AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

個展出展報告  

ギャラリー有心さんでの個展、「~燻~」が、昨日で終了致しました。
お越し下さった皆様、お立ち寄りお買い上げ頂きありがとうございました。

展示を楽しみにして下っていたお客様、遠い所いらして下ったお客様、宣伝用に置いてあるDMを見てふとお立ち寄り下さったお客様、ギャラリーの常連のお客様、ギャラリー繋がりの作家さん、皆様誠にありがとうございました。
年に一度の有心さんでの個展、皆様に再会また新たな出会いが出来た事、とても嬉しく思います♪

有心さんでしかお会いできないお客様の中には、ご連絡先を頂いていない方もいらっしゃいます。
定期的にギャラリーにお出かけになるので、「来てれば会えるから~」と、毎年お会いするのを楽しみにしています。
しかし、残念な事に会期中お会いできなかった方もいらっしゃいました。
天候が不安定なので体調を崩されているのではないかと心配です。
残念ながら、今年は再開できなかったお客様、また来年、是非再会できたらと思います。

梅雨入り直後になってしまった今年の個展。
ワールドカップや、想定外の大雨、不安定で外れまくる天気予報などに振り回され気味でしたが、~燻~と言う新たな試みは、来ていただいた方々のご意見をうかがう限り、燻がかかっている方が良いとのご意見が多数でした。
オーナーのご意見は、ちょっとハードで私の作品のイメージではない気がするとの事でしたが、時が経てば黒くなるシルバー、その完成形を見て頂けたのは、以前お買い上げ頂いたお客様にとっては、作品の最終イメージをして頂けたようで、お手入れを希望されていたお客様から、「黒くなって良いのね!なら磨かなくていいわ♪」と、その後いらっしゃる度に身に付けて下さって、私自身とても嬉しく、意味のある展示になったと思いました♪
もう少し色々な方のご意見が聞きたかった部分も正直御座いますが、それはおいおい、今後燻をかけた作品を増やしつつ、今回は強めにかけた燻だったので、それをもう少しマイルドにしたり、磨きと燻の2通りの仕上げを比べて頂ける様に、作品数も増やしていく事を目標に頑張ろうと思いました。

最終日搬出作業を終え少しばかり休憩中に、オーナーと展示や販売方法、表現の仕方、方向性などなど、またオーナー自身作品をお持ちの活躍されているシルバーアクセサリーブランドの話をして下さったり、ほんの少しの時間でしたが語り合いました。

私が目標や夢を語る時、現状の厳しさも同時に話題に上がり、弱音を吐いているように見えますが、現実が判ったうえでそれでも頑張りたいという思いを伝える、私の中では前向きな作業の一つ!
人より少し歩みは遅いかもしれませんが、今できる事を、私なりに精一杯、身の丈に合った、でも成長の為、少しだけ背伸びをする、そんな生き方をしていきたいと。
今の自分の生き方は、欠けている所ばかりですが、それでも私は幸せだと。
自分なりの結論が出せ、とても心が豊かになれました。

最後にまとめて展示の写真をご覧ください♪
先ず、入口を入ると右側に2つの棚。
140613右棚2個引き撮り
手前は、燻の対比に磨かれた作品と、シンプルで上品な天然石アクセサリー。
140610有心個展~燻~展示3
奥は新作、石を贅沢に使った天然石アクセサリー。
140610有心個展~燻~展示2
左に目を向けると、メインのコーナー。
140613有心個展~燻~メイン壁面引き撮り」
テーマは~燻~、ディスプレーも古い物を使い、蚤の市風に。
140613有心個展~燻~メイン
更に後ろを振り向くと、窓の明かりも添えて、天然石アクセサリーが優しく輝き。
140613有心個展~燻~ガラス面棚
このコーナーを少し離れて見ると。
140613有心個展~燻~壁面ガラス面引き撮り
去年は什器の位置も指定したのですが、前後の展示の絡みもあって大変そうだったので、今年は什器の配置はオーナーにお任せしました。
奥の棚や低い位置は、搬入の際、少々展示がしにくかったので、やはりお客様にも見づらい配置になってしまいました。
次回は、大変でも家具の配置も拘らせてもらおうかなぁと思います。
そして今、写真を見て思いました!!!
ライティングをチェックするのをすっかり忘れていた・・・。
写真で見るとスポットが作品に当たっていない事が分かります。
家具の配置的にライトがあたらない所もあるのだと思いますが・・・。
アクセサリーは光が命!私、ドジってしまいました・・・。
全体的に明るくても、スポットが有ると無いとでは、見え方が全然違うのに・・・。

と、結局反省で終わる日記。。。
さてはて、カッコ良く夢が詰まったまま話が終われる日が、いつの日か私に訪れるのでしょうか・・・?
ドジなうひゃこを、そろそろ卒業したい今日この頃です。
関連記事
スポンサーサイト



category: 出展報告

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret