AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

洗濯機が直った!  

以前ワンコの日記の中で、洗濯機の排水が出来なくなって調子が悪いと書きました。
ワンコの洗濯物を消毒するのに、食器用漂白剤で消毒しているせいで回路がおかしくなったのかも?と。
脱水の際、一気に排水できず、途中でピーピーエラー音が鳴り止まり、蓋を開け閉めすると再度動き出す。
しかし、それでも排水が全てされず、それを数回繰り返しながら、やっと脱水が始まる。
そんな状態の洗濯機を、まだ完全に壊れていないから勿体ない・・・と、粘って使っていました。
完全に壊れたら大変だから壊れる前に買い替えなさい、と兄が幾らかカンパしてくれたにも拘らず。

で、ふと、もしかしてまだ保証期間内なのでは?と、保証書を確認。
メーカー保証は1年でしたが、電気屋の会員保証で6年保証を付けていた!
しかし残念!!
その期限は、今年の9月1日・・・。
いや、購入日は21日なんですけどね、何故か保証書には1日と、その月に買った物は月末でも月初めで保証を付ける契約なんでしょうね~。
しかし、問題はそこではなく、あぁ~こう言う物ってそう言う物よねって。
壊れだしたのは確か10月頃・・・。
うん、保証が切れると家電は壊れる、そう言う物だよね~って。

でもそれでもあきらめきれない私は、保証書を仕舞っておいた説明書に目を通しました。

え~っと、エラー、エラー・・・。

すると、排水出来ないエラーの説明が。
191211洗濯機説明書
■排水ホース、排水口を確認してください。
・倒してありますか。
・つぶれていませんか
・先端が水に浸かっていませんか。
・途中が10cmより高くなっていませんか→10cm以下にして下さい。
・延長ホースが3mより長くなっていませんか。
・細いホースを使っていませんか。
・凍結していませんか。
・排水口に糸くずが溜まっていませんか。→糸くずを取り除いて、別売りの糸くずボックスをご使用ください。
これらは、蓋の開け閉めより運転が再開します、とある。

これらの不具合を確認すると。
先端が水に浸かっている、と、糸くずの詰まり、これは排水口を確認しないとわからない。
逆にそれ以外は問題がなかった。

という訳で、初、排水口を開けてみました。

我が家は防水パンなどがなく、板の間に直接穴が開いていて、ステンレスの排水口が埋め込まれている状態。
そのステンレスの排水口をよく見ると、ユルム、シマル、の文字が!
これを緩めれば開くのね!
で、緩めて外すと、排水ホースの先っぽが、排水口から抜けた!

で、中を見ると・・・。
まぁ見事な詰まり。
汚いので写真は自粛。

割りばしで糸くずを引っ張り出そうとしても、少しずつしか取れず。
排水口の中は、排水溝に沿って一段下がった所に色の違うプラスチック製の筒がはめてあり、その筒の上部には1cm程の幅の開いた溝が、ぐるりと数個あり、その溝と排水溝との間に少し隙間がある構造で、その隙間に糸くずが絡みついていて、なかなか取れない状態だった。

まさにエラーの原因は、ここ!
でもって更に、その溝の隙間の所まで、水も溜まっている始末。
これをどうにかとらねば・・・。
で、糸くずと格闘しながら、ふと思う。

排水溝に水が溜まってるって事は、完全に詰まってるって事なのか?
でも、溢れてくる事は無く、一応流れる・・・?
って事は、排水溝自体は詰まっていないって事だよな?
え?ここ、どうなってるの・・・?

ヘドロのような物が取れるのだろうかと、恐る恐る、割りばしで奥を突いてみた。

ん?底がある!
もしかして、この絡みついてる周りの部分は、外せるのでは?

手で、中のプラスチック部分を引っ張り上げてみるが、なかなか抜けない。
ねじりながら持ち上げると、むにゅ~って感触で、それは外せた!!

それは、カップ状になっていて、上部に、あの見えていた1cm程の幅の隙間がある形をしていた。

これに水が溜まってたんか!

ん?でもこれ、何のために付いてるんだろう?
虫避けや匂いを防ぐ為なら、風呂場や台所の排水溝みたいに、水が溜まった事で蓋をする作りでなければならない。
しかしこれは、流れてくる水が溜まるけど、コップ状の構造で、上部に排水溝との隙間があり水がそこから溢れ流れる仕組み。
って事は、匂いや虫避けにはなりそうもない。
糸くずが排水溝に流れるのを少しでも防ぐ役目があるんだろうか?
だから今回詰まった?
でもこんな作りで、排水溝の詰まりは大丈夫なんだろうか?
ん~、大掃除だし、排水溝の詰まり掃除の洗剤でも使ってみた方が良いのだろうか・・・?

しかし、長年独り暮らしをしていて、こんな場所の糸くず詰まりは初めて経験しました。
洗濯機のフィルターでは、糸くずは取り切れていないって事なのかぁ。
今までは、取り切れない糸くずをそのまま排水しても、問題がない排水溝の構造だったって事かな?
それとも、今までの洗濯機は、昔ながらの上部に袋状のフィルターが付いてるのだったけど、今の洗濯機は洗濯槽の面に取り付けるプラスチック製のフィルターだから、糸くず回収率が低いんだろうか?

ん~、なんか疑問だらけ。

まぁ、何はともあれ、とりあえず洗濯機が直ったんで、良かった良かった。
お金使わずに済んだし、兄に返さなきゃ(笑)

こんな小さな事でも、ストレスって相当たまるんだなぁって、スムーズに全自動で終わってくれる事の喜びをかみしめております(笑)
関連記事
スポンサーサイト



category: その他

tb: 0   cm: 2