到着出来ましたが。
車通勤してる方も多く、気にかけて頂けてありがとう御座いました。

売上的には、モヤモヤする週ではありましたが(^^;)
とりあえず、家も体も無事だった事を一番と思って。
そんな感じの会期で御座いました。

しかしこの所、出展と台風がぶつかるぶつかる・・・。
そろそろシーズンは終わると思いますが。
この数年続いた、水難の相と言ってもいいんじゃないか?ってぐらいの、水がらみの災難。
やっと終わってくれるのかしら?
と、願っております(苦笑)
関連記事

category: 出展報告

tb: 0   cm: 0