AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

デザフェス・川口そごう・坂戸丸広、まとめて出展報告  

長く続いた雨も、今一段落したようです。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は昨日、あの土砂降りの中個展のDMを出しに郵便局へ。
ついでに食糧の買い出しも、共に歩いて10分、帰宅までに全身びしょ濡れになりました。
でも、来週に迫った個展、DMは出さねば~!!
そして、長い出展で冷蔵庫空っぽ、このままでは断食だ~!!
と、食欲を糧に出かけ、5キロのお米と野菜をふんだんに、肩が外れそうに重い荷物を担いで帰ってきました。
これで、引きこもり準備は万端です!!(笑)

さて、3か所連続の出展報告を致しましょう♪
初めに一言、長いですのであしからず。

まずはデザフェス。
正直今回惨敗でした。
以前も厳しい売り上げの時がありましたが、今回は全然赤字・・・。
数日前から考えていたディスプレーも、会場に行ってみたら、全く目立たない・・・。
初日は、デザインのテーマごとにディスプレー
140517デザフェス
Abstractのブローチが評判が良く、今まで見たことがない!と感心してくださる方や、若い子でも素敵!と手に取って下さる方が多くいましたが、その価格に驚き他に目がいかない様で、売り上げがさっぱり。
2日目はアイテムごとにディスプレー。
140518デザフェス1
少し反応があった物の、やはり目立つは高価な作品ばかりで売上にはつながらず。
140518デザフェス2
後半、左を天然石アクセサリー、右をシルバーアクセサリーと分けてみたところ、少し立ち止まる方がありましたが、これまた黒字になるほどの売上にはなりませんでした。
こうして写真に撮ってみると、作品数は多いけれど、何を飾っているのかさっぱり・・・。
ただ、同業者はかなりの確率で気が付いてくださって、制作している方、ショップをなさっている方、デザイナー?等々、シルバーアクセサリーに関わっている方々とのお話は沢山させて頂きました。

売上にはつながりませんでしたが、2日間通してAbstractシリーズは評判が良かったです♪
ただ、価格帯からみて、今の私の作風はデザフェス向けではなかったようです。
今度デザフェスに出る事があれば、何か全く別物、素材や販売価格に囚われず、売上も関係なく、デザフェスを楽しむアートな作品、Abstractのカジュアルバージョン?とか、自分の世界観の表現の場と割り切った出展を一度してみようかなぁと感じました。

しばらくぶりのデザフェスは、客層が以前と違いとにかく若い子が多く、ロリータ系?に入るのか、不思議の国のアリスをテーマにしているような子を沢山見かけました。(流行ってるのかしら?)
その中には外国の方もいて、まるでフランス人形~、可愛いいったらもう!
私は美しい人を男女問わず凝視してしまう癖があります。
見られている本人は、さぞかし不快に思うだろうと、少しは我慢をするのですが、でも美しい物は美しい!!
ずっと見ていたいのです。
そして、ご近所の出展者さんにも、美しいお姉さまがいらっしゃいました♪
ボンテージファッションに身を包み、スタイル抜群!!
年上に見えるその方は、どうやら性別は男性のよう。
しかし、背も高く本当に綺麗な人で、色々もっと話したかったなぁと。
真隣ではなかったので時々しか話しができず、しかし美しい物から目が離せない私の悪い癖が、彼女をじーっと見てしまい、気を悪くされていない事を願うばかりです。

さてお次は、川口そごうです♪
140520川口そごう1
140520川口そごう2
1階のアクセサリー売場、入口すぐ、ガラスケース2台と、茶色いL字の棚が私の出展スペースでした。
ディスプレーはこの後、企画さんからのアドバイスを受け大分変えました。
「アクセサリー売場はクラフト展とは違う。」と、やってはいけない事をいろいろ教わりました・・・。
変更後の写真を撮るのをすっかり忘れてしましましたが、会期中何度も移動変更、展示はちょこちょこ変えていました。
作業テーブルも付いていて、天然石アクセサリーを製作しながらお客様を待ち、お立ち寄り頂いた方とゆっくりお話ししながらお買い物を楽しんで頂ける、そんな空間でした。
3日連続でいらしてくださった方もいたり、このコーナーを好きでよく来ていらっしゃる方が多いようで、初めての出展と話すと、「そうよね~。」と気づいて下さる方も多かったです。
デザフェスに引き続きAbstractがとても人気で、昨年の個展から展開しているAbstractシリーズですが、私の独自の世界観として今後自身を持って制作していって良いのではないかと、思える会期でした。

途中、そごうのロッカーに家の鍵を差したまま忘れて帰宅したり、北海道展のザンギ(から揚げ)を欲張って大口で頬張り舌を切って流血したり、ザッツ天然炸裂注意報が発令中でしたが、何とか1週間無事終了致しました。

最後に坂戸丸広です。
140601坂戸丸広
2階エスカレータ横、ガラスケース2台と平台1台が私の展示スペースでした。
川口そごうで制作した天然石アクセサリーの新作を一部展示♪
こちらも目を引く作品に仕上がっていたようで、色々な方々に手に取って頂きました。
新作の天然石アクセサリーは、金具はシルバー、石もそれなりの物を贅沢に使って制作しておりますので、他の物と比べると特別感があります。
更に、現時点で1点しか制作していない物も多く、石は同じものを仕入れるのが難しいので、それらはこのまま1点物にするべきではないか?と考え中です。
残念ながら、今回の展示でお嫁に行く子はいなかったので、個展までには1点物にするか否か、決定しようと思っています♪

出展中、ちょっと残念だったのが看板。
私の看板を作ってくれているとの話だったのですが、その看板が写真にも映っている、赤字の「シルバーアクセサリーバーゲン」だったのです・・・。
私はバーゲン品ではなく手作りなので、看板を見て立ち寄ってバーゲンではなくがっかりする方、私が「手作りなんです!」と声をかけると、「そうなんですか!!」と引き返してくださる方、中には「誤解を招きました。」とおっしゃったお客様もいらしゃり、お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳御座いませんでした。
私自身これが私の看板だとは知らず、今後もし私が出展できる事があれば、次回からは手作りを前面に出した看板にしてくれるようお願いしましたので、またの機会にぜひお立ち寄り頂けたらと思います。

この看板の効果か否か?普段はあまり目立たないパッケージングした天然石アクセサリーが大変好評でした。
私の作品の中ではお買い得なそれらは、皆様にお得感を味わっていただけたようで、途中、在庫品をその場でパッケージングをして追加するほどでした。
無くなり次第終了予定のそのアクセサリーも残りわずかになりました。
どこかで気が付かれた方は、とてもお得ですので是非お手に取ってご覧ください。

シルバー作品はやはりAbstractに興味を持たれる方が多く、またAnimalシリーズも興味を持って頂けたように思いました。
次回があるかはまだわかりませんが、次回は手作りを前面に感じる展示方法で、私の世界観を表現できたらと思います。

只今、3連続出展をして感じた事、学んだことを整理しようと、頭の中やノートに書きだし必死でまとめています。
それぞれの売り場でスペースや什器の違い、何を前面に押し出さなくてはいけないのか?、展示方法、売り場によっての見せ方の違い、これらを全てオールマイティにこなすことは果して出来るのか?
それは、個人の個性がなくなる事ではないのか?
どこでも同じと言うわけにはいかない、しかし同じ感性で表現しなくてはいけない。

企画さんからは「イメージが湧かない」と厳しい一言もありました・・・。
でも、私が求めているものは、今現存するイメージではなくうひゃこのカラーなので、パッと見でどんなジャンルのイメージと言うのが分かってしまっては、私的には本来アウトなんです。
しかし、それが表現しきれていないのも事実・・・なのでこの言葉は正直かなりダメージが大きかったです。

私の中で私の個性は定まっており、それは様々な物が好きで様々な物を表現したい欲求で、他の人から見たら一貫性がないように見えるそれらも、私の中では同じ一つの区切りの中にあって・・・。
わかりやすい表現で言えば、好きな人のタイプがパッと見全然違うけれど、本人だけが分かっている共通点があるみたいな・・・。
しかし、そこを理解してもらえるような、展示方法を見出さなければ、ただただ雑然と色々な物が並んでいるだけになり、その場その場で売場に合わせたつもりの展示は、かえって自分の個性や表現したい物を混乱させるだけで、見て貰う人に伝わりにくく、そんな中、ごく一部の方が私の意図する事に気が付いて下さり、その方々が作品を気に入ってくださる。
今現在はそんな状況で・・・。

これではいかん!と以前よりわかっており、色々考えてチャレンジしては失敗を繰り返しているので、本当に痛い所を突かれた自分が悔しくて、情けなくて・・・。
この問題が、いつになったら解決するのか?
何かまた悪い癖で、考え過ぎの拘りすぎなのだろうか?
弱音と強気が葛藤して、ディスプレーとの戦いはまだまだ続く・・・。
と、凹んでしまいそうな自分に、「ここであきらめるな!」と叱咤激励しているところです。

もう頭も心ん中もグルグルのゴチャゴチャ(苦笑)

でも、いつまでも引きずっていられない。
来週は個展です。
ギャラリーと言う空間、個展と言う表現の場、まわりの雰囲気や誰かの雰囲気を壊さないようにと気を遣う必要はなく、信頼してくれているギャラリーの品格だけを壊さないよう心がけ、その中で私らしく、ある意味好きに展示表現できる空間。
いつも新しい事にチャレンジさせてもらっている有心さんでは、今年は燻をテーマに展示します。
一度、混乱した頭をリセット、私の良いと思う感性のみで、展示が出来るように、頭を切り替えるとします♪

長い日記を最後まで読んで下さり、有難う御座いました♪
関連記事
スポンサーサイト



category: 出展報告

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret