AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

またまた模様替え  

寝室と作業場を入れ替えて、約1ヵ月。
心配だった道具の錆びも出ず、良かった~と思ったのもつかの間、何だかちっとも落ち着かない・・・。

この模様替え、以前も何度か入れ替えては、納得がいかず元に戻していた。
結果は同じと思いつつ、今度こそ、今度こそと諦め悪くやってしまう模様替え。
でもってやっぱり、今回も納得いく仕上がりに出来ず、悶々・・・。。
それでも、しばらく様子を見ながら整理をすれば、きっと新たな発見があって、今までで一番の使い勝手の良さを手に要られれるだろうと、1ヵ月は我慢していた。

しかし、その期待は全く満たされず。
生活をする上で良かれと思ったことがことごとく無駄とわかる。
無駄な動き、無駄な収納、無駄な配置、無駄無駄無駄・・・・。
寝室も作業場も、窓や扉、配線など、動かせない物を考慮して出来うる一番良い配置なはずなのだけど。
いつまでたっても片付かない、使いづらい。
益々ストレスが溜まり、イライラどよーん。

問題は収納、それを優先で寝室を決めたくなるのだ。
6畳間がクローゼット、押入れサイズの奥行で作り付け、下に引き出しが2段あるがロングコートが入る。
4畳半は押入れ、ロングコートが入らないから一年中ハンガーラックに出さざる負えない。
そう、模様替えに決着がつかないのはここ!!
狭い部屋、埃よけの布をかけたハンガーラックの圧迫感、置き場も限られる。
そんな小さなイライラが積もり積もって、ある時エイヤッっと、服を仕舞いたいが為だけに模様替えをしてしまうのだ。
で、服を仕舞えたはずなのに、広くなったはずなのに、何故か使い勝手の悪い部屋になる6畳間、結局また元に戻す・・・。

そう今回も、まったく同じ結果。
あえなく撃沈と言った感じ。
余りに片付かないので、仕方がなく諦めて、1週間かけてまた元に戻してみたのです。

ただ、以前と同じ状態に戻すのでは余り意味がないなと。
寝室は狭すぎるので、以前の配置や収納がベストと考え、しかし、少しだけ押入れの収納方法を変更。
作業場に至っては、今までよりもっと効率よくなるように、クローゼット内の収納をかなり変更。
ゆっくり分類しながら動線を考えながら、狭い部屋だからこそ、無駄な動きが無くて欲しい物がすぐ取り出せるような収納になるように心がけながら。

するとなんということでしょうか!!
奇跡のような空間が!
クローゼットが半分、まったくの空に!!!???
それだけでなく、分解できるラックの半分を下におろせて、そのラックが半分ない事で家具の配置が変えられ、作業場の床が広々あいた!
ゆとりのある空間が出来たので、ここにテーブル広げてディスプレーの練習したり、布を広げて裁断したりも出来てしまいそう♪

今まで、6畳間を作業場にしていた時、なんでクローゼットが満タンだったのか?
本棚に入っていた趣味の本などを1階に下しはしたけれど、その分だけではそんな空間空くはずもないし?
ゴミもさほど出なかったし、大きな荷物は減ってないのだけど?

空いたクローゼット半分には、もちろんコートとワンピが収納♪
お陰で、狭い寝室にハンガーラックを出さずに済んでスッキリ♪

荷物の入れ方って、本当パズル!!
なんだか、これを楽しんで模様替えをしている部分もあるなと、ちょっと思ったり。

以前日記で書きましたが、私、部屋決めや家具配置に引っ越し後3年はかかるんです。
引っ越しして丸3年と1ヵ月ちょっと。
どうやらやっと荷物の配置が決定したようです♪
関連記事
スポンサーサイト



category: その他

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret