AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

床下浸水被害(長いです)  

あっという間の出来事でした・・・。
我が家、床下浸水してしまいました(TAT)

家にはTVが無く、ラジオも聞いていなかったここ数日。
台風が来ることは知っていましたが、こんな大型台風が関東上陸すると知らずに過ごしていました・・・。
随分強い雨だな?!と、時々川を眺めて心配にはなっていたのですが、いつもギリギリまで水かさが上がっても溢れる事はなかったので、様子を見る程度で特に焦っていませんでした。

しかしその内お向かいさんが、土砂降りの中、玄関先に防波堤を作り始めた。
見ると道路が冠水してきた。
川は、まだギリギリ大丈夫。
道路の水も、まだ庭先までは来ない。

この段階でも、上陸の情報が入っていなかった為、大丈夫だろうと軽く思っていた。
下水が追い付かないだけだろうと。
案の定、我が家の下水の蓋からも水が溢れて道路に流れ出て行っていた。
古い建物なので、浄化槽だし、下水の蓋には外す為に手を入れられるほどの穴が開いているんです。

それでも、道路からの浸水はまだ大丈夫そうだし、浸水対策するほどでもないだろう。
何よりそんな事したら、下水からあふれた水が外に出て行かないで、庭に溜まる。
物凄い豪雨だし、合羽なんか持っていないし、わざわざ外に出なくても・・・。
そうやって窓越に、家の周りを時々チェックしながら、お昼を食べ終わり、のんびりティータイムでもしようかと、久々に紅茶を入れミルクを泡立て、のんきにティーラテなんか作っていた。

一口飲んで、ベランダから外の様子を見ると・・・。

!!!かっ、川が氾濫している!!!
P1012184.jpg
風による波で、ざぶんざぶんとフェンスの向こうの川から道路に向かって溢れてくる!!
もう、道路も完全に浸水!!!
で、慌てて玄関を出ると。

!!!!門扉から水が!!!!

道路には、どこから流れてきたのか、草やゴミが!!
P1012186.jpg
おお慌てで、ペットシートを土のう代わりにしようと敷き詰めるも、水を含ませる間にどんどん水かさが増してくる!!!
水を含んでいないシートは軽く、花壇のレンガを外して重しにしても全然ダメで、水に押し流され、隙間から水が入り放題。
しかも、我が家は門扉ともう一つ、プロパンガスを出し入れする裏口が道路に面してある。
その2箇所は、塀がない状態。
要は、門扉だけ防いだところで、裏口から浸水する!
それに、その裏口の所だけ奥までコンクリート敷きになっているのだけど、そこが先に見た下水の溢れている所で、川みたいに後ろから道路へ水が流れてる。
って事は、今更道路からの水を防いでも、結局、雨と下水の溢れで庭が水浸し!!
ってか既に、水浸し!!!!!
右往左往と、土砂降りの中、合羽代わりに着たジャンパーもびしょ濡れで、何をすればよいのかパニック状態!

もうだめ、間に合わない!!!

取りあえず、床上しない事を願い、玄関からの浸水を防ごうと、玄関にペットシートをあてがえるも、もう遅かった・・・。
P1012183.jpg
見る見る浸水、ペットシートが吸水するスピードより、入ってくるスピードの方が速い!
慌てて、雑巾やタオルを隙間に敷き詰め直し、洗面器で水をかき出す。
その内、何とか水の侵入が止まった。

取った水を台所を通って、風呂場へ捨てに行くと。

いやーーーー!!!!
完全に床下浸水!!!!!
P1012181.jpg
床下収納が、水で持ち上がってきた!!!
そして、風呂桶にまで!!
P1012182.jpg
下水から上がって来てるのだろうか?!

もう玄関の水をどうのこうのしたところで、駄目かもしれない・・・(TAT)
ここで、思考がストップしてしまったので、父に電話。
どうしたらよいのか聞いて、出来るだけ荷物を上に。
と言っても我が家の1階は大したものを置いていないので、する事がない。
でもって、また、どうしようどうしようと、家じゅうを行ったり来たり、完全にパニック。

お向かいさんが準備しだした時、私も準備すればよかった。
土砂降りで濡れる事を気にしてる場合じゃなかった。
下水が溢れて道路に水が流れなくなっても、そんなの大したことなかったかも。
そもそも、その下水に蓋が出来れば、庭には流れ出なかったんだし・・・。
それより、川が氾濫して道路から水が入ってくる方が、あっという間で危険だった!

なんて後悔してももう遅い。
ただじっと耐える、不安な時が過ぎる。

雨が弱くなってきた。
外に出てみた。

道路も庭もまだ浸水中。
玄関はなんとか引いた。
床下の通気口から水が流れ出している。
床下収納も大分下がっていた。
でも、まだ床下は水浸し。

外で、お向かいさんが誰かと話している。
家から少し離れた位置にいる。
くるぶし丈の長靴しかない私は、もう足びしょ濡れ。
ペットシートが邪魔して、門扉が開けられない。
水の中を歩いて行くのもためらって、門扉から声をかけた。
聞けば、お向かいさんは床下浸水しなかったらしい。
「うち床下浸水しちゃったの~。」
すると「え!!江川さんとこ浸水だって!!」と、一緒に話していた方達を呼んでくれた。
その方々は、消防隊の方々だった。

浸水した玄関の写真や門扉周りの写真など撮って行く。
水は大分引いてきていたのだが、この後さらにひどくなるようであれば避難をしてくださいと言われた。
でも、我が家にはワンコが居るし、独り身で車も持っていない。
それを伝えると、「貴重品を二階にあげて、ワンコと2階で避難していてください。何かあったら119番に通報して良いので。」と。
そんな事態になっては困るのだが、少し安心、そしてお向かいさんとコミュニケーションが取れたのでそれも良かった。

で、床下浸水なんて初めてだったので、この後どうすればよいのか、消防隊の方に聞いた。
すると、とにかく乾かす事だと。
畳を外し床下を乾かす・・・。
1人で出来る作業だろうか?

そんな事を思いながら、もう浸水は大丈夫そうなのだけど、門扉と裏口の2ヶ所に、土のう代わりのペットシートを、門扉を開けて出入りできるように、シートの向こう側にレンガや花台の板などをあてがって、門扉との境目を作って、シートを積み上げ直して、更にレンガで抑えておきました。
P1012188.jpg
土のうの様に見える白いのが、吸水ポリマーが水をたんまり吸った状態のペットシート。
所々破けて、ポリマーが流れ出てしまっているけど、この状態が、浸水前に出来ていたら・・・。
水の早さに驚くばかりです。

実は5月頃、1階の畳が沈み始めたので、床下が腐っているのかと心配になって、工務店に見て貰おうか検討していました。
でも、抜けているわけではないし、抜けてからでは遅いのだけど・・・。
ワンコのおそそ避けに畳の上にクッションフロアーを全面敷きしているので、それで畳が通気性を失ってヘタってるのかもしれないし、床下工事となると大変な金額がかかるから、取りあえず畳の表替えでもして貰って、その時ついでに床下を見てみようかと、それでダメそうだったら工務店さんに頼もうかと。
でも、そんなこんなで迷っているうちに、私の体調が悪くなり、ピンパの具合が悪くなり、ピンパの手術にお金が必要になり、床下は2の次で考えるとして、まずはピンパと思っていた。

で、今回の水害・・・。
床下の工事とか、畳替えとか、慌ててしなくてよかった。
2度手間になるところでした。。。

幸い床上までは上がってこなかったけれど、畳には染みてしまったかもしれないので、敷き詰めていたクッションフロアーを外して、畳の通気性を促してみる。
お天気が良くなったら、畳を上げて見てみないと・・・。

今回の雨、凄かったけれど、今までの大雨と大して変わらないように思えた。
それで、こんなに氾濫、下水が間に合わない。
しかもどうやら、我が家だけ土地が低いみたいで、ご近所さん方は浸水していないみたい。
今後の大型台風に備えて、土のうの用意も必要だろうか・・・?
取りあえず数日して天気が安定したら、父が来てくれることになった。

この家を買う時、築浅の頃一度床下浸水が起きたと聞いている。
ご近所さん情報でも、同じ事を聞いた。
今回、35年ぶりぐらいの床下浸水。
でも、うちだけ浸水って事は、その30年以上前の浸水では我が家は床下どころじゃなかったのかも?

今日、本来ならピンパを移転した病院に連れていく事になるところだった。
でも、移転先が遠いので、次回来るときは手術の時にしたいと、薬を2週間分出してもらって、今日は行かないで済んだ。
ペットシートも、昨日丁度切れて買って来たばかり。
しかもいつもは一袋しか買わないのだけど、なんとなく二袋買ってみた。
私の行動の遅さで、シートが土のうの役割を果たせなかったけども・・・。
シートは1袋の半分使った。

なんか、床下工事、畳の表替え、通院の先延ばし、ペットシートの買い溜め、この結果、何かに守られている気がする・・・。

こんな水害が起きてしまったので、ピンパの手術を頼んでいる場合ではなくなりました。
落ち着いて術後の世話が出来ません。
これだけでなく、術後の世話を考えると、クラフト展と重なってしまうそうだったし、8月に急がなくてもと思い始めていたところでした。
なにより、手術を頼もうと行った初日に、2週間後に病院が移転すると聞いた時点で迷ったし。
なんか、なかなか手術に踏み切れなかったり、行動を起こそうとするとそれを阻む出来事が起こるので、もしかしたら、今の病院でピンパの手術をしない方が良いのかもしれないと・・・。

これらの出来事の流れ・・・。
ここまでして手術が出来ない用に事が運ぶか!と。
きっと何かに守れれている、と意味を感じずにはいられません。

幸い、薬が効いて腫れは引いたし、元気も取り戻したし。
動物病院は、自分の所で予防接種をしていない個体を見るのをあまり好まない傾向にあるので、次回の予防接種を、以前日記にも書いた駅向こうの病院にお願いして、ワンクッションつなげてから、今後どうするか相談してみようと思います。

もう余りの出来事に、一気に動いて、気も張って、水が引くのもあっという間で。
大変だったのは3時間程なのに、もうグッタリです。。。
しかも、出窓から雨漏りするし・・・。
P1012187.jpg

明日も雨ならしいので、買い物も行けないから、冷蔵庫そろそろすっからかんなんですが、卵2個とひき肉、少しの野菜でなんとか乗り切ります。
最悪、具なしのペペロンチーノや、バジリコで、パスタを食べてしのげるし。。。

避難なんて、我が身に降りかかりそうになるとは思ってもみなかった。
避難先すら把握していない。
以前、市報や市役所でもらった災害の冊子などで、場所の名称だけは見たことあるけど、住所も地図も載っていないので、土地勘のない私には、それが何処かすらわからない。
かと言って、ネットで場所を調べる気にもなっていなかった。
近くにその建物がないと言う事は、歩いて避難できる範囲ではないことは確かなんだけど・・・。

災害後に結婚する人が増えたと、聞いたことがあるけど・・・。
パートナー探しを真剣に考えようかなぁと。
ちょっと心細くなってしまいました。。。
関連記事
スポンサーサイト



category: その他

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret