AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

食日記続き  

母との生活中の食日記。
5月は洋食が多かったような気がします。
写真に撮ってないですが、まぐろの山かけとかもした記憶が、うっすら・・・?あれ?これは4月だったかな?
私の記憶はそんなもんです(笑)

これは、残り物のパスタをオムレツにするイタリアの家庭料理だそうで、ちゃんとした名前があるんですが・・・忘れました(^^;)
190502パスタオムレツ
以前イタリア料理店で食べて以来好きで、時々作ります。
いたって簡単、トマトケチャップ味のパスタを作って、卵をまわしかけオムレツにするだけ♪
具沢山でも、具少なめでも、美味しいです(^^)
母にも大好評で、リピートして作ったほどです♪

母がししゃもが好きで食べたいと言うので、何回か焼いたのですが。
そのうち1回は、そのまま食べるのがつまらなくて、パンサラダのトッピングにしてみました♪
190503シシャモパンサラダ
私的には、結構イケると思いましたが、母の反応はいまいち・・・?
でも、黙々と食べて完食してたので、美味しかったのかな?
シシャモは普通に焼いて醤油で食べるのが好きだったのかも(^^;)

大分飲んだ後ですが、水分と栄養補給を兼ねて、さっぱりしたものが欲しい時やおやつ代わりに、フルーツゼリー入りの炭酸割りを良く作りました。
190503フルーツゼリー炭酸割り
普通の炭酸水で糖分控え目に作る事が多かったんですが。
ヘルシアが特売だったので使ってみたら、香りが良くて甘さも程よくとても美味しかったので写真に収めた一枚でした。

手造りパウンドケーキ、と言っても甘さ控えめ、母の朝ごはん用です。
って端っこつまみ食いで、私がかじってますけど(笑)
190506パウンドケーキ
勿論、私もおやつで食べたりしたので、何回焼いたか覚えてないぐらい、色々なフルーツで作りました♪
中でも、熟れて柔らかくなったバナナとレーズンの組み合わせが一番おいしかった♪
バナナは熟れてないと全然物足りないので、黒くポツポツしてから使うべきと学びました。

ワンコの世話やなんやらで夜中まで起きてる私が、母の朝食の時間に毎日起きるのは無理だったので、こういったケーキやパン、シリアルなどと、インスタントコーヒーやスープ、カップやお皿を用意して、ポットにお湯を沸かし、毎晩、母の朝食を全て準備してから寝ていました。
母は自分の好きなタイミングで起きて、コーヒーを入れ朝食をつまみ、私が起きてくるまでの間、またウトウト眠っていたようでした。
お腹が空いた~、と叩き起こされないで済んだので、とても助かりました。

母宅から持ち帰った乾物の一つ、春雨、でチャプチェ。
190513チャプチェ
味付けは、豆板醤、コチュジャン、オイスターソース、塩コショウ、ごま油、麺つゆも少し入れたかな?
具は、もやし、人参、玉ねぎ、ピーマン、卵、ひき肉、シメジも入ってたかな?椎茸だったかな?
我ながら、味付け最高!でした(笑)
おつゆは、江川家定番、顆粒だし、おかか、とろろ、麺つゆ、にお湯を注ぐだけの簡単おつゆ。
料理上手なのに何故か殆ど味噌汁を作らなかった母に、汁物が欲しいと言うと良く作ってくれたものです。
母の時代は、麺つゆではなく醤油でしたけどね。
お好みで、塩でもいいし、味噌でも美味しいです。
簡単ですので是非お試しあれ~♪

とんかつをしようと思っていたのがフライになりました~の日(笑)
190514フライの日
いや~凄いボリュームですけど、勿論全部は食べません(笑)
私、フライをする時は、いっぺんに沢山揚げちゃうんです。
残ったら、翌日か、冷凍したり。
っていうか、フライは大好きだから三日続いても大丈夫なので、冷凍はよっぽどじゃないとしませんけど(^^;)
翌日以降も、グリルの弱火でゆっくり温めれば、揚げたてサクサクに戻ります♪
なので、翌日父が来てくれたのでお昼はフライに(^^)
母は、「知子さんのフライ凄く美味しいのよ~」と何故か自慢げ(笑)
父は勿論知ってるのですが、そこには触れずニコニコしながら、「揚げ物食べたかったんだよ~」と嬉しそうに食べてくれました。
これ、何気にソースがポイントなんです♪
ソース、麺つゆ、酢を同量ぐらい、レモンを少し加えます。
シャバシャバのソースでさっぱり、食が進みます♪

豚バラブロックが超お買い得だったので!
普段バラ肉食べないんですが、久々に角煮を作りました。
190516手料理角煮
一緒に煮たのは、平茸とオクラ、豚が出来上がってから、さっと火を通しただけです(^^)
それでも味がしっかりしみてウマウマ♪
2日目もあったのですが、肉に更に味が染みてトロトロで、たまりませんでした♪
父がくれた世田谷食品の味噌汁で(笑)
副菜はさっぱりと、ワカメと茗荷とショウガの和え物、ぬか漬け。

最後は前に出してる写真ですが、母の日のサプライズ料理♪
190512母の日パーティー
当日までお祝いをする事を秘密にして驚かせたつもりが、兄から祝いの電話がないと寂しくて泣きだすと言う・・・。
母のその涙がうれし泣きではなかった事に、私はなんとも複雑な気持ちになってしまいましたが(^^;)
まぁ、世の中大概、母親は息子を、父親は娘を贔屓して育てる物ですよね。

母曰く、兄の事は私の3倍可愛がって大事に育てたんだそうで(^^;)
どれだけ大事にしたかをを語り、「なのにお兄ちゃんには、知子さんみたいにテレパシーが通じないのは何で?」と、しばらく落ち込んで悩んでいました(--;)

母よ、そのテレパシーは、私にしか通じないのだよ。
何故なら私が勘の良い人で、誰かに何かが起きてるとわかってしまう人だからだよ。
ママの不安だけキャッチするわけではないのよ。
私が大事に思ってる人の強い不安は、何故か私に届くのよ・・・。
と、母の知ってるはずの話を、改めてした方が、母は悩まなかったんだろうか?
等と、この日記を書いていて、ちょっと思ってしまいました(--)

食から色々思い出す。
面白い物ですね。

長い日記でしたよね~。
写真ばかりで重かったかも・・・(><)
最後まで読んで下さり、ありがとう御座いました(^^)
関連記事
スポンサーサイト

category: 食日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieruhyako.blog.fc2.com/tb.php/1306-ac298238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)