AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

ジャンニ吐血  

7日に施設を退所した母が我が家に来て、1週間が経ちました。
母の日記はまた時間のある時に書くとして。
2匹いるワンコのうち、眼球摘出しているジャンニ君の方が、大量吐血で心配です。

8日に泊りがけで母を病院に連れて行く為、ワンコは父に頼み、我が家で泊りがけで見て貰っていました。
ところが泊まりではなくその日に帰る事になり、(何故かは母の日記で書きますね)夜遅く帰宅。
父から、ジャンニが鼻血をポタポタ床に垂らすんだ、と報告がありました。
実は数日前、フィラリアの薬と狂犬病の注射をして貰いに行った日の夜も1回あったのです。
でも、老犬だし、動物病院までは片道40分の道のりをキャリー移動。
久々の外出、疲れたのかな?粘膜が弱ってるのかな?花粉かな?と様子を見ていたんです。
8日の晩も、もう遅かったし、とりあえず止まっていたようなのでそのまま寝ました。

すると翌朝。

ワンコの寝床に大量の吐血!!!
コップに2杯はあるのではないかという程の鮮血が、敷物にしみていたんです!

花見に連れて行ってもらう約束をしていた為、予定通り我が家に泊まっていてくれた父を叩き起こし。
動物病院に連れて行きました。
父が居てくれて本当に助かりました。

先生には、フィラリアの薬はまだ飲ませていない事、昨晩迄の経緯を話しました。
嫌がって、先生にも口の中を見せないジャンニ。
鼻血だと思っていた出血は、どうやら歯ぐきからの様でした。
食欲もあり体格も良く、目にわかる貧血もない様子なので、内臓から来ている物ではないだろうと、薬を出してくれました。
老犬で何があるかわからないから、狂犬病の注射は様子を見ようとしなかった事を、正解だったね!本当に何か起きたね、と先生。
本当です、もうビックリです。


歯ぐきからだとすぐ止まらない可能性が高いとのご説明の通り、その後も吐血は続いて・・・。
その都度、都合よくトイレシートで吐くわけではないので、コタツ敷き掛けの洗濯が間に合わないぐらい、交換交換で・・・。
母が来た途端、こんな状態でバタバタしてるもんだから、母は母で娘に迷惑かけてると凹みまくるし。。。
いやいや迷惑ではないからと、言い聞かせても、毎朝その凹んだテンションからスタートの母で。
こっちはこっちで、私の寝ている間に出ていくのではないかと気が気でない状態(--;)

ほぼ1週間たった今もまだ少し吐血が続いてるジャンニ。
一昨日は顎から自壊して、血膿がドバッっとでて、大分出し切った感じではあるんですけど。
見た目が・・・、事故現場みたいでドン引きです・・・。

でも、本人いたってケロッとしてて、食欲もあるし、薬もおやつと一緒にパクパク食べてくれてすごく楽。
痛くて泣叫んだりしないので、助かっていますが、きっと我慢してるんだろうなぁ。
動物は弱ってるのを捕食者に知られたらアウトだから、本能的にじっと耐えてるんだろうと。

処方された薬を全て飲み切り、母を家に留守番させて2,3時間家を空ける事は出来ないので、しばらく様子見です。
このまま、出血が止まってくれます様に☆ミ

老犬だから色々あります。
そろそろかもなと覚悟はしていますが・・・。
今月の27日、スキッキ、ジャンニ、2匹の誕生日♪
この日で、16歳になります!
母のいる時に、母のワンコの誕生日会をしてあげられたら、素敵な思い出が一つ増えます(^^)
どうか、その日を迎えられます様に☆ミ

関連記事
スポンサーサイト

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

4月の出展予定  

7月まで予定がないので書かなくても・・・と思っていましたが一応(^^;)

【2019年】

4月の出展は御座いません。


<5月以降の出展予定>

7月頃から動き出します。
予定も少しずづ入り始めました。
個展は秋に開催です。
詳細決まり次第、更新いたします。
関連記事

category: 出展予定

tb: 0   cm: 0