AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

これまでのスキッキの下痢と食事、まとめ(長いです)  

大まかに情報をまとめておきたくて書いています。
犬の下痢で困ってる人の役に立つ情報かどうかは、正直自信がありません。
が、自分がこの先迷った時に読み返すのには役に立つと思って。

多分、下痢が本格的に始まったのは、吉祥寺東急出展中だったと思う。
それまでのスキッキは、軟便気味ではあった物の、摘まめる程度で回数も普通だった・・・はず。
と、過去のワンコ日記を読み返してみた。

覚えてる事、忘れてたこと色々・・・。
死にそうだったスキッキが回復した事。
獣の様に牙を剥き出し喧嘩していた2匹が、仲良く穏やかに寄り添うまでになった事。
母の所に居た時の状態から、これほどまでに穏やかな余生を送らせてあげられる様に出来た。
私の努力の成果だ、私はちゃんと頑張ってる、と再確認。

最近のスキッキは余り鳴かない。
相変わらず夜中の3時に起きて、水を飲んだり排泄したり、その後グルグル動き回って、寝るまでこ1時間過ごすのは同じだけど。
だから私が起きてなきゃいけないのも同じだけど。
近所迷惑になる夜泣きをしなくなったのは、大分気が楽。
ただ、その声を発する元気がないんだろうなとも思うので、それはちょっと心配で複雑な気持ちにもなる。

で、スキッキの下痢については、これでも気を使って、言葉を選んであまり詳しく書いてなかったみたい。
ワンコ日記だけでなく、出展報告にもちょろと書いているので読み返すと、どうやら今年2月頃からゆるかった様子。
でもその時は多分、ふやかしたドライフードの水分過多で少しゆるめの便って言う程度に感じていたんだろうと思う。
今まで以上に酷くなったのは、吉祥寺東急出展中からだった。
感染症が原因なら、一緒にいるジャンニもなるはずなので、ウイルスではないはず。
ならば食事が原因だろうと、この3ヶ月いろいろと試してきた。

初めは、ふやかしたフードの種類を変えた、が、余り効果出ず。
ビオフェルミンも飲まし始めていたかもしれない。
飽きたり、好き嫌いが出てきたリ、と言う事はあったけど、基本食欲はあり。
比較的普通に過ごしているので、体調不良は、軟便だけ。
しかし、食べてる割に痩せていくと、4月6日の日記に書いてるので、この頃から徐々に痩せて来ていたのかもしれない。

4月に入り、我が家での母の介護がプラスされ、その途端、ジャンニが吐血。
5月になっても吐血&鼻血を繰り返し。
私は、母が居る間、ジャンニの吐血と母の介護で手一杯で、スキッキの事は余り、記憶にも日記にも残ってないみたい。
きっと、調子のよい便の時もあれば、軟便気味の時もあったんだと思う。

6月22日の日記では、前歯が殆ど抜けていることが判明と書いている。
しかし、ふやかし過ぎると下痢をするから、少しふやかしたフードにパウチを混ぜていると。
どうやらこれで、摘まめる程度の軟便はキープしていたみたい。
ただ、やはり、食欲はあり食べているのに痩せると書いている。
これで吉祥寺東急出展が7月末だったので、それまで過ごしていたよう。

で、7月末、東急出展初日から完全な下痢になり、お留守番中のオムツ内がべとべとで蒸れて被れて、お尻が真っ赤にただれて、血が滲み、物凄く可愛そうな状態になって、これは、出展の度こんな事が繰り返されるのか?と、心配で困った。

この会期中、つい最近ワンコを看取った出展者さんが同じ経験をしていて、使ってた薬や、流動食の食べさせ方とか、情報交換をしてくれて、ここで救われた言葉がある。
【私たちは、家族3人で24時間のローテーションを組んで1匹を面倒見てた。それでも物凄く大変だった。それを一人でしかも2匹って、それで出展もして作品作って、大変だよ、一人じゃ無理だよ。】と、姉妹で励ましてくれた。
制作と販売を姉妹で分担している。
日中はお姉さんが、夜中はご主人が、その他、空いた時間に妹さんが、と別けて世話していたそう。
それを私はすべて一人でやっている、だから大変さをわかってくれた。
100人中1人でもいい、わかってくれる人が居る。
承認欲求ってやつだ、満たされた瞬間だった。

この時はまだ、ずっと仕事をしていなかった=お留守番が無かったところに、突然長時間のお留守番がストレスで、不安で下痢しただけだろうと、ちょっとそんな風に思っていた。
だから、時間はかかるかも知れないけど。私が家にいる様になれば落ち着くだろうと。
しかし、出展が終わってからも、下痢は続き。
8月24日の日記には、ご飯を変えたり、薬、と言っても乳酸菌や酵母などの栄養補助を、色々変えて試したとある。
食欲はあり、ビオフェルミンを止めると下痢が再発する、とも書いている。
ただ、約1ヵ月、少しだけ落ち着いたようで、急遽話が入った所沢出展を引き受けた。

ここからが本格的な大変がやってくる。
相変わらず下痢は続いていて、所沢出展中8月末、朝スキッキの意識がもうろうとして生死をさまよった。
しかし、もう売場に行かなきゃいけない。
この朝のご飯と前の晩御飯、2食食べてくれなかった、詳しくは9月4日に書いている。
それで何でもよいから食べさせようと、ササミをあげたのがきっかけで、手作りご飯に切り替わる。

茹でささ身を準備
P1013918 190901
パウチとササミのご飯、手前のはカリカリメインでちょっとお裾分けのジャンニ用
P1013919 190901
食欲はあり、コスト面と腹の足しにする為ご飯を混ぜたり
P1013920 190903
しかししばらくすると、突然一口も食べないいやいや期に入ってしまう。
どうやら固形物を食べたくなくなってしまうみたい。
前歯もなくて奥歯も痛いのか?噛む行為が面倒見たい。

一時、味変でジャンニとご飯を入れ替えたら食べた事もあった。
9月17日に書いている。
しかし、途端に下痢した、やはりフードの中の何かに反応してるに違いない。

下痢が水下痢に近くなり、消化されていない野菜が出てくるので、パウチを辞めて手づくりの流動食を作る事に。
これは芋粥をドロドロに作って、細かく切った茹でささ身をそこに混ぜる。
これまでも試行錯誤4・5回、色々試したが、固形物が残ってると食べたがらないので、ミキサーのない我が家ではこれが限界。
でもこれは気に入ってくれて、しばらく喜んで食べてくれていた。
P1013937 190919
なので、東村山の出展に合わせてまとめて作り、冷凍保存。
P1013938 190922
もうこの頃になると、多分所沢の時からかな?下痢はほぼ粘液便状態でべとべと。
オムツの中にしてくれてても、お尻は毎回洗わないといけないし、1日多い時で3回は全身シャンプー。

で、この流動食も飽きてしまって、突然いやいやで一口も食べなくなって。
試しに牛肉を焼いて食べさせたら、固形物なのにペロリ!!
お代わり!と急に食べ過ぎて心配なぐらい!
食欲はあるんだ!
飽きるんだ!
そりゃそうだよね、とローテーションで、鳥を茹でたり焼いたり、牛を茹でたり焼いたり、豚も試した。

結果、豚はてきめん下痢でダメ。
鳥も、なんだか怪しい。
牛は逆に2日ほど便が全く出なくなる???
でも、3日目に出る便は、やはり下痢。

そんなこんなで、味変を缶詰にしてみたり、ササミジャーキーしか食べなかったり、その時のスキッキの気分で食べる物を与えるという流れに。
しかし、缶詰はまたもてきめん下痢(><)
ササミジャーキーは鳥なのに、平気っぽいけど、乾物だから遅れてやってくるのか?微妙な反応。
やはり、牛なら安心なのかも?

と、茹でてあげたら、一緒に入れたキャベツの香りが嫌だったか、食べなくて・・・。
因みにこれ
P1013954 191003
細かく切って、ご飯混ぜて、とか。
P1013955 191003

写真を撮ってないけど、他にも色々、試してはダメの繰り返し。
食べさせるのが大変・・・って、クレア(私が以前飼っていたこの子の母犬)にそっくりだ。。。
と、これからの根競べを想像して、ちょっとげんなりしたり。

で、遂に、チュールに手を出した。
めっちゃ高いから、避けてたチュール。
が!!
喜んで食べたのは良いのだけど、完全な水下痢に(><)
しかも血交じりに、3日も続いた、のが先日。

判った、この子は炭水化物と鶏肉のアレルギーだ!、と予測。
それ以来、一切、鳥の物を食べさせず。
米、小麦も食べさせるのを辞めました。

そうなるとね、市販のフードは全滅です。
絶対チキンと穀類が入ってるから。
なので、3日前から、腹をくくって、牛肉の焼いたものを細切りにしてあげてます。
ついでに、ビオフェルミンより効き目のあったパンラクミンも食後に2錠、今の所吐き気はないので継続中。

そしたら、この3日便が出ない???
逆にどうなんだ?
量が少ないからかな?

様子見です。

因みに、私は安い鶏肉で、犬は牛肉食べてるって言うね(笑)
まぁ、シチュー肉の筋とって赤みの所を焼いてあげてるので、筋は煮込んで私が頂いてますけど(笑)
これでコラーゲンたっぷりでお肌プリプリになるかしら、なんて(笑)

がりがりに痩せて、拒食症の人みたいな体のスキッキ。
そんな痛々しい体で、まだ立って歩く事を諦めていない。
体が軽くなった分、お尻を上げやすくなったみたいで、時々お尻を持ち上げて、感覚の麻痺した後ろ足を必死で動かそうとしています。
生死をさまよった際、膿んで開かなくなった右目は、白目に陥没が出来てしまって多分もう失明してるけど、膿は出なくなりました。

動物の生命力の凄さ。
諦めない気持ち。
人とは違う、彼らの強さに、心震えています。

少しこの子が落ち着いて、体調が良くなったら、歩いて45分カートに乗せて病院にワクチンの季節です。
その時先生に再度相談してみるけど、基本は余生を穏やかにが希望なので、無理な治療と言うより、傷みや苦痛を取ってあげられる方法があるか相談しようと思っています。

長い情報まとめ日記を、最後まで読んで下さり有難う御座いました。
関連記事
スポンサーサイト



category: ワンコ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieruhyako.blog.fc2.com/tb.php/1353-47990070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)