AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

アートムーチョIN八王子出展報告  

アートムーチョIN八王子、無事2日間の開催が終了致しました!!
お立ち寄りお買い上げくださいました皆様、誠に有難う御座いました♪

今回は久々のCエリアでした。
このイベントはユーロード商店街を、八王子駅から見て、Aエリア、Bエリア、Cエリアと3つに区分けされています。
これまで、A,B,Cどのエリアも出展してますが、今回はCでも一番奥のイベントステージの辺り!
ここまで奥での出展は初めてでした。
だって、受付での案内板にも書かれていないほどの奥です!
スタッフさんが「これに書いてないんですが、さらに奥にあります。」と説明してくれました(笑)

人が入れるほどの大きなスーツケースをガラガラ押して、緩い上り坂の商店街をえっちらおっちら歩きつつ、時折、知り合いの作家さん方に朝のご挨拶をしながら進み、いつも出展していた辺りに友達の作家さんが居たので、ご挨拶がてらものの2・3分小休憩(笑)
「あと半分よ頑張って~!」と励ましてもらって(笑)
残り半分、重たい荷物を押してやっと到着!!

着いてみたら、ステージ目の前、角ブースで、風の通り道から少し外れて、陽射しも程よい当たり具合の、なんだかとっても良い環境のブースでした!
頑張って歩いたご褒美?なんて(笑)

余りに奥過ぎて、逆に入口のような雰囲気、ステージの演目が始まると、用意された椅子が満席、立ち見も沢山出るほどの人気っぷり!!
特に大学生の演目は人気が高いようで、早稲田のジャズと中央のタップが出演していました。
一般の演目は、タヒチアンダンスと三味線が人気が高かったように感じました。
その他にも、マジックや弾き語り、演歌に食器で奏でる演奏、アコースティックは聴きそびれたけど、バラエティーに富んだ演目で面白かったです。

タヒチアンダンスの方々はとっても美しく、黒いビキニに骨盤辺りで巻いているパレオの、かなりきわどい衣装で登場!!
一見アロハと似ているようで全く違い、野性的な印象で迫力がある、しかしながら美しいダンスでした。
私は、こっちの方が好みかも?
習うなら、アロハよりタヒチアンかなぁ?と、ちょっとだけ興味が湧きました(笑)

三味線は津軽三味線なのでしょうか?
2日目の搬出中に演目が開演!
なので、はじめは音だけ鑑賞、途中振り返ると、結構な人数でビックリ!!
10人ぐらいいたのかしら?
有名な曲から、初めて聞く曲までいろいろ演奏してましたが、三味線の音色って日本人の心に響くのでしょうか?
なんだかとっても心地よく、安心して聴いていました。
ただ途中から、時々パラッと雨が降り始めていたので、急激に湿度が上がったのだと思います。
可愛そうな事に、その急激な湿度変化の中で独奏中の人・・・。
みるみるピッチがくるっていく・・・。
もしかしたら、屋外演奏は向かない楽器なんでしょうか?
皮だし木だし、湿度に敏感そう、独奏中だからチューニング出来ないし・・・。
お祭りのお囃子みたいに、ピッチなんて気にならない!っていう部類の演奏ならOKだろうけど。
その時私は、空を見ながら必死で片づけ中!!!
なので、演奏の様子が見れませんでしたが、奏者はきっと必死でいつもと違う指押さえの場所を探りながら、演奏していたに違いない!!
段々ピッチがあってきて、最後は気にならない演奏になっていました!
きっと、とても上手い人なんですね♪

今は忙しく全く時間が取れませんが、私は吹奏楽でフルートを吹いていました。
なので、音にはちょっと、ほんのちょっとだけ敏感です。
お天気が怪しくなければ、ちゃんと見ながら聞きたかった~。
上手な三味線の音色なんて早々聞けないですもの。
迫力あって感動できただろうに~。
お天気さえ持ってくれれば!!!
色々な意味で、4時に撤収は勿体なかったです。

三味線演目中、撤収が完了した私!
立ち止まって見るか?否か?一瞬悩みましたが、すでにポツポツと雨!!!
帰りに商店街で買おうと思っていた買い物も忘れ、バタバタと急いで駅に歩いていました。
途中、知人の作家さんたちにお疲れ様の声をかけながら。
その作家さんたちも早めにお片付けしてました。

残念ながら、2日目は早めの店じまいとなったアートムーチョでしたが、ほぼ無事に2日間開催ができました。

あれ?出展報告が、ステージ報告になってますが^^;
それだけ楽しかったということです(笑)

関連記事
スポンサーサイト



category: 出展報告

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret