AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

秋の恒例、オオハキリバチ侵入  

この時期になると家に侵入してくる、オオハキリバチ。
今年は居間の障子の敷居の所でじっとしているのを発見!
170922 大ハキリバチ
一瞬、なんだ?あんな大きな埃どこから?っと、ゴミだと思って近づいたら蜂だった(笑)
めがねの度、流石に弱すぎるかなぁ?(^^;)

で、今日は気温が低いのでじっとしているだけなのか?息絶えたのか?わからない。
この蜂は滅多に人を襲う事はなく、色々検索すると、巣作りの最中、巣は筒状の穴に作るのだけど、その穴を指で塞いでからかっても人を襲う事無く、なんだ?ってな感じで頭でぐいぐい押してどけようとする、なんて記事もあったりして、見た目のゴツさや飛んでる時の羽音の大きさ、スピードに反して、案外可愛い蜂ならしいのです。

とは言え、飛ぶ虫が苦手な私にしたら、またいつ飛び出すかわからない緊張感が・・・。
なので、そっと窓を開け、ほうきで掃いて外に出しました。

一体どこから侵入するのか?
それとも、既にどこかに巣があって、羽化して出口を間違え家に出る子が居るのか?

数日前トイレの壁の中で、大き目の虫の羽音が聞こえた。
もしかしたら、この子だったのかも?

これはもう、秋の訪れを感じさせる恒例の出来事の一つになりつつありますが。
出来れば、出口を?もしかしたら入口なのかもだけど?間違えないで欲しいものです(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieruhyako.blog.fc2.com/tb.php/965-87c9508d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)