AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

うひゃこカラー  

161217あと少しでうひゃこカラー
ワックスコードネックレスを製作していて出たクズ。
これを見て思い出しました。
文化服装学院時代、クラスメイトが「うひゃこカラー」と言う物が存在すると教えてくれたのです。
それは。。。

ピンク、水色・黄色・黄緑・オレンジ・紫

この6色が入っているのがうひゃこカラーだと。
自分では全くの無意識で、私服や制作物に使っていた色ならしい。
未だに、そんなに使っていたかな?と思うのだけど・・・。
使っていたんだねきっと。
っていうか、いまだに使ってるんだね(笑)
このクズを見て、あと少しでうひゃこカラーだと言う事に、気が付きました♪

元々色奇知の私、未だにこの色の組み合わせは見ていて落ち着きます。
心がしっくり、和むのです。

売場では余り派手な服装をしないよう、今は黒ばかり着ていますが、本当はピンクや水色、色の沢山入った服を着たいのを我慢しています。
で、最近、余りの色のなさに我慢ができず、通勤時だけ、学生の頃作ったピンクの皮バックに水色のジャンパー、紫の手編みニット帽をかぶり、色に囲まれて心ホクホクしています(笑)

製作物も、シルバーアクセサリーはそれほどまでに色を表現できないので、時々色物を作りたくなります。
ならば、石を沢山留めてカラフルゴージャスにしても良いのですが、シルバーと言う素材からしてそれはちょっと違う気がする。
だから、今は粘土細工なのかもしれません。

天然石アクセサリーを作っていた頃は、お客様に「色の組み合わせが独特で他にない」と、良くお褒めの言葉を頂きました。
そのカラフルな感じが好きだったお客様に、シルバー路線に変更後ガッカリされてしまったことも・・・。

それと同じく、私自身も、悶々としていたのかもしれませんね。
この色の選択が物語っています。
粘土細工で、うひゃこカラー復活!!
となる様な、ならない様な。。。(^^;)

どんな形で辿り着くかは、まだわかりませんが。
また新たなAtelierUhyakoが、生まれる予感がしています♪
関連記事
スポンサーサイト

category: 作家活動のあれこれ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieruhyako.blog.fc2.com/tb.php/830-73cd16eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)