AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

台風に備えて  

今朝9時頃、昨日中断していた川底の整備工事が、雨の中再開していました。
川の水嵩は既に半分ぐらいまで上がっていて、大きなショベルカーで見えない川底の砂利を持ち上げトラックにあげていました。
昼頃には終了した様で、音が静かになり外を見ると什器も全て無く、土のうが摘んでありました。

私も自分で出来る事は出来るだけしなければ。
幾つか準備をしました。

まずは、町内消防で用意してある土のうを借りて、下水に蓋をしました。
今回の浸水で、この辺一帯、豪雨では川の氾濫より先に下水が間に合わなくなる、と言う事がわかったので、これが一番重要と判断しました。
これを防がない事には、道路の水を防いだところで敷地に水が溢れてしまうからです。

また、我が家の前は私道で、本下水が来ておらず、浄化槽で処理をしています。
汚水は直接浄化槽に流れているはずなので、その蓋がある下水はその他の生活排水が流れている、排水マスと思われます。
雨水は下水に流さず、敷地内に浸透させる様になっています。
排水マスは3個あり、そのうちの1個は、我が家だけの排水ではなく、奥の2件からの排水も流れる様で、我が家で水を使っていなくても時々水の流れる音がします。
我が家は公道から2件目の家なので、更にその下水は角のお宅の敷地を通って、本下水に流れているんだと思います。

その排水マスの蓋の形は、中央に楕円の穴が開いており、一端はそこに土のう袋を直接乗せました。
でも、土のう袋が破れやすいと言うので、今日もう一工夫。
P1012196.jpg
土のうの下に、クッションフロアーを敷き、万が一破れてもマスに泥が流れ込まない様に乗せ直しました。
これで、排水マスに雨水が流れ込んで排水が間に合わなくなる事も、土が落ちてつまってしまう事も、逆流した排水が溢れる事も、ないはず。。。

ただこの土のう、まだ山隅に残っていたのですが、他のお宅の事も考え、私は蓋の為の3個だけ貰いました。
なので、道路からの浸水を防ぐための物を、他に用意する必要があります。
ネットで色々検索していると、水のう、と言う方法を知りました。
2重にしたビニール袋に水を入れ、空気が入らないようにしっかり縛った物です。
それを段ボールの中などに入れ、段ボールで堤防を作ると言う方法です。

段ボールを横に並べて、ブルーシートなどで一本の塀にするわけなんですが、我が家にブルーシート等の大き目のシートがないので、何枚かのビニールとテープで貼って段ボール壁を作りました。
P1012194.jpg
手前のがそれです。
裏口用のサイズで、段ボールの中にビニール袋3枚を口を開けた状態で、テープ留してあります。
雨水が溜まれば、自然と重しになるかと思って。

奥にあるのは、クローゼットの中の和ダンスの引き出しです。
桐材でしっかりしているので、什器作りに利用できるかと、使わなくなったクローゼットから外して取って置いたものです。
これが2枚あるので、玄関前はこれで防ごうかと。

門扉の所はこの板では長さが足りなかったので、これまた什器作りに使おうと取って置いた、帯用の桐箱の蓋。
P1012198.jpg
2枚重ねて釘とテープで固定し長さを出しました。
因みに帯は母がもってるので、私の所にはありません(苦笑)

これらを固定する水のうを、せっせと制作。
しかし、家にあるスーパーのビニール袋は半分が水漏れ・・・。
先日ホームセンターに行った時、ビニール袋を買っておけばよかった。
家じゅうのビニール袋を集めて、小さな水のうを幾つか作り、それをゴミ袋や大きめの袋に詰めて、玄関先、裏口、門前にセット。
P1012197.jpgP1012195.jpg
大きめの袋、5個分作りました。

これらの作業4時間ぶっ続けでしたら、もう今日の体力を使い果たし、夕食を早めに食べ、寒いのでコタツの電源を入れていたら、急に眠気が、コタツ布団はまだ出していないので、寝冷えしてしまいました。

これが上手く働くかはわかりません。
どんなに頑張っても、庭先に水が来るかもしれない。
雨の量が多すぎて、庭に浸透するのが間に合わないかもしれない。
そしたら、道路からの堤防が上手く働いても、全く意味がないかもしれない。
そうなったら、床下の通気口を塞がないと、結局水が上がってしまうのでは?
クッションフロアーの余りがまだあるので、それを使ってエアコンパテで止めて防げないだろうか?
無駄な抵抗かもしれませんが、やるだけやっておかないと。

明日、曇りになってくれることを願って、その間に自転車でホームセンターにパテを買いに行ければ、この作業をして通気口を塞ごうと思います。
あと、締め切り今月末の支払いがあったのにすっかり忘れてて、明日絶対外に出ないと(苦笑)

風呂桶は残り湯を捨てずに張って置く事にしました。
トイレや洗面所なども水のうを入れておくと、水が上がるのを防げるそうです。

次の台風、お願いだから来ないで欲しい。
予報が外れて、太平洋側に進路を変えて、日本からそれて行ってくれればいいのに。
奇跡が起きて突然消えてくれたらいいのに。
とにかく、日本に上陸しないで、太平洋で消滅してください!!
お願いします!!
関連記事
スポンサーサイト

category: その他

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret