AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

所沢西武クラフト展出展報告  

先週の月曜日、所沢西武クラフト展が無事終了致しました。

DMをお送りしたお客様、新規のお客様、以前お買い上げの際お名前だけ伺っていたお客様、ふらりお立ち寄りお買い上げくださった事があるお客様、と嬉しい出会い再会が沢山の展示で御座いました♪
お立ち寄りお買い上げくださいました皆様、誠に有難う御座いました♪

所沢西武クラフト展に出展すると、私を娘や妹のように可愛がってくれる出展者さんが数名いらっしゃいます♪
今回も、遠慮することなくそのご厚意にお世話になりました♪
本当に暖かく、嬉しく有り難い、私にとって居心地の良い空間です。
皆様の頑張りに良い刺激を受けながら、私ももっと頑張りたいと思います。

今回のディスプレーです。
今回は写真撮れました♪
140406所沢西武クラフト展3
ディスプレーは毎度考えます。
何が一番良いのか、これ!と言う事がまだまだわかりません。
ですが、今まで目に留まらなかった作品が、ディスプレーを変える事で見て頂ける事を、今回の展示で再発見しました。
全ての作品を、皆様に見やすく展示出来るようにしたいものです。

現在の作品はまだまだ発展途中で、色々なテイストの作品を製作しています。
全て私の手作りなのですが、同じ人が作ってると思ってもらえない事もあるほどです。
それは、ジャンルや型にはめて製作する事に窮屈さを感じ、私の思う好きな物を、好きな時に作ってきた結果です。

ですが最近少しだけ、進むべきイメージのようなものが見えてきました。
それが決定的に、自分の中で消化され形に出来れば、作風も統一感が出てくるのだろうと思っています。
その統一感は、今世の中にある型、例えばゴシック系とかロハス系とか他にもあるジャンル分けされた型、それらのどれにも当てはまらない、私の型を作り出した統一感を求めていきたいと、その為にも自分の好きをもっと追求しようと、今はそんな風に思っています。
つまり、ディスプレーを考えるのはその次の段階なのかも?と思ったり。

今後の私の作風はますます変わっていくかもしれません。
いや、きっと変わる事でしょう。
是非その変化を、シルバーが黒く硫化しいぶし銀に変化し育つのと同じように、私の作風の成長を見守って頂けたらと思います。
関連記事
スポンサーサイト

category: 出展報告

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret