AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

私のその後  

6月からの微熱。
4日にやっと平熱に下がりましたが、その後また7度超え~微熱が続き、この3日間は平熱に近い36.5℃前後。
と、こんな感じで上がったり下がったりしながら、良い方向に向かっています。

市の肺がん検診と喀痰検査を受けていたのですが、その結果は全て問題なし!!
レントゲンでは心臓肥大なんかも検診内容ならしいので、その心配もないとわかりました♪
熱の原因はこれらではなかった。

と言う事は、もしや今更、数十年炎症しっぱなしの扁桃腺が原因か?
私は喉がすぐ膿んでしまうので、最近はアズレン系の喉スプレーを常にしていました。
それでも、喉の脇から膿の塊が出る。
扁桃腺はコリコリと腫れている状態が日常。
しかも、熱が出たり頭痛がしたりすると、すぐ解熱鎮痛剤を頼る生活でした。
でも、それらの薬を使わない2ヶ月の間、扁桃炎にも変化が。
熱の上下に比例して、悪化回復を繰り返し、自然と少し良くなってきたんです。
それでやっと自覚したんですが。。。
扁桃炎って、案外ジリジリするんですね。
今までの炎症からしたら、大したことない炎症でもその違和感。
喉スプレーと解熱鎮痛剤で、痛みや熱を抑えていたので感覚が麻痺してたみたいです。

で、薬局に行ったら、私が飲める薬があったんです!!
「甲状腺疾患がある人は医師に相談してください」って書いていない、扁桃炎の漢方薬が!!
風邪薬系は大抵注意書きに甲状腺疾患の方とあって飲めないと諦めるのですが、今後はこれを頼ればよい!

でもこの時、他の風邪薬で、外箱の注意書きに要相談の病名書いてなかったから買った薬があったんですが・・・。
封を開け中の説明書を読んだら、甲状腺疾患の注意書きが・・・。
しかも他に、心臓病、腎臓病、肝臓病、糖尿病、緑内障と、相談しなきゃいけない人の範囲が広いのに、外袋に一切その注意が書いてない!!
こういう包装たまにあるんですよね。。。
¥1000ぐらいの薬だったけど、こういう場合¥10でも悔しいです。
同じメーカーで、これより少し高い薬ものと迷たんですが、まだ安いのにしておいてよかった。
勿体ないので、今度持病の通院の時、薬剤部の方に聞いてみようかなぁ。

おっと、話がそれました(^^;)
とこんな感じで、自力で大分良くなりましたが、そろそろ回復したいので、結局薬に頼っています。
市販の薬でダメだったら、ちゃんと病院行こうと思います。
と言っても、ピンパの事が済んでからかな・・・。

ボチボチ、制作もしています。
9月の出展が一つ決まっているので、それに向けて頑張らないと!
その日記はまた別の日に。
関連記事
スポンサーサイト



category: 心と体

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret