AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

ワクチン注射しに行ったら色々話を聞いて頂けた♪  

お天気が安定せずなかなか行けずにいた動物病院。
昨日とても良いお天気だったので、やっとワクチン注射に行ってきました♪
片道徒歩40分の道のりを、トコトコ歩いて・・・るのは私だけで(笑)
ジャンニとスキッキは、勿論キャリー移動です!
だから、完全に1日晴れとなってくれないと、行けなかったのよね~。
181022ジャンニ・スキッキキャリー移動
そしてこの互い違いの乗り方が、ポイント!
一度だけ、信号待ちで正面向けてみたんですが、、何が気にくわないのか?
ジャンニがブチギレ、ビックリしたスキッキもブチギレ、闘犬モード(--;)
一瞬で喧嘩になるので、行きはジャンニが後ろ向き、帰りはスキッキが後ろ向き、と不公平のないように(笑)

2匹ともこの半年でダイエットに成功!
先生が、「こんなペースで痩せられるなんて、相当努力したのね!」と。
「いや、普通に朝晩、適量の食事を与えているだけですけど(^^;)」と私。
「なるほど、普通に正しい食事をしてるだけなのね(笑)15歳になってこの体格は立派だよ!油断したら太るって事でしょ。それは凄い!」
と褒めてくださいました♪

ワクチンは、何種を打っていたのか?メーカーは?と聞かれたんですが、母に確認してなくてわからず。
母犬が被れやすい子だった事、初回だけ多分顔が腫れた事があると伝え。
お散歩も出来ないし、種類が少なければ大丈夫だと思うので、とお願いすると。
アレルギー原因は、メーカーによっても違いがあるらしく。
また、薬の種類ではなく、薬同士を結合させてる物質に被れる子が多いんだとかで。
念の為、注射の前に飲み薬を3種処方されました。

先生が薬をおやつにくるんでくれて、それを2匹とも一気にパクリ!
それを見て先生、「上出来!」と(笑)
本当は、前日に飲む薬だそうで、でもその日に打って欲しかったので。
出来るだけ時間稼ぎして少し様子をみてから、お注射してくれました。
それも、ワン達を誰かに抱えさせたり、抑えさせる事もなく。
お話しながら、さくっとお一人で完了!!!
余りの上手さに、ビックリです!

スキッキの時間稼ぎの間。
「ヘルニアだと思って手術したら違って脳梗塞だったそうです。マッサージしてリハビリしたら、右足が曲がるようになったんです!左脚はまだ突っ張ったままなんですけど。」と報告。
そのうち診察台の上で、うんぴ―プリプリ始まっちゃったスキッキ(笑)
オムツ脱がして便を取る間、お尻を持ち上げると自立する事が少し出来るのを見た先生は。
「おぅおぅ、立てるね。」と(^^)
「そうなんです。これで少し、後ろ足に筋肉が付けば、立てるようになれるかなぁって。」と言う私に、頷いておられました。

また、スキッキのイボが酷くなっているのと、ジャンニの腕の付け根にしこりがあるのを見て頂いた所。
ジャンニのは脂肪腫だろうと。
スキッキの方が癌かもしれないけど、年齢的に手術をするのはリスクが高すぎるとの事でした。
また、「父犬がイボ体質だったので、ジャンニも見えない小さなイボがあちこちあるんです。」と言うと。
「老犬のイボは勲章みたいなものだから。」って(笑)
両方とも細胞検査は出来るけど、癌だった所で何もしてあげられないし、わざわざ痛い思いをさせる必要はないと思い、先生もお勧めされなかったので、見て頂くまでにとどまりました。

ピンパの話も少し聞いてくれて、ジャンニやスキッキがこれだけ元気な所を見ると、高齢で癌が進んだというよりよほどのストレスがあったんではないか?と。
亡くなる数年前に母犬が無くなり、太ももに500円大のハゲが出来、1年治らなかった話などしたら。
親犬が死んでも、亡くなったんだとケロッとしてる子もいる。
その子の性格だから、そんなハゲガできるって事は相当のショックで、それがストレスで癌の引き金になったんだろう。
依存の高い子は、あぁ~死んじゃった(TAT)どうしよう~ってなる。
病気の原因は大半がストレスだから。
など、色々教えてくれました。
あぁ、この先生にもう少し早く出会ってれば・・・。
もっと、ピンパを甘やかしてあげれば良かったなぁ・・・等と、ちょっと後悔が蘇りつつ話を聞いていました。

また、私の後に、下半身麻痺のダックスちゃんが、針治療をしに来ていたので、了解を得て見学させてもらいました。
先生に触られただけで、うっとり眠そうな顔をするワンコ(笑)
針もさしっぱなしではなく、クリクリっと刺激をしたら抜いて、次のツボ、と言った感じ。
ツボを刺されてる間も、またもうっとり、そのうち寝てしまうんではないか?という感じ。
勿論、誰かが抑えつけたりもしていない、飼い主さんがそっを側に居るだけ。
こりゃ、注射もお一人で、痛がらない様にササッと、出来る訳だ!

その子は、最後まで痛がる様子はなく、終了後は気持ちよくなって少しプリプリ排便(笑)
介助してあげると、少し立っている♪
更に、自力で立とうとして、お尻を上げるまでに!
でも、私が見ていたので、いつもよりリラックス効果が薄かったみたいで。
立ってる時間が数秒短いと・・・なんか申し訳ない事をしてしまったかな。

飼い主さんに謝りつつ、1回おいくらぐらいなのかお聞きすると、3千円ぐらいだそうで。
飼い主さん、それは病院に効いた方が?って顔してました(苦笑)
まぁそうですよね。
でも、通わないと意味がない治療だし、高価な治療だったら無理なので、ちょっと病院には聞きづらくって(^^;)
その方は週1ぐらいで通っているそうで、そうなると私には、やっぱりしてあげられる治療じゃないなぁと。

逆にスキッキの診察の時、余り針治療の話にならなかったし、見学した後もお勧めはされなかったんですよね。
もしかしたら、ヘルニアの子にはよく効くけど、脳梗塞だと難しいのかもなぁ。

と言う訳で、私のマッサージ&リハビリでどれぐらい回復できるかわからないけど(^^;)
母の愛を引き継いで、知ちゃんの愛で回復していこう!!
と、心に誓ったのでした(^^)
関連記事
スポンサーサイト

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieruhyako.blog.fc2.com/tb.php/1207-3b3785da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)