AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

9月の出展予定  

9月の出展予定更新していませんでした(><)
大変遅くなりました。
明日25日からクラフト展出展です!

【2019年】

■ 9月25日(水)~30日(月)
< 丸広百貨店東松山店・クラフト展 >
【時間】 10:00~19:00 (最終日17時閉場)
【会場】 丸広百貨店東松山店 (東武東上線「東松山」駅徒歩5分・詳しくは丸広HPアクセスをご覧ください)
丸広HPにチラシ載っていました♪

<10月以降の出展予定>

■ 11月5日(火)~23日(土) ※休廊日有(ギャラリースケジュールによります)
< AtelierUhyako個展 ~テーマは近くなりましたらお知らせいたします~>
【時間】 11:00~17:00 (初日5日のみ 13:30~17:00)
【会場】 ギャラリー有心 (埼玉県川越市宮下町2-20-3)
東武東上線「川越」駅・西武新宿線「本川越」駅より、東武バス利用
*埼玉医大・上尾駅西口・平方・川越運動公園行、「川越氷川神社」下車徒歩5分
(詳しくはギャラリーブログ・カテゴリ「アクセス」をご覧ください。)
【在廊日】 決まり次第、お知らせいたします     
関連記事
スポンサーサイト



category: 出展予定

tb: 0   cm: 0

良かった心は負けてなかった  

前回の日記の後、もうどうにもこうにも体が怠くて、やる気は起きないし気分は落ち込むし。

まさか介護疲れで心が参ってしまったのか?
なんでこんなに気力がないんだ?!
あぁ~情けない!
しっかりしろーーー!!

と、毎日、ビタミン剤飲みながら、心と体を奮い立たせておりましたが、一向に復活出来ず。。。

それでも、仕事の品物受け取りと支払いに、1時間ばかし外出しなくてはいけなかったので、頑張って本当にそれだけの為に出て。
帰宅後、その勢いのまま色々やろう!と、考えていたのだけど・・・。
いざ帰ってきたら、全く体を動かす気力が無くて。
だけど、今週は出展がある。
その間のわんこのオムツ作りと流動食づくりはしておかないと・・・。
と思うも、気力が湧かず、体を動かす事が億劫で。
でもやらなきゃなので、時間がかかりましたが、なんとかそれらを準備をして。

そうこうしてると、少し前からしていた頭痛が酷くなってきて。
台風の気圧のせいかな?
精神的な物かな?
等と、誤魔化していたんですが、とうとう我慢が出来なくなってきたので、解熱鎮痛剤を飲んだのですが、全く効かず(><)
なんだったら益々怠くなってきて、なんだか喉も痛くて、体はもうずっと痛かったし・・・。

と、ここで。
ってか、ここにきてようやく。

あれ?もしかして?

と、熱を測ってみましたら。
解熱剤飲んでるにも拘らず、37℃超えておりました(^^;)

あぁ~良かった。
まさか、ワンコの介護疲れで、心が弱ってしまったのかと。
内心、真剣に心配していたんだけど。
風邪引いてたんだ~(笑)

と、心の声(笑)

これはもうどうしようもありませんので、ワンコには申し訳ないですが、昨晩はゲージに入ってもらい、いつもより2時間ばかしはやめの就寝。
私の疲労をわかってかどうか判りませんが、いつもだったら、ゲージに入れられるとお留守番だと思い数分で大声で叫び出すスキッキが、ピクリともせず爆睡してくれて♪
ジャンニは、なんでサークルに入れられてんの?と。
始め納得いかない様子で、落ち着きがなかったですが、この子は滅多に吠えたり叫んだりしない子なので。

私お陰で、すぐ眠りに付けました♪

途中、4時間程して少し騒いだので、目が覚めてしまいましたが、最悪ゲージで汚れても部屋中汚される心配はないので、本当にワンコ達には申し訳ないけれど、再度寝かせて貰いました。

そんな感じで途中2回ぐらい起こされたけど、いつもより全然睡眠がとれたお陰で、体の怠さは7割回復!!(^^)
まだ、病み上がりなので、部屋の片づけも仕事も全然できない状態ですが、ワンコのお世話をする分にはまぁ大丈夫な体が戻ってきました♪

とは言え、明日は搬入、明後日から月末まで東村山丸広クラフト展出展です。
スキッキは、変わらず下痢気味ですが、新しく作った流動食は美味しいみたいで、ほんの少しですが食べる量が増えて来てくれました(^^)
ジャンニは、その流動食をお裾分けでカリカリの上にトッピング♪これまたウマウマならしいです(^^)
私は、まだ少し熱っぽく喉が痛いので油断しないで、明日の搬入の準備をしなくちゃ。

取りあえず、心の病にはなっていなかったので、良かった良かった(笑)
そりゃー高熱出してるのに気が付かず、動こうとしたって、動けないよね。
動けないのは気力のせいと、情けないと落ち込んでたけど。
いやいや体が悲鳴を上げてただけだから!(笑)

この結果が、何よりも私の心のビタミンとまりましたとさ(^^)
関連記事

category: 心と体

tb: 0   cm: 0

私の気力体力も・・・。  

日々ワンコの介護をしている訳ですが。。。
これが自分の計算どうりには全く事が運ばない訳で。
一見、傍から見れば、家で何もせず引きこもってるだけのような状態の生活になっており。
しかしその家の中は、こちらのペースなんかお構いなしで、全て犬のペースに合わせた生活をしている。
つまり、まとまった時間を作り何かをするって事が出来ない状態なんです。

今朝も、4時に寝たのに、5時に起こされ。
オムツもおそそも大丈夫だったのですぐ寝直したら、6時に再度ぐずりで起こされ。
見るとオムツ脱いで大小床に散乱の大惨事に・・・。
この所、また続いてる、オムツ脱ぎ。。。

私も最近、体に限界を感じてきていて、すぐに跳び起きれないのですよ(T-T)
ダルダルの体を起こして、眠気で開かないまぶたを開いて、おそそを踏まない様に歩いて、洗面所で桶に水を張り、雑巾片手に、先ずは汚物をペーパーで取り除き、床拭き洗剤をスプレー再度ペーパーで取り除き、濡れ雑巾で床中雑巾2度がけ。
勿論ワンコも汚物まみれなので、体洗ってドライヤーかけて、オムツ履かせて・・・。

本当、我が家ワンコ使用で全面クッションフロアーなので、それだけが救いです。
しかし、この先冬、どうしよう・・・。
コタツ敷きそろそろ敷きたいんですが、先日敷いた途端にジャンニの鼻血で洗濯行きだったので。
少々底冷えしだしてます。
が、まだ我慢しています。
が、そろそろ敷きたい。。。寒がりなもんで(T-T)

で話し戻すと、この掃除&トリミング作業に3時間はかかるわけです。

その後、クタクタの体故、再度寝に入ったんですが。
今度はジャンニのおトイレタイムだったり。
それがおそそで、スキッキがその上をいざっちゃったり。
スキッキが再度下痢して、お尻洗って乾かしてを繰り返したり。
結局、11時まで眠れず(--)

勿論食事を作るのも、流動食は煮込んで潰して時間がかかるし。
何より食べさせるのも時間がかかるので、これだけで1時間。
食事は1日2回あるから、計2時間。
もうこれだけで5時間、その他にも定期的におしっこさせたり。
オムツ作りも、10枚作るのに2時間かかるので、まとめてTVみながら出来る時に一気に作るのですが、その日はもうオムツ作りで終了って感じ。

更にこの1週間、夜になると鼻血を出すジャンニのお世話が加わって。
犬の鼻血は人間みたいにティッシュ詰めて止めるわけにいかないので、自然と止まる迄診てないとダメなんです。
くしゃみの度にそこいらじゅうに飛び散るし、それがしかも結構な量で・・・。
それをアルコールで雑巾がけ掃除しながら、ティッシュで時々鼻をかませたりして、鼻血を拭き取って。
止まる迄2時間以上かかるんです。
もうこれは、歯ぐきか鼻腔に腫瘍が出来ているそうで、高齢なので手術も出来ないし。
毎日出ても大抵夜中、一回の鼻血は数時間で止まるので、翌日病院に連れて行っても何も特にできる状態ではなく。
よっぽどの状態、例えば貧血とか数時間たっても止まらないとか、それぐらいにならないと、先生も困った感じでして。
家で止まる迄見守るしか出来ない、悲しい現実。

と、こんな生活なので、私の時間はワンコが寝てる間だけ。

しかしその時間を私の睡眠にまわすと、なぜか落ち着いて寝てくれない。
ワンコが寝ているからと、お風呂に入ると30分で騒ぎだす。
ヘタするとおそその嵐で、私は折角綺麗になった体で床掃除・・・。
自分の食事も、落ち着いて食べる事が出来ないので、最近お菓子やインスタントばかり。

元々朝が弱い体質なので、そんな細切れ1時間づつの睡眠では、勿論昼間は使い物にならず、起きてワンコの世話するだけで精一杯。
頭も働かず、買い物すら出る気力がない。
それでも頑張って、夜な夜な少しづつ作業をしてるのですが。
クタクタ&夜中、思考も集中力も目も利かない状態での作業は、間違っては作り直しの繰り返し。

でもやっと、先日、個展で発表する新作の下ごしらえが数点だけできた!!(泣)
その下ごしらえが、上手く完成に導けるかどうかは・・・、まだわからないんですが(苦笑)
新作は思いのほか材料費がかかる作りになってしまったので、資金面も色々考慮せねばなもんで・・・。
どう仕上げるかまだ未定での制作途中。

でもって、今この仕事が出来ていなくて稼ぎの無い状態にもかかわらず、流動食づくりに本気でハンドミキサーが欲しいと思っている次第(苦笑)
材料費に充てるか?
ハンドミキサーを買うか?
ハンドミキサー、前々から欲しいと思ってはいたけれど・・・。
イヤ!そこは材料費だろう!
と、作家うひゃこと個人知子が、押問答中(苦笑)

私の体力は、もうとうに限界を超えておる~(泣)
ここまで気力で頑張ってきていたが、まだまだ足りん!!
もう一踏ん張り気力が欲しい~!

誰に感謝されるでもなく、これが当たり前になってきているワンコのお世話。
いくら母の犬を保護したとはいえ、元々うちで産まれて、目も開かぬベビーの頃に、夜泣きするこの子達に母犬と交代で私が粉ミルクを飲ませて育てた、我が子のような子達。
離れて暮らすうちに、私はよその人で預かった当初全く懐いてくれなかったけれど。
そんなワンコ達が、今ではすっかり懐いて、私に甘えて、言葉も理解してくれて。
そんな変化が唯一のご褒美と、日々頑張っている。

でも、この努力を実際に目にして毎日見ている人はいない。
だから大変さを分かって欲しい、わかって欲しくて、ブログに書いてしまいます。
こうして書くと、同じ経験をしてきた方々が励ましの言葉をくれる事もあります。
「私も経験してきたからわかるわ~」その言葉がどれだけ救いになるか。
他にも頑張っている人が居るんだ!と励みになるか。

私のこんな愚痴日記も、誰かのそんな励みになったらいいなぁ。
関連記事

category: 心と体

tb: 0   cm: 0

ワンコその後  

スキッキ、ササミとお米の特別ご飯を飽きてしまったのか?あまり食べてくれず。
ジャンニ、スキッキの特別ご飯残しを狙って、自分のドックフード&パウチご飯をあまり食べてくれない。
だもんで、入れ替えたら・・・。

スキッキ、味変に気持ちが動いたか!!(笑)
一回だけだけど、ドックフード&パウチご飯を食べた。
便は相変わらずゆるめ。
但し、ドックフードの時とグラム的には変わらない量を食べていた時でも、出す量が10分の1。
ドックフードはよほど量増しな物が入っているんだろうか?
但し、やはり食べないよりはと味変で食べさせたドックフードの後、オムツ脱ぎの撒き散らしをされてしまった・・・。
ササミご飯の時は、オムツを脱ぐ事全くしなかったんだけどなぁ。
便意をもよおしてなかったって事だろうな。

で、ジャンニの方はと言うと、そりゃーもう、一瞬でササミご飯を完食!(笑)
と言うか、盗み食いに近い勢いで、このチャンスを逃してなるものか!!!!って感じ。
しかし、ササミを食べさせると興奮するのか?
その後、夜中に大量鼻血を出す・・・。
しかし、パウチの中身もほぼササミなので、茹でささ身と成分的には同じはず?
旨いという興奮剤が、刺激強すぎるみたい。

しかしそれほどジャンニが興奮する旨いご飯を、スキッキは食べてくれない。
今日は、流動食の様にドロドロに煮込んで混ぜて潰して与えてみた。
が、やはり少し食べるだけ。
勿論残りは、ジャンニのお腹に。
落ち着いてゆっくり食べさせる。

狂犬病の注射も春に病院で老犬だから見送りと打たなかった。
それをそのままほっといてしまったら、役所から注射登録催促の書類が届いてしまったので、先日電話で状態説明、今後は免除になる事に。
もう長くないと思うという私の言葉に、担当者さんの「ではまた何かありましたらご連絡ください」という気遣いの言葉が、お役所仕事ではない感じがしてとても感じが良かった。
「何かありましたら連絡」とは、「死亡したら登録抹消の手続きを」って事なんだけど、そう言わない優しさ、有り難い。

2匹とも白髪が急に増えた感じがする。
もう覚悟はしているが、最後はきちんと看取りたい。
次の出展までまだ1週間あるが、それは持ちこたえられるだろう。
もしかしたら、今年いっぱいがんばれるかも?
でも、いつ何が起こるかわからない。
また会期中に何かが起きない事を祈るばかり。
関連記事

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

覚悟の日々  

ワンコの体調が2匹とも思わしくありません。

下半身不随のスキッキは、先月からずっと下痢が止まらずでしたが、少し良くなり食欲もあり一応元気だったので、急遽決まった所沢の催事を引き受ける事にしました。
しかし、所沢西武出展中、またも下痢が酷くなり、オムツにべっとり下痢をしてるので、毎朝晩シャワーをしないとダメな状態でした。
そして会期中盤の朝、突然一時危篤状態に。

その日は遅番だったのですが、15分程到着が遅くなってしまいました。
もしかしたら会期中に亡くなってしまうかもしれないと、まずはお隣の出展者さんに事情を話した所、次の日早番だった私を気遣って下さり、遅番早番を交代してくださったり、ご心配とご迷惑をおかけしてしまいました。
他の出展者さんには落ち着いたら話そうと思い、お隣さんには大事にしないでとお願いしてその日は終わり。
翌日、なんとか山を越えたようだったので、別のお一人に報告。
更に同じダックスを飼っていた経験のある方には、自分の事の様に心配してしまうかもしれないと思いもう少し安定してから話そうと、最終日、もう大丈夫そうだ、となってからご報告をして、皆様にご心配をおかけした事を謝りました。

危篤状態の朝、前の晩とその日の朝、いつものご飯を食べなかったので、下痢が止まらないから食べたくないのかも?と無理に食べさせなかったんです。
で、そろそろ出勤の時間だったので、ゲージに入れようと抱きかかえると・・・。

首がグッタリ後ろにそれてしまって、右目が全く開かず、左目も少ししか開かず焦点が全く合っていない。
完全に意識朦朧な状態で、この子の妹のピンパが亡くなった時と全く同じ状態でした。

慌てて、「しっかりしてー!!死なないでー!!起きてー!!」と声をかけ続け、体をさすり、心臓マッサージをし、数分が立った時、少し首が持ち上がったんです。
そこで、何か食べてくれれば、今日を乗り越えられるかも?!と思い。
茹でささ身を口元に運んだところ、食べてくれた!
そこで大急ぎで、カリカリフードをふやかした物は一切入れず、ササミとパウチフードのみの贅沢御飯を作り、時間はかかりましたが何とか食べてくれたので、出勤出来ました。

売り場では、1日明るく過ごしましたが、内心心配で心配で、帰宅後鳴く事もしないスキッキを抱きかかえ見ると、開かない右目に膿がべっとり、左目も変わらす焦点の合わない明後日の方を向いたままで、眼球が全く動かない。
その晩から、朝晩毎日ホウ酸水で目を洗い、膿をふき取り、人間用ではありますが母が眼科で処方してもらっていた生理食塩水系の目薬と白内障治療の目薬をさす看病を続けた所。
今日、薄っすら開いていた左目は、すっかり綺麗に焦点も合うようになり。
全くあかなかった右目も少しだけあくようになり、膿も少なくなり、大分回復し、少し胸をなでおろしました。

過去に看取ってきたワンコ達の事を振り返ると、ワンコも人間と同じで、危篤状態を繰り返し最後の時を迎えます。
もう間もなくなのでしょう。
最後の時を、苦しみのない幸せな時間で過ごして貰えたらと、食事はそれからずっと贅沢御飯です。
お陰で食欲が出てきて、パウチとササミだけでは足りなそうなので、昨日から御飯も混ぜて完食しています。

ドライフードが消化できなかったのか?アレルギーだったのか?
丁度昨晩、TVでドライフードのグルテンアレルギーの話を見たので、もっと早く気付くべきだったと反省。
お陰で下痢も止まり、ちょっと体重も戻るかも?
まだ右目が完治していないですが、とりあえずあと少し頑張ってくれそうです(^^)

と安心してきたのもつかの間、昨日目覚めると、床中血だらけ・・・。
眼球摘出しているジャンニ君の方が、鼻血と吐血で、バケツと雑巾で拭かないと取れないほどの出血量。
しかし、そんな出血をしているにもかかわらず、まるで獣が狩りをした獲物をむさぼっている時の様に、口の周りを血だらけにして、ケロッと何事もなかったかのように過ごしているんです。
今朝も、口から血の塊が出て、でも平気な様子。

この子は母犬と体質が似ています。
母犬のクレアも、亡くなる数か月前から吐血するようになりました。
老犬なので、苦痛を与え検査をし原因が突き止められたところで、何も治療が出来ないのが現状です。
無駄に注射をしたりは病院でも進められません。
今回でもう3・4回目の吐血、少ない量を数に入れたらもっとです。
でも、本人がケロッとしているので、とりあえず食欲もあるし、ゆっくり寝かせて様子を見ていますが、この子もこれを繰り返し最後の時を迎えるのでしょう。

動物好きの我が家。
私が幼い時から、様々な動物を飼い看取ってきました。
最後をどう迎えるか、勿論亡くなる子達もそうですが、残された家族が後悔しない様にその日を迎える事はとても大事です。
私の年齢から言って、犬を飼うのはもうこれが最後となるでしょう。
人間の平均寿命を考えれば、私は今46なのでまだまだ行けそうですが、何が起こるか分からない年齢にはなりました。
なので、、、この子達の最後の時を、後悔なく過ごせるよう、苦しまず穏やかに最後を迎えさせてあげられる様、少しでも尽くしたいと思います。

こうして、山を越え頑張り、覚悟の日々を、私に与えてくれているこの子達の愛情を、しっかりと受け止めながら。

来週出展の話が来ましたが、こんな事情でお断りしました。
取りあえず次の出展は、今月末の東松山丸広クラフト展です。
個展のDM校正の為の作品もまだ完成していないので、急がねば・・・。
家に居て、ワンコの世話をしながら頑張りたいと思います。
関連記事

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0