AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

使う脳が違うんだろうか?  

本を沢山読んでおけばよかったなぁ・・・。
まじまじとそう思う、今この瞬間。

子供の頃から活字嫌い。
絵本もろくに読まなかった。
気に入った絵本は、イラストが気に入った物ばかり。
私にとって絵本は、読み物じゃなくて見るもの(笑)
誰のイラストだか覚えていないけど、確か?石の花と言う本のイラストが、綺麗で好きだったなぁ。
いわさきちひろの挿絵のも、お気に入りだったなぁ。
どれも、話の内容一切覚えていないけど(笑)

で、なんでこんなことを思うかと言うと。
それは、ポップ作りに苦戦中だからです。

いわゆるうたい文句と言うのでしょうか、それがね・・・。
上手くまとめられないのです。
言いたいことが簡潔に・・・そう、ボキャブラリーの無さが・・・。
ブログと同じで、ダラダラ説明。

わかりやすく、必要情報だけが載ってる。
ポップとは本来はそうあるべきなんだろうけど。
でも普通のそう言うのにはしたくなくて、作家らしい作品への思いが伝わるようなポップにしたくて。

伝えたい情報と、必要な情報の中から何を選んでどうまとめるか?
国語力が問われているようで、もう脳ミソパンパン、軽く眩暈がしてきました(苦笑)

そう思ったら、子供の頃から活字より色彩や形に優先された私の脳ミソは、言葉の表現が本当に苦手なんだなぁと。
だから、不安で沢山しゃべるんだろうなあと。
少ない言葉で、言いたいことの全てが言える人達、カッコよくて憧れます♪
関連記事
スポンサーサイト



category: 作家活動のあれこれ

tb: --   cm: 2

コメント

うひゃこさんにとっては
絵本は見るモノでしたか

私も、活字が得意ではない方で
挿絵から入る方かな~

本屋さんで、小さい頃に読んだ絵本を見ると
懐かしい気分になるね
たぶん、保育園の先生に読んでもらていて
読んだ気になっているのかな

私も、いわさきちひろさんの絵が好きですよ

URL | ひだまりの森 #-
2015/11/06 18:00 | edit

Re: タイトルなし

ひだまりの森さんは、読み聞かせして貰った記憶があるのね♪
私はその記憶すらないのだけど(苦笑)
イラストが変わりない物は、やはり本屋で懐かしく思います。

実は今でも、雑誌など殆ど写真しか見ていません(笑)
あれだけの情報量、読めばきっと雑学増えるんでしょうけどね~。

私が持っていたちひろの絵本は、麦わら帽子の男の子が主人公だったような・・・?
悲しい物語だった気がするけど、絵は温かで癒されてました。

URL | Uhyako #-
2015/11/06 21:38 | edit

コメントの投稿

Secret