AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

台風に備えて  

以前、川が氾濫して床下浸水に合った時は、我が家にTVがなく、台風が来ている事すら知らなかった。
雨が降り出し、気持ち心配しながら様子を見ていると、あっという間に水が上がって、右往左往したのを覚えている。
その時は1時間に50ミリの雨だった。
つまりそのレベルで、我が家はまた浸水する可能性があるという事。
そののち我が家はTVを付けた。
それからは、台風が近づく度、緊張が走る。

災害後すぐ、市は川底の土を取り除いてくれた。
水の許容量が大分増えた。
が、数年して徐々に、また土や石が溜まった。
そろそろ怖いなぁと思っていた今年の夏頃、再度役所が川底をならしてくれた。
でも、その後の雨で水かさが増す度、どこから来るのかまた土や石ころが溜まって、今はすっかり戻通り・・・。
役所はまさか、数か月で元に戻ってるとは思っていないだろうなぁ。

今は、TVをつけっぱなし、情報とにらめっこ。
どこもかしこも、「対策を!」と流れてくる。
今日は予報では雨は降らないはずだった気がするのだけど?
昨夜、日をまたいだ途端からずっと雨。
小雨になったり止んだりしながら、今も降っている。
明日は大雨暴風警報、どれだけ降るのか?
今日地味に降った分の水嵩もあるので、明日の雨に耐える川の容量が減っている。

お願いだから降らないで!
この小雨ぐらいのまま、今晩中に、台風が急に東に進路変更して、太平洋に向かって行って欲しい。

でも祈るだけではダメなので、対策もせねば!
床下の通気口は、数か月前の台風の時に土のうで塞いだっきり動かしていない。
で、ちょっと隙間が見えるんだけど、カチコチで動かせないので、仕方がないけどそのまま。
水は小さな隙間があったら入ってくるけど、無いよりはましなはず。

と、数年前の災害がトラウマで、その時に貰って来た土のうをずっと庭に置いている。
その残りを使って、外開きの玄関が開くように、桐の板と土のうで堤防を作る。
が、土のうが少ないのでちょっとグラグラ。
今回は風も強いとの情報、板が風で飛ばされたら大変!
という訳で、土のうをプラスして貰ってきて、しっかり固定。
果してこれで防げるのか?、は不明だけども・・・。

穴の開いた雨水桝の蓋、敷地内の汚水用の小さなマンホール、浄化槽の蓋、等、水が上がりそうなところにも全て重しを。
土のうやブロック、庭用のコンクリの洗面台にゴムパテの塊を使って。

前の災害の時、浴槽の栓を抜いていた為、下水が上がってきてしまって大変だった。
その経験から、湯船にはなみなみと水を張り、下水が上がるのを防ぐと同時に水の確保。
風呂場、洗面、台所の排水溝、トイレには、水嚢を乗せて防ぐ。

万が一の停電に備え、懐中電灯とロウソクも用意。
水は出来るだけ汲み置きして。
我が家はプロパンなので、停電してもガスは使えるはず。
なので、水さえ何とか確保できればご飯も炊ける!と、万一に備え土鍋を洗って。
と言っても、食べ物は買う暇がなかったので、まぁある物で過ごせるでしょう。

風対策もしっかりしないと!
庭に出てる、椅子や空の植木鉢、ジョウロ等々玄関に仕舞い。
土の入ってる植木鉢は椿の木の根元に移動し、椿の木に紐で括り付け固定。
自転車を玄関わきの柱に紐で固定。
ベランダの物干しざおを下して、ベランダの柵に両サイド紐で固定。

あとは、雨戸のない窓の対策を、するか否か。
シートだなんだ買いそびれたので、段ボールとガムテでしか方法はないんだけども。
その窓側の近隣宅に植木鉢が沢山あるので、本当に風が強かったらした方がいいかもな。

取りあえず、外に出てしなくてはいけないことは全て完了。
中も、窓だけになったので、明日を無事過ごせます様に。
結果、対策する必要なかったね~、って言えるぐらいだと良いんだけど。

地域によっては、今まさに大変な所もある事と思います。
明日、明後日と、皆様無事に過ごせます様に。
関連記事
スポンサーサイト



category: その他

tb: 0   cm: 0