AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

春日部西武出展報告  

4月30日~5月6日は、西武百貨店春日部店にて出展でした。
初めての会場、初めてのお客様、ワクワクドキドキの1週間でした!
お立ち寄りお買い上げくださいました皆様、誠に有難う御座いました。

今回は初めての什器3台!!
更に棚に少し飾ると言う、広々スペースでの展示でした。
展示風景はこんな感じ♪
140503春日部西武平台
140503春日部西武Gケース2
140503春日部西武Gケース1
140503春日部西武棚飾り
メイン通路正面が平台での展示(写真1枚目)その横をL字にガラスケースが並びます。
そして少し離れた所の棚にも少し、こちらは目が届かない場所なので、天然石アクセサリーを飾ってみました。
両サイド素敵なバックが展示されていて、私の上の棚には真珠のジュエリー、ちょっと私だけカジュアルで申し訳なかったです。

初めてのアクセサリー売場、いつものクラフト展とはまた違った雰囲気でした。
会場となった1階は吹き抜けで解放感があり、入口の扉が開くと、外のさわやかな空気も入ってきて、時々ポップが飛ぶほどの風もあるほど、室内とは思えない清々しい空間でした♪

私はお隣の真珠屋さんと2社体制での出展、そのお隣はまた別にバックのお店が2社入っていました。
その4社で母の日コーナーとして、特設会場となっていました。

今回の展示方法、社員さんからは「可愛い展示」とお褒めの言葉もあったのですが・・・。
ベテランのバック屋さんに、「折角手作りなんだからもっと高級感のある展示方法をした方が良い」とアドバイスを頂きました。
特に正面の平台展示がワゴンセールの様だと・・・。
品よく飾った方が良いとのご意見に、なるほどアクセサリー売場とはそう言う物なのか!と、勉強になりました。
クラフト展では、品よく飾ると品数が少ないと指摘されるので、頑張ってモリモリにし過ぎてしまったようです・・・。
出展する空間のイメージを壊さない様に、その場その場で展示方法も対応できるようにならなければいけませんね。
アクセサリーは物が小さいので展示のイメージが先行しがち、1週間ぐらいかけて家で予習をした展示だったので、ちょっと久しぶりに、方向性を間違えてしまったと大反省、今だ悶々と気持ちが落ち着かずに一人反省会中です・・・。

と、今はちょっと落ち込んでおりますが、会期中は関係者の皆様に大変お世話になりました。
また呼んで頂けるかわかりませんが、その機会がありましたら、また是非是非出展したいと思っています!!

いつかまた、春日部のお客様に会える日を楽しみに♪
新作制作&展示方法、その他諸々勉強しながら頑張っていこうと思います!
関連記事
スポンサーサイト



category: 出展報告

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret