AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

ミット永眠  

今朝、実家のワンコが亡くなったと電話がありました。

上尾丸広出展中、数日前から体調が悪く水を飲んでも吐いてしまい目もうつろで、もう死期が近いかもと電話が入りました。
様子を聞いた私は、急いで病院へ連れて行った方が良いとアドバイスしました。
すると、瀕死の状態なので即入院となり、3日ほど入院が必要と言われ点滴などをしてもらっていたそうです。
血液検査の結果は、腎臓機能が悪く腎不全になっているので、急性の場合は良くなるが慢性の場合は良くならないと説明を受けたそうです。

それから毎日お見舞いに行っている父と連絡を取り、徐々に回復している様子のミットの話を聞いて安心していました。

ずっと点滴をしたままのミット、昨日は、大分元気になり、立ち上がり尻尾を振ってかすれた声で鳴くまでに回復していたとの話でした。
しかし、まだ目が見えていないようで、帰りたがってゲージから出たがって、水も(吐いてしまう為)飲ませてもらえてないので喉が渇いているようで、「水を飲ませてあげたい」と、連れて帰りたい親心がちょっと感じ取れる会話でした。

ただ、再検査した血液検査の結果、腎臓機能は安定したものの、肝臓の数値が急激に悪化したため、まだ退院はさせられず、「点滴のお薬を変えて治療するか、治療を辞めて退院させるか、明日判断しましょう」と獣医さんに言われたそうで、「明日帰れるといいね!」と私も父も明るい希望をもって電話を切ったのでした。

私「催事も終わったし、退院したら会いに行くよ!」
父「入院してても会いに来てあげてよ。」
などと、笑いながら約束をしたりして。

催事も終わり、ミットも一安心な様子だったので、安心して熟睡していた私。
すると、今朝、父から電話。
まさか!と思い、電話に出ると。
今朝方早くに亡くなったと、病院から連絡が来たと・・・。
死因はわからないけれど、多分心不全だろう、と言われたそうです。

昨日、帰りたがった時に、退院させればよかった。
水を飲ませてあげたかった。
安心できる我が家で、父の見守る中逝かせてあげれば良かった。
パパが大好きのミットだったのに・・・。
何より、父に看取らせてあげられなかった・・・。

私が病院に連れて行った方が良いといったばかりに。
寂しがり屋のミットが狭いゲージで一人、点滴の痛みに耐えながら・・・。
昨日帰りたいと訴えたのは、最後の力を振り絞って父の傍に居たいと言っていたのでははないかと。
そう思うと、その場にいない私が電話で判断してしまったことが、浅はかだったと後悔してもしきれません。

父が最初に電話をくれた時に、そのまま静かに看取ってあげてねと、なぜ言えなかったのか。
父は「瀕死の状態からあそこまで回復したのだから」と言ってくれましたが。
そのまま看取ろうとしていた父に、半ば強引に病院行きを進めた私、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今年の2月、私が飼っていたクレアが亡くなりました。
その旦那さんだったミット君。
後を追うように、亡くなってしまいました。

実家の傍にもペット霊園はあるのですが、父の希望で「クレアと一緒の所が良いだろう」と、午後こちらに来てお葬式をすることになりました。

クレアは私、ミットは実家、と遠距離が多かった二人ですが、この写真のように、これからは天国で寄り添っていてくれたらと願います。
ミット&クレア結婚式(2003年)

某ペット雑誌の記念写真搭載に参加した時の写真。
ミットはまだ子犬、姉さん女房のクレア♪
クレア&ミット雑誌搭載写真 トリミング
小さかったミット、手が大きく、手の甲にある黒い模様が野球のミットのようだったので、私が命名。
その手の大きさに比例して、ミニチュアと言ってよいのか?と言うほど大きく成長。

大きいのに、こんな狭い場所が好きでした。
080624ミット乳母車IMG_1959

居間のクッションを枕に、安心しきって熟睡。
P1000400.jpg
ちょっと我儘、怒ると本気で噛み、私はなめられていたので、流血事件も多数でしたが、我が家のワンコたちの中で一番寂しがり屋で一番臆病で、でも一番責任感が強く、飼い主である父を守る意識がとても強かった、優しい子でした。
関連記事
スポンサーサイト



category: ワンコ

tb: --   cm: 2

コメント

わたしも飼ってたモルモットが急変したとき、入院させてそのまま亡くなり、凄く後悔をしたことがあるの。
でもミットくんを入院させたのは、少し元気になったのだから、手厚い看護もしてもらえたのだし、あまり悔やまないでね。
水を飲ませてあげたかった気持ちも、ミットくんはわかってくれてるよ、きっと。
天国でまた夫婦一緒になれて楽しく過ごしているよ。
ミットくん、安らかにね。

URL | ゆうこ #TkSw/e0A
2013/08/11 04:20 | edit

Re: タイトルなし

ありがとう。
私が抱きしめると歯をむき出して怒るし、本気で噛みつかれ病院通いもしたけど、可愛い子だったよ。
父が居ない時は私に甘えて来て、父が居ると我が天下で(笑)
自分の思い通りにならないとすぐブチキレて、手におえなくて。
でも「ハウス!」って言うと、どんなに怒っていても走ってハウスに入る、面白い子だった。
悪口言われると機嫌悪くなるし、褒めるとドヤ顔するし(笑)
本当人間みたいな子だったよ。
男の子も初めてだったし、余りにクレアと違うから、犬にも性格があるんだとつくづく思たし。
実家の子だけど、振り返るといろいろ思い出が湧いてくるよ。

URL | Uhyako #-
2013/08/12 15:43 | edit

コメントの投稿

Secret