AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

人生初?母の手作り、最高のプレゼント♪&台風接近の恐怖(><)  

昨日は兄と母のお見舞いに行ってきました。
病院に行く前に、次の転院先の打ち合わせもかねてランチしながら。
只今金欠極貧状態の私(^^;)
そこは頼りがいのある兄のおごりで(笑)

先日、2回目の主治医とケアワーカーさんとの打ち合わせがあったのですが、私はクラフト展出展中だったので行けず、兄にお任せし、その時そろそろ次の転院先を探すようにと言われたとの事で。
病院のリストだけ渡され、費用面はもちろん、空き状況や見学、申し込みなど、全て自分たちで調べなければならないとの事で・・・。
最初の病院から今の病院に移る時は、地域が違うにも拘らず、病院とのスケジュール調整などケアワーカーさんが全てしてくれていたので、かなり親身になってくれていたんだなぁと、ご本人にはお伝え出来ませんが、改めて兄妹で感謝。

でもって、私も少しでも兄の力になれればと、頂いたリストをファクスして貰い、ネットで検索色々調べ、気になるところや参考資料をプリントし、兄に渡しました。
お互い昭和の人間、「やっぱり、紙媒体にしてメモやら書き込みしながら見比べないと、ネットだけ見ててもわからないよね~」と(笑)

兄は、病院とのやり取り、役所関連、母のお金の管理、その中で工面しながら病院費や母の税金やら公共料金等の支払等々、主に事務方メイン。
私は、主にワンコの世話、そして母の気持ちの面のサポートや女性目線での病院選び、細かな気遣いサポートメイン(笑)
そして時々二人で母の家に行き、帰ってこられた時の為に少しずつ部屋の整理整頓と掃除、郵便物の受け取り等、兄の車でバビューンと日帰り仕事をし(笑)

こうして兄妹で分担し、協力しながら出来ているので、お互い大変ではありますが、一人だったらと思うと、いや、一人でこれらをこなす人もいるわけで、そう思うと、その人達は本当に凄いな!って。
私がもし一人っ子だったら、もしくは兄弟姉妹が居ても連絡取れない人達だったら、これ無理だったかもな・・・と。
兄が居る事にも感謝。

そして何より、母が寝たきりや、呼吸だけしてるような状態ではなく、歩けるし食べれるし話せるし。
たまに脳の損傷のせいなのか?情緒が不安定な事もありますが、ほぼ普通に意思の疎通が出来る状態であることが、本当に不幸中の幸いで。
救急車で運ばれる時に血流が戻った事で、血栓が散らばり、あちこちに小さな損傷があるそうなのですが、でもそのお陰で、大規模に脳が損傷しなかったからこそ、今の状態があるわけで。
これって本当に感謝すべき奇跡だなと、日ごとにその思いが強くなり。
もしかしたら母が望む、自宅に帰って通院でリハビリする事も出来るかも?と。
初めは全くそれは無理だろうと思っていたのですが、もしかしたらと、期待をしてしまう自分が居ます。

で、その母が、もしかしたら私の人生で初かも知れない?母の手作りのプレゼントをくれました!
私の誕生日プレゼントなんだと(*^^*)
180807 ママの手作り 私の誕生日プレゼント
不器用な人で、若い頃から物を作る習慣が無い人で、学校に提出する雑巾ですら、父が縫ううか(^^;)金物屋さんで購入していましたし(笑)
料理上手で喫茶店もやっていたので、プリンとかハンバーグとかカレーとか、その他食事は完全プロの味で育ちましたが、誕生日ケーキも買うのが当たり前だったし。
お稽古バックなんかは、刺繍の先生をしていた母の妹に作ってもらっていましたし(笑)
これまた素晴らしい作品で、小学生が持つには勿体ないぐらい可愛い仕上がりで(^^)

折り鶴一つ、面倒くさがって作らなかった(^^;)
そんな母が、左側の空間無視の後遺症が残る、老眼で細かいものが見えない、原因不明の指の関節炎で細かい仕事が苦手な母が。
3週間かけて作ってくれた!
私への誕生日プレゼント♪

本人の前では、この爆発しそうに嬉しい感情を表に出したら、泣きそうだったので。
普通に穏やかに喜んで、頑張ったね~と頭ポンポンしてふざけたりして(^^;)
「沢山作ってイベントで売れるよ~500円ぐらいかな?(笑)」
「それじゃ、材料費にもならないわよ~」
「手作りってそんな物よ」
等とちょっと手厳しい事を言ったりして。
今思うと、この言葉は可哀想だったなぁと反省。
ん~未だ時々、いまいち家族には素直にになれない私が居る(--;)

その後夕食の時間になり、患者さん皆さんと一緒の食卓で食べるので、私も付き添いして見ていると、同じ食卓の方が。
「お嬢さんにプレゼント渡した?」と(^^)
母が渡したと言って、私がそれを見せ
「不器用な人なのに頑張ったようで」と話すと。
「娘さんにあげるんだって、ずっと頑張ってたのよ~。リボンは?リボンも渡すんでしょ!」って、母が忘れていた折り紙のリボンを思い出させてくれて(^^)
母も「私すごい集中力だったんだから!(笑)」と、自慢げにニコニコ話して(^^)

患者さん同士のコミュニケーションも上手く取れているみたいで、人懐っこくすぐ友達になってしまう明るい母の一面も戻って来たなと(笑)
でも、昼食後は何故か、寂しい寂しい病になるらしく、お見舞いに行くといつも顔にタオル掛けて、泣いてるうちに眠った感じでよこになってるんですけどね。
私も子供の頃入院してたことがあるので、その気持ちはわかります。
家で一人でいるのと、入院して一見周りに人がいて楽しそうでも孤独なのと、後者の方が孤独感が強く寂しくなるんですよね(;-;)

とにかく、頑張って作ってくれたこのプレゼントは、母の愛がいっぱいで。
私にとって、どんな高価なプレゼントより、一番の宝物になりました♪

また色が、私のイメージなんだってさぁ~(^^)
そう言えば、帯揚げや帯締め草履など、母が選ぶ私の着物の小物は、何かとこういう色を選んでいたなぁって(笑)
「この紐が欲しいって言って、この紐で作りたいって言って、この紐が綺麗でしょ!」って何度も言っていたので。
与えられた材料の中からこの紐を確保するのが、何気に必死だったのかもなぁって、それぐらい私のイメージだって思たのかなぁって(笑)

なんかそう言うのも、わかるんですよね。
専門学校の頃、廃棄予定だからと無料で使える革とか生地とか時々先生が出してきて、我先にと皆自分の好みの物を探し、早い物順でゲットするんですが、母にプレゼントする靴を作るとき、イメージにピッタリの材料があって、留学生と同時に取って、余りに私が真剣だったので、彼が譲ってくれた思い出が(^^;)
そんな感じだったんだろうなって(笑)

でもって明日明後日、なんだか嫌な感じの進路で台風が接近中ですが。
明日は父の手術後の検体検査結果が出るので、その結果を聞くのに待ち合わせ、父と母の見舞いに行く予定。
父の方も結果が良いといいなぁ。
母のプレゼントも持って行って、見せなきゃですね♪
でもって、時間が経って落ち着いたから、この気持ちをもう一回、母に素直に伝えなきゃ(^^)

更にでもって、明日の朝は早起きして、台風対策・・・その前に庭の草刈りしないと縁の下の通気口にたどり着けないから・・・、草刈り&通気口塞いで土のう積んで、板出して・・・。
2年前我が家に床下浸水をもたらした台風9号と似てるって、ニュースでやってたので。
当時はTVが無く台風情報を知らなかった私。
明日は絶対やらなくちゃ。
何かが起こってからでは遅い(><)

と言う訳で、展示が終わり家の片付け主にワンコ周りの片付けをしていたら、2、3日前にプチぎっくりになり、やっとこさ片付けを終え(^^;)昨日はそんな感じで。
今日はこんな涼しかったのに疲れがどっと出て、耳の聞こえもまたおかしくなってしまい、何も出来ず横になっていた、ダメダメな私なのでした(--;)

明日から気合い入れて、また頑張らねば~!!
関連記事
スポンサーサイト

category: 家族

tb: 0   cm: 2

コメント

素敵な 誕生日プレゼントだね

ピンクの小物入れを見て
お母様が選んでくれた、ピンクのドレスの話を思い出しました

親心だね

URL | ひだまりの森 #-
2018/08/10 16:59 | edit

Re: 素敵な 誕生日プレゼントだね

ひだまりの森さん

アハハハ!そうだね!
ピンクのドレス♪
私はピンクのイメージなのかぁ(笑)
そう言えば、ペアルックも良くさせられたんだけど、母はブルーや黄色系が多く、私はピンクが多かった(笑)
親心なんだね(^^)

URL | Uhyako #-
2018/08/10 19:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieruhyako.blog.fc2.com/tb.php/1164-9dfa919e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)