AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

あかぎマルシェ出展報告  

12月8日(土)はあかぎマルシェに出展してきました。
121201あかぎマルシェ

初めて、小さいサイズのブースをお借りして、90cm幅のテーブル1個での出展でした。
ぎゅぎゅっと、ごちゃっとモリモリに、ほぼ今ある作品を展示してしまったら、何があるのか良くわかりませんね。
初の試み、反省点が多い展示となりました。

そしてこの日は、とっても良いお天気でした!!
しかし、お隣さんと「お日様はありがたいね~。」なんて話していたのもつかの間、午後少し前あたりから、風!!
風!! 風!! 風~~~~~!!!!!
あちこちで、「キャー!!」とか、「ガッシャーン!!」とか、更に、ヒラヒラと宙を舞う作品達。
そして私のブースも、バタバタと什器があおられる、あおられる・・・。
新しい什器、やはり改良有な様です。

しかし、幸い作品がそのまま飛んでいくことは余り無く、まだ油断は出来ない状態ではありましたが、それほど心配もなさそうだったので、スタッフさんに留守番をお願い、あおられやすい什器の説明をして、1時前に昼食を取りにいきました。
この会場は、その場での飲食が厳禁なのでスタッフさんが留守番をしてくれるので、本当に助かります。

そして戻ってくると・・・。
なんだか、私の作品を並べ直しているスタッフさん。
まさか!!居ない間に!!
そう、そのまさか。。。
居ない間に物凄い風が来たらしく、テーブルごと浮いて、小さな作品がいくつか吹っ飛び、更にマスコットの天使が落下、羽が破損してしまったそうです・・・。
121201あかぎマルシェ天使破損

痛々しい天使の姿。
この子、どのくらい連れて歩いていたでしょうか?
看板の写真にも登場してもらい、小さな小さなマスコットとして、結構人気でした。
「神社に天使を連れてきたバチかしら?」と、冗談を言いながら、お隣さんが「直せるかなぁ、ここにあった!」と落ちているかけらを拾ってくれましたが、「今までありがとう」という思いで、この子は引退することにしました。

そんな風が強かったので、鳥居付近は、枯葉舞い散る美しい風景。
が!!しかし!!
スタッフさんは、自分の背丈ほどの大きな竹ぼうきで、せっせと掃く!、枯葉を掃く!、まだまだ掃く!!
参加者分の焼き芋ができるぐらいの枯葉が集まっていましたが、それでもまだまだ、ずっとお掃除していました。
その姿が可愛くって、大変なのに何だか楽しそう。
いつも明るい主催者さんの可愛らしい姿に、ホッと心安らぐ素敵な光景でした。

夕方日が落ち始めてからは、風も益々冷たく、私は一枚又一枚と上に着込み完全防備!!
寒さ対策はバッチリだったんですけどね~。
ほぼ一日、いつ来るかわからない風に怯えながら、什器から手が離せない状態での出展、夕暮れ時一端止んだかに思った風も、終了間際にまた強く吹き出したので、早めに徐々に片付けだして、5時過ぎには撤収となりました。

寒い中お立ち寄りお買上くださいました皆様、誠にありがとう御座いました。
そして、出展者の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

私は、このあかぎマルシェが仕事納めです。
来年の仕事始めも、あかぎマルシェからです。
この年末年始は、又来年、皆様とお会いできるのを楽しみにしながら、新作作りに励みたいと思います!!
あ、それと同時に、什器の改良もかな(笑)
関連記事
スポンサーサイト



category: 出展報告

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret