AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

やっぱり我慢しても良い事ない  

ここ数日、鎮痛剤を我慢していた。
じわりじわりと襲う痛みは、痛みが増しても気が付きにくい。

お医者さんや看護師さんにはよく
「痛みに鈍い人」
と言われる・・・。
過去何人から言われた事か。

痛みを耐えられるんだから、痛みに強いんじゃないのか?と一度聞いた事がある。
すると。
このレベルの状態だと、普通は相当痛い。
それを痛くないと言うって事は、脳の反応が鈍いから痛みを感じないだけ。
だから痛みに鈍いんだ、と説明され、納得(--;)
なるほど私は、痛みを感じる神経が鈍いって事なのね。

しかし、それは幼いころから片頭痛持ちだったから、いちいち痛がって生活してられなかったから、体が慣れたのかも?
ある意味、本能?
脳の検査をした事もあったが、異常はなし。
だがその後も時々、泣いてしまう程の痛みを感じる事もあった。

10代まではひたすら我慢。
親が薬を飲ませたがらない人だったので。
成人後、余りの痛みに自分で鎮痛剤を購入した。
友達が効くよと教えてくれたのだ。
痛みを我慢してるとかありえない!って笑いながら(苦笑)
そしたら・・・。

今までの我慢は何だったんだ!!!!!

世界が変わった気がした。
目の前が明るくなった。
視野も広く感じた。
頭もさえて、思考も前向きに。
余りに効くのでちょっと怖かったぐらい。

しかし長年の習慣はそう変わらない。
それからも、基本は我慢。
泣きたくなるほど痛くなって、周りに迷惑かけるぐらい機嫌が悪くなって、初めて飲む。
周りからしたらいい迷惑だ(苦笑)

30過ぎたぐらいから、痛みが来る予兆が判るようになった。
そこで、予兆を感じたら飲むようにしてみた。
それに流石に、痛くて機嫌が悪くなるって、大人としてどうなの?と思い始めたのもあった。
それは、接客や人づきあいで効果を大いに発揮した。

だから今でも鎮痛剤は手放せない。
でも、長く使うのは流石に体に悪い。
で、ちょっと我慢してたんだけど・・・。

さっき、飲んだ。

やっぱり我慢してても良い事ない。
こんな夜中に、頭さえてどうすんの?って感じだけど(^^;)
体軽くなって動けてどうすんの?って感じだけど(^^;)

薬に頼り過ぎるのはいけないけど。
痛い時は飲んだ方が、心の安定につながるわ(笑)

関連記事
スポンサーサイト

category: 心と体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieruhyako.blog.fc2.com/tb.php/1274-ef1e81b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)