AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

坂戸丸広、新宿小田急、出展報告(長いです)  

10月8日~14日は、丸広百貨店坂戸店2階にて出展でした。
沢山の方にお立ち寄りお買い上げ頂き、誠にありがとうございました。
141009坂戸丸広ディスプレー1
こちらの会場は2回目、前回は看板がセール用の看板で、お客様に誤解を招いてしまいご迷惑をおかけ致しましたが、【今後セールの看板ではなく手作りをうたった看板にして欲しい】とお伝えしたところ、今回の看板は創作アクセサリーと表記されており、その看板を見て立ち止まって下さるお客様も多く、またチラシに作品を掲載させて頂き、初日は「シルバーだったから!」とチラシを見ていらしてくださったお客様もいらっしゃいました♪
沢山の方に、個性的で素敵と言って頂き、創作アクセサリー看板のお陰もあって、前回のように手作りとの説明を疑問に思う方もいらっしゃらず、とてもスムーズに作品のご説明が出来た印象が残っています。
小さな看板ですが、お客様への大事な第一アプローチ、お客様はしっかりご覧になって立ち止まって下るので、どんなに小さな目立たない看板であっても、やっぱり看板内容は正確に書くことが大事ですね♪

今回特に印象に残ったのが、再度ご来店お買い上げくださったお客様が多かったこと。
初日にチラッと見ていらして、最終日に再度ご来店お買い上げくださったお客様や、前日だったか迷われてお帰りになり翌日再度ご来店お買い上げくださったお客様、まさか最終日とは思わず、食料品を買いに来ただけのつもりでふらりお立ち寄りとても気に入って下さって、お金を取りに一度ご帰宅、私ももう搬出の時間だったのですが、大急ぎでお戻りくださりお買い上げくださったお客様など、まだまだ他にも、会期中に再度ご来店下さるお客様がとても多かったのが印象的でした。

チラシには、坂戸店が開催する食品の先着プレゼント企画や、布団などの大目玉商品が掲載されていて、それを目当てに3階のフロアーに上がるお客様の行列が!!
会期中3回ぐらい、朝市に大勢の方をお出迎えしました!
静かな印象だった坂戸店、これにはビックリ!!
チラシ効果は凄いのですね。
私の小さな端っこの掲載でも、数名のお客様が見ていらしてくださったので、目玉商品はこうも効果があるのか!と、本当ビックリでした。

そして14日に坂戸が終了、搬出を終えちょっと休憩を取って、その晩、新宿小田急の搬入に行きました。

会場に付くと、私のブース場所は入口すぐのアクセサリーコーナーの一角と、とても良い場所でした。
しかし残念ながら、入口正面に3体のマネキンを使った大き目のディスプレーがあり、そのの真裏の為、通路からはほぼ見えず、正直なかなか厳しい場所だなと感じました。
いかに通路を歩く方に気が付いて頂けるか?中まで入ってきていただけるか?それが第一の課題になりそうだと思いました。

すると搬入時に、通路に面したマネキンディスプレーの横にあるトルソーにアクセサリーを展示できると教えられ、しかしそのトルソーには洋服を着せなければいけないとの事で、その晩帰って洋服選び。
トルソーがまた細くって7号サイズと思われ、今の私の服ではブカブカ、いくらピンでつまんでも限界があるので、家にある細身の服を探すことに。

まぁ元々私、今からは想像もできませんが、9号サイズが着れていた時代もあったわけで・・・。(苦笑)
それらの服の中から、新品だったり気にっていた物は痩せたら着ようと捨てずに取ってあり・・・。
でもその行為が、あぁ~なんか昔の母みたいと、最近ちょっと反省をして、そこから更に選別し大分資源ゴミに捨てたんです。
残った服は着る為ではなくリメイクをする生地として、テキスタイルが気に入った物や新品の物だけ残し、材料として少しだけ保存していました。
まさかそれが服として役に立つ日が来るなんて!!自分でもビックリ!!
捨てると必要になる、いや、捨てようと思い立つと数か月以内に必要になる!と言う、本能的な自分を再確認しました(笑)
この経験の為、捨てると後悔が余りに多く、なかなか捨てられない性分です(苦笑)

と、夜な夜な物持ち良すぎの私は、10年近く前のそのスカートを押入れから引っ張り出し、トルソーにはかせることに決めました。
しかし上に着せるものが・・・。
流石にトップスは着れない物を買う率が低く、唯一の新品はYシャツで、いざ出してみたら少し黄ばみがあるし・・・。
仕方がないので散々着たので部屋着にでもしようかと思っていた、秋色のヒートテックもどきを持っていく事に、新品のシャツも一応。

そして2時間の睡眠で、出勤中立ったまま寝てしまい、吊革持って一人膝カックンを繰り返しながら会場に到着。
15日~21日、小田急百貨店新宿店で出展してきました。

で、迷いに迷ったそのトルソーは、こんな感じ。
141016新宿小田急、トルソーディスプレー
これがなかなか評判が良く、って服ばかりがお客様の目に留まり(苦笑)
アクセサリーを目立たせるために持って行ったのに、会期中服を触る方、どこで売ってるか質問される方、値札のタグを探す方、トータル10人以上はいらっしゃったかと・・・。
その度、すみません私の私物で・・・、と、笑いのネタにはなったようで(苦笑)
センスが良いと褒めて頂いたり、スカートは流石に古すぎて同じものはないと思いますが、上物はもしかしたらまだ売ってるかも?と買ったお店を教えて差し上げたり(苦笑)
アクセサリーを目立たせるシンプルなデザインで、隣の秋冬ディスプレーと違和感なく、秋冬の装いでと、考えて持って行ったらこんな結果になりました(苦笑)

一応、服飾系の学校、昔アパレルの販売もしていたので、少しはセンスが残っていたのか???
でも、古い服なのに、上は着てた服だし・・・?
と、考えて思い知らされました。
部屋着にしようと思っていたこの上物、私が着るとのびのびに伸びてニクジュバ~ンが目立つこの薄いインナー、私の体では1枚ではとても綺麗に着れない、いわゆるヒートテックみたいな素材のインナー、7号さんが着ると、ん?トルソーが着ると?、こんなに綺麗なのですね・・・。
つまりの所、私は太りすぎ、服がかわいそう・・・。
7号にはなれないと思うけど、せめて11号いや9号に戻れたら、もう少し今ある服もセンスよく見えるのかしら?と、反省のネタが増えたのでした(苦笑)

さてはて、トルソー話題で大分時間を取りましたが、本編へ。
141016新宿小田急ディスプレー1
こちらが私の什器、テーブル1台と小さな空間でしたが、パーテーションがあるお陰でゴチャゴチャ感がなく、細かいアクセサリーも綺麗に見やすく、仕切りの棚も丁度良い大きさで、作品数の少ない私のディスプレーには、テーマごとのコーナー作りがしやすく、なかなか可愛い展示が出来ました。
141016新宿小田急ディスプレー3
141016新宿小田急ディスプレー2
天然石とメッキ素材のアクセサリーは余り出していませんが、それでもほぼすべての作品が出そろいました。
出展が続いて作品が減っていたので、このスペースでちょうど良かったようです。

こちらの出展コーナーは、2社体制での出展でした。
お隣はガラスケースを使った展示の彫金作家のお姉さま。
何だか私達二人、顔立ち、雰囲気、背格好が良く似ていて、作風は違うけれど素材は共にシルバーと天然石で彫金だし、まぁお互い独身で話があっちゃって、初対面なのに全然そんな感じがしなくって♪
彼女の同級生が見にいらしたとき、私の方を見て挨拶してしまうほど雰囲気が似ていて、社員さんにも二人は初対面とは思えないですね~と何度も言われるぐらい、和気あいあいとした和やかな雰囲気で1週間過ごす事が出来ました。
ちなみに彼女の作品は、トルソーにかかっているロングネックレス、内側のパールのネックレスは私の作品です。

出展が続いてバタバタしていたのもあって、折角の都心出展なのに、お客様へのお知らせはこのブログのみとなってしまい初日を迎えたのですが、初日の帰り、友人知人数名にだけメールでお知らせさせて頂きました。
お一人だけご都合が合わなかったようでお越しになれず、お一人はいらして下さったのにお会いできませんでしたが、お知らせした他の皆様にはお会いでき、中には物凄くご無沙汰していた方、近々海外出張で当分お会いできない方もいて、ゆっくりお話が出来、皆様お買い上げくださいまして、誠にありがとうございました。
blogを見た兄も、お菓子の差し入れと顔を見に来てくれて、都心での出展もっと増やして行けたらなぁと思いました。
また、新宿小田急で初めて出会ったお客様も、皆様とてもお似合いで、最後の頃はプレゼントとしてお買い上げくださった男性のお客様も数名いらっしゃり、気は付けば沢山の方にお立ち寄りお買い上げ頂く事が出来ました!!

会期中、お立ち寄りお買い上げくださいました皆様、誠にありがとうございました。
何か御座いましたら、ブログ右側にあるメールフォームよりお気軽にご相談くださいませ。

で、長いついでの話。
ご褒美に買っておいたサーローインステーキ、食べましたよ♪
友がくれたハートの味噌汁を添えて♪
あ、左は大盛り和風サラダ、右が肉です!
P1011334.jpg
ハートの最中を割った中身はオクラとかぼちゃ、美味しく頂きました。
P1011335.jpg
で、問題のサーロインステーキ、実はこの3週間の中日にも、ステーキを食べているのです!
そちらは、1枚980円の肩ロース、今回は1枚1800円のサーロイン、160gしかなかったので100g¥1000以上、丸広内の肉屋さんで広告の品でしたが、私にとってはお高級なお肉です!
しかし、肩ロースの方が美味しかった・・・。
考えてみれば、焼肉でもカルビは苦手ロースが好き、マグロもトロが苦手赤みが好き、そう私は肉や魚の濃い油が苦手・・・。
でもコプチャンだっけ?牛の腸の油が多い焼肉の部位、あれは好きなんだけどなぁ。
油の質がどうも違うみたいで、サーロインはカルビと同じねっとりと重い油で苦手なのをすっかり忘れておりました。
まぁ、安上がりな人と言う事で、今度買う肉はロース系、もしくは贅沢にフィレとしましょう(笑)
と、全然関係のない余談なのでした(笑)

関連記事
スポンサーサイト



category: 出展報告

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret