AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

作品作りは料理に似ている  

製作話が続きますが、ハートイニシャルととろけるハート、この二つのハート型は基本同じ形です。
150917制作中ハートイニシャル&とろけるハート
写真左がハートイニシャル、右はとろけるハート、のパーツたち。
どちらも、板から切り出し、叩いて丸めて削って、癒しの触り心地を求めます。

しかし、実はそこから、折角の触り心地をなくしたものが、とろけるハートシリーズなのです。
ハートイニシャルを触った時の様な、つるつるなめらかな優しい触り心地はどこへやら。
とろける表面はザラザラと、裏のカーブも何だかあまり感じません。

けれど、確かに一度は癒しのカーブを得たはずのこの子達。
その癒しのカーブを作ってからでないと、私のイメージするハードだけれど優しい感じの仕上がりに、ならないんじゃないかなぁと思っているのです。
もしかしたらそんな手間、パッと見その手間はわからない無駄な事かもしれません。
でもそれが、手間暇に無駄はない!と、信じている私の拘りだったりするのです。
まるで繊細で美味しい料理のように、見えないところに手間暇かけて制作しています♪
関連記事
スポンサーサイト

category: 作家活動のあれこれ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret