AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

プチキノコ狩り  

それは、庭に放置していた、椎茸の原木。

買ってきてすぐ庭に置いたその原木は、菌床の穴の中を全てナメクジに食われてしまい、やっと出てきた小さな椎茸の赤ちゃんも、傘を開くことなくナメクジの餌となり・・・。
こんなにナメクジ対策をしなければいけない作物かぁと、ほったらかし家庭菜園の私には不向きと諦めたシイタケ栽培。

しかしいわゆる丸太。
燃えるゴミで出すわけにもいかず、かと言ってノコギリで細かくするのも面倒で、庭の片隅に横倒しにほったらかし。
何だったら下の方なんか朽ち始めていて、その内自然と土にかえるだろうぐらいに、って何年掛るかわからんけれど、その一角はナメクジやらコガネムシの幼虫やら、朽ちかけの丸太が好きそうな虫が集まるところなので、分解は早いだろうと、良い肥料になってくれればぐらいの気持ちで、時々どの程度朽ちてきているか裏を確認するぐらいで、本当にほったらかしていた原木。

なんとそこから、椎茸が出ましたよ!!
151015庭の椎茸
菌の生命力って凄い!!なんかもう嬉しくって!

左の大きい方を、すぐ取って食べました♪
軸がしっかり木にくっ付いていて、なかなか抜けず、その触り心地もしっかりした硬さ。
野性味あふれる豊かな香り、コキュコキュした歯ごたえ、売ってる椎茸のように柔らかくはなく、何だか身が詰まってる!!って感じ♪
ちょこっとナメクジ被害にあったっぽい箇所もありましたけど、美味しくいただきました。

この2日間、制作に没頭中で庭にも出ていない引きこもりなので、右の椎茸がどうなったか未確認。
大きくなってるといいのだけどなぁ。
我が家の庭で、小さな秋を感じたひと時でした♪
関連記事
スポンサーサイト



category: 動植物

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret