AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

ストレッチは体の為の休憩だった!  

私は時々体のあちこちが痛くなる。
別に過度な運動をしたわけでもなく、それは地味にジワジワとやってくる。
熱がある時の様な関節の痛み、筋肉痛のような痛み、肩こりや腰痛の様な痛み、骨や肉や脂肪が痛い感じ。
指の先から腕、胸背中腰、骨盤お尻、脚から足とほぼ全身、病院に行くほどでもない我慢できる程度の、何とも言えない嫌な痛みが駆け巡る。
体の内側が痛い時はきっと内臓が悲鳴を上げているのでしょうが、そうではなくて表面が痛い感覚、リンパなのか?詰まったような痺れや痛みもある。
こうなると塗り薬やシップでは何の効き目も感じられないので、余りに辛い時は市販の解熱鎮痛剤を飲んでみるけれど、それすら効かない時もある。
そうなるともう体を動かすのも嫌で、家にいる時は横になって休むのだけど、なんだか余計に痛くなる感じがする。
なんというかこう、ギシギシ油切れになったみたいで、余計に体が動かなくなると言うか・・・。

しかし、出展中やお買い物、庭掃除など、体を動かしていると比較的それが起きにくい。
特にそごう西武系に出展の時は、朝開店前にラジオ体操の時間があって、それをまじめにやるとなんだかとっても体が気持ちいい。
その日一日、節々の痛みが楽になる気がする。
気持ち晴れ晴れ、販売姿勢も心が軽やか。

薄々感づいてはいたのだけど、地味に痛い体を自発的に動かすのはどうも億劫で、かと言って体が硬くなって筋肉が強張って凝り固まっているのは自覚があって。
昨日も今日も痛くて薬を飲んで誤魔化していたのですが、ちょっとネットで調べてみたら。
やはり、運動不足が体の痛みを発症させる原因の一つでもあるみたい。。。

出てきたストレッチとかやってみたら、気持ちが良いしすこし痛みが取れた気がする、って、ん?
前にもこんな日記書いたような書かなかったような・・・?

わかってはいるのだけど、ついつい続かないストレッチ。
関節炎をおこしかけている手や足の痛みも、軽い運動で血行が良くなってリンパが流れたら楽になるのかなぁ?

同じ作業をし過ぎると、一部の関節に負荷がかかるので腱鞘炎にすぐなってしまう。
それを避けるために、作業は色々組み合わせながらなるべく負担が一点に集中しない様にしているのですが、体全体の事まで気が回っていませんでした。

同じ姿勢でじっとして手足に力は入っていてもほとんど動かない、これでは体全体が同じ負荷をずっと受け止めてるのと同じ!
まるで全身腱鞘炎(苦笑)
時々軽いストレッチで負荷を分散、作業中に痛くなった手をブルブル振ったり伸ばしたりしながら休ませるのと同じくらい、体全体もブルブル振ったり伸ばしたりして休ませる必要があるんだなぁきっと。

それが私みたいな万年運動不足にとっては、軽い運動って事になるのかも。
走ったりウォーキングしたり、時間をかけてストレッチとか筋トレとか、いきなりそんな事をしようと思っていたから続かなかったんだし。

体を動かす事=ダイエットや運動と思わず、体を傷めない様に休憩する為のストレッチと意識して、時々ストレッチをしながら仕事をしたらいいんだ!
と、当たり前のことを、今更気付いた今日なのでした。

これで疲れにくくなって、作業もはかどるかも~♪
おまけでちょっと痩せたらいいな(笑)
関連記事
スポンサーサイト



category: 心と体

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret