AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

思った事をつらつらと  

暑さと時間と体力のなさで放置した我が家の狭いジャングル庭(苦笑)
ブラックベリーが嘘のように生い茂っているので、時々フェンスに絡ませたりだけする。
そしたら、可愛いアマガエルが葉に乗っかっていた♪
反対側の塀の裏には、枯れ木や枯葉、掃き掃除で出た土や気まぐれでむしった草などを置く。
そこには、大好きカナヘビが、スルスルっとかくれんぼ♪
こんだけ草ボーボーなのに、虫の気配が少ないのは、この子達のお陰かしら?
爬虫類好きの私としては、これはもう草を刈ってしまわぬ方が、嬉しい庭だったりする(笑)

人生、様々な生き方があるだろう。
そのほんの一部を、例えに出すならば。

人のせいにして過去を引きずり生きるのも。
自分のせいにして過去を引きずり生きるのも。
どちらもやめて、そのお陰で今があると、今の自分を生きるのも。

結局その人の生き方次第。
選んでいるのだ、自分の人生を自分で。

この3つ、前2つはマイナスで最後の1個がプラスな思考か?
そうとも言い切れないかもしれない。
前2つが前向きな力になり、最後の1つがダメな生き方になってしまう人もいるかも知れない。
それを決めるのはやはり自分。
その人にとって、どれが一番正しいかなんて、人にはわからないのだ。

ただ世の中、枠にはめ込み皆と同じが正しいと、平均点が良いとされることはある。
でもこの平均点、いわゆる普通ってやつは、世界一難しい。
それだけ、人はそれぞれ、何かしらを抱え生きている。

人は皆平等に、悩みや苦しみがあり、喜びや発見がある。
それらは人により価値が違う。
ある人のそれは、ある人から見たら大した事が無いかもしれない。
ある人のそれは、ある人から見たら物凄い事かもしれない。
だから、同じ価値観を持つものは分かり合え、価値観の違う物はすれ違うかもしれない。
どちらも、同じ喜怒哀楽に囲まれて生きているのは、変わりないのに。
その人の中で激しく揺れ動きながら、各々、抗い諦め受け入れ解き放ち、様々に交わしながら生きている。
ただ言えるのは、違いも同調もそれすら、今の自分を作る糧。
無駄なことなど一つもない。

どやって生きるのが、一番自分らしいのか?
それを決めるのも、他でもない自分。
しかし、自分らしい生き方が正しいか?
それを判断するのも自分。
正しくないかもしれない、そもそも必要ないかもしれない。
全てあてがえられて、はたまた、全く何もされず、それらに従うのも抗うのも、共に自分の意志。
誰に強いられてもいない、逆に強いられ続けているかもしれない。
それでも最後は自分の意志で生きている。

誰にでも過去はある。
それが普通か否かは、その人生を見聞きした他人が判断をする。
苦労をしてきたと感じる人もいれば、生ぬるいと思う人もいるだろう。
自分がその判断をするのが良い人も、拘ったがゆえに過去に囚われてしまう人もいるだろう。

以前の私は、過去に囚われていた。
しかし、いつからだっただろうか?
そんな事、どうでもよくなった(笑)
そして、人にどうみられるかも気にしない人になった。
それが良く言われる、私の強さなのかもしれない。

あっでも、人に関心が無くなったわけではないですよ~。
むしろ昔より興味がある(笑)
馬鹿にされてるとか、嫌われてるとか、マイナスアンテナは相変わらず敏感ですし(^^;)
でも、それが分かった時の自分の気持ちが違う。
以前は、なんで嫌われたんだろう?何か嫌なことしちゃったかな?と見えない過去に囚われていた。
でも今は、残念私みたいなタイプが嫌いなんだなぁ、ならあまり近づかずそっとしておいてあげよう、こちらが嫌いじゃなければそれでいいわっ、と自分優位で考えられるようになった。

私の場合、負の感情は身体の疲れを生む。
なので相手が発するそれは私にはどうしようもないので、せめて私だけでも負の感情を持たない様にする。

この先残り30年か?40年か?もしかしたら1年無いかも?
寿命の分からぬ人生を、計画立てて生きるのは、ある意味一番面白いギャンブルだと思う(^^)
まぁ、長く見積もっておかないと、お金が無くなるっていうのは最近の保険のコマーシャルも良く訴える事実なんだろうけど(笑)
そこ、切実だけれども、これだって必要な、もしくは欲しい金額は人それぞれ。
1億あっても足りない人もいれば、10万あれば大金の人もいる。
手にした金銭をどう使うかは、そして、それで満ち足りてるか否かを判断するのも、他人ではないその人自身。

だからどんな形にせよ。
選んだ道を後悔せず、無我夢中で乗り越え続ける気持ちを維持し生きるのが、私にとっては快感を与えてくれる人生なのだろうと思う。
その内容が、ある人にしたら生ぬるく、ダラダラした生き方に見えるかも知れないが・・・。
もう一度言う。

間違いなく、人生は自分が選択してきた結果。
それを、人がどう思おうが関係ない。

私は私が思う幸福を求め、達成感とやりがいを感じながら、満足のいく人生を送りたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

category: 心と体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieruhyako.blog.fc2.com/tb.php/1184-795838ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)