AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

そろそろ動き出します!  

ぼちぼち、仕事の話が舞い込んできました♪
展示や出展、共に新たな試みの内容、場所です。
まだ詳しくは書けませんが、順に出展予定も更新できると思います♪
今しばらくお待ちください(^^)

と言う訳で、のんびりもしていられない!
ワンコはまだまだ、私が同じ部屋に居ればず~っと寝ていてくれるのに、アトリエに1時間籠るとモゾモゾし出し、オムツ脱いでお漏らしまき散らしてから騒ぎ出すので、居間に降りた時にはもう、いや~(><)な状態になってしまいますが・・・(--;)
何とか、方法を見つけて、制作しないと!!

と、こんな事情もあいまって、更に以前から考えていた事もあって、作風が変わると思いますが。
それを切っ掛けに、また新たなAtelierUhyakoのアクセサリーを、楽しんで頂ければと思います♪
関連記事

category: お知らせ

tb: 0   cm: 2

危うく菌をまき散らすところだった・・・。  

今日の(日付的にはもう昨日だけど)明け方ブログを上げ、いつも通りその後就寝。
10時頃起きようと目覚めると、異常な寒気が。
気温は低いとは言っていたが、その寒さじゃない。
念の為エアコンをつけてみるも、やはりさほど寒くない様でフル回転にはならない。

え~、ええぇ・・・、まさか、まさか・・・。

熱を測る・・・37度2分。
あっ、この数日の酷い鼻炎は、風邪だったのか。。。
もうガックリ。
更にお天気もどんよりでガックリ。

このぐらいの熱で、何をそんなに?とお思いだろう。
私も本来なら、風邪薬を飲んで過ごせてしまう程度だが、今日はそうはいかなかった。
今日は、母の初外出を予定していたのだ。
兄と父と約束をして、施設近くの神社の酉の市に連れて行ってあげようと、張り切って準備をしていた。
我が家に外泊する時の為の、我が家の間取りや写真なども書類を作って担当者さんに渡す予定だった。

ずっと熱なんか出なかったのに、なんで今日に限って(><)
起きてしまえば熱も下がるか?と少し迷ったのだが、そういう問題ではない。

仕方なく兄にメール、事情を説明。
兄に母の服を届けてもらう約束をしていたので、外出はキャンセルでそれだけ頼みますと。
父に電話をすると、腰が本調子でないのを外出の手伝いに来てくれる気でいたので、父もキャンセルすると。
11時頃、施設に電話、担当者さんは席を外していたので、伝言を頼んだ。
電話先でも、風邪と熱に敏感に反応、「来れませんね!」と食い気味に返答された。

一通りの連絡が済んで、起きても良かったのだが、気力がね、すっかり途切れてしまって。
ジャンニのトイレを片付けて、スキッキはスヤスヤ寝ていたので起こさず、申し訳ないがオムツでしてくれ~と思いながら。
11時半頃、私も再び横になった。

15時頃目が覚めて、熱を測るとまだ微熱。
もしかして、この数日熱あったのかな?
寒気までしなかったから測らなかったけど、でも、測っていたとしても1週間も長引くと思わないし、やはり外出の申し込みはしてたんだろうけど。

風邪引いたと電話をして予定をキャンセルなんて、久々にした。
何年ぶりだ?なんか学生の休む連絡みたい(苦笑)
しかも、大したことない風邪なんだけど、移す心配の方がまずいから行けないっていうジレンマ。
更に、大した事が無いから、仮病みたいな気分になってくる・・・(--;)

あっでも、考えようによっては、余りに私が風邪だと思わず過ごしてるから、そのまま知らずに施設に菌を運んでしまったら危ないので、何か不思議な力が働いて、それを阻止したのかも?
と、思って見たり。

でもまぁ、水っぱなじゃないし、鼻のかみ過ぎで鼻も鼻の下も上唇もかっさかさのボロボロだし、喉イガイガしてるし、咳も痰も出るし、肺も少しゼイゼイしてるし・・・。
って、冷静に考えれば、熱出てなくても十分風邪の症状だわね。

鼻炎と思い込んだまま、施設に風邪菌運ばなかっただけで、運が良かったと思わなきゃ。
お天気もどんよりで、外出は無理っぽかったし。
兄は行ってくれたんだし。
今日無理に外出してたら良くない事が起こったかもだし。

で、中途半端に、風邪だ熱出たと自覚してしまったもんだから、な~んにもする気にならなかった。
そんな悶々とした、駄目駄目の1日なのでした(苦笑)
関連記事

category: 心と体

tb: 0   cm: 0

お互いの話を理解できていない、老人と局員  

郵便局に行くと、一人の老人が窓口で何やら局員と話している。
内容まではわからないが、どうやら手元にある書類の意味が分からない様子。
局員は、その老人が何故困っているのか理解できないようで、色々と説明をしているが、老人はその説明の意味も分からない。
それもそうだ、手元にある紙の書類の事がわかっていない老人に、「ダウンロードするしか取得できない書類なので」云々・・・と。
老人は思わず、「はっ?!」と、すっとんきょうな声を出した。
きっと外国の言葉を聞いているかのようだったのだろう。

私は支払いをしたかったのだが、数名いる局員は他の仕事をしており、ゆうちょ側の受付はその局員一人と言う状態。
つまり、その老人が終わらない限り、次の私の順番は回ってこない。

諦めてコンビニ行くかぁ。。。

一瞬そう思ったが、コンビニはこれから行かねばならぬ少し離れた薬局と反対方向・・・。
ワンコのオムツはそこが一番安く、今あげてるフードもそこにしか売っていない。
更に、薬局での買い物後は荷物の山で、どこかに寄れるような状態じゃない。

ん~しかし、まだまだ時間がかかりそうだ。。。

でもどうしても、フードは今日買いたい。
仕方がないので順番が来るまで、申し訳ないが彼らを観察しようと思った。
もし母が、リハビリが順調に行き、元の自宅でまた一人暮らしが出来ると判断されたとして、この老人と同じような事が起こるのではないか?と思ったからだ。

ただ、最近の書類はわかりにくい物が確かに多い。
きっと若い人たちが書類を作っているんだろうなぁ、と思う言い回しの事も、時々あったりする。
超高齢化社会だというのに、書類の内容、書き方、言葉のチョイスはとても現代的で、何だったらパソコン用語が入ってたり、最近だったらスマホ用語?が入っている事だってある。
例えば、「アプリをダウンロード」とか「HPで申込」とか、それらの説明はそうとしか言いようがないが、世の中の流れについて行けていない老人は、ご案内書類すら理解が出来ないかもしれない。

彼はボケているわけではなさそうだった。
ただ、家族は居ない様で、妹さんがどうのこうのと言う話になって行った。
妹に頼んだのか?妹が記入したのか?妹に預けたのか?何だかそんな感じの話をし始めた。
でも肝心の、彼が言っているその書類が何なのか、局員が全く理解できていないのだ。

窓口には、「ご自分が施設に入ったらお金の引き出しが出来なくなります。そんな時どうすればいい?答えは局員にお尋ねください!」と言う意味合いの、いかにも最近の人の発想で書いたであろううたい文句が書いてある。
もっとストレートに内容を書けば良いのに。。。
こんな不安をあおるような不親切なご案内、ご老人が見て質問するのだろうか?
ってかこれ、何かでで見た「ゆうちょが通帳をお預かりします」ってのだろうか?
後見人の代わりをゆうちょがするって事なんだろうか?

・・・あっ、まんまと私が引っ掛かり、疑問を抱え出してる(笑)

ご年配の方々は、郵貯への信頼が厚い人が多いから、良い事ばかり説明されたら信じて預けちゃう人居るんだろうなぁ。
この方ももしかしてその話してるのか?
でも、どんな仕組みかわからないけど、天涯孤独の本人が意思確認が取れない状態になったら、誰の指示でその預金を動かすのだ?
なんか、詐欺の格好の餌食になりそうな気がして怖い。

などと、私の思考がどっぷりハマった人間観察から、少しずれ待ってる事すら忘れ始めた頃。
郵送の仕事をしていた局員が、こちらに回ってきて、私の用事は済んだ。

それでもまだ、その老人と局員は、お互いが何を言ってるのか全然わからない、全くかみ合う事のない会話を続けておりました。

そして私は、新しい言葉を学ぶ必要性、それらを日本語で説明できる大切さ、母の心配、自分の老後、色々考えさせられましたとさ(^^;)
関連記事

category: 心と体

tb: 0   cm: 0

私が唯一好きなピアニスト  

この人のピアノは、なぜこんなにも、物悲しく、寂しく、儚く、なのに、優しく、温かいのだろう。。。
そう思たのは20年程前。
TVから流れるその音色に、自然と涙がこぼれてしまった。
そして初めて、ピアニストを好きになった。

そのピアニストは、フジコヘミング。

今日、その感動した番組の再放送を、偶然見た。
やはり同じ感想だ。
そしてまた、自然と、つーっと頬を伝う。

彼女の人生を振り返りながら、時々奏でる、そんな仕上げになっている番組の構成。
それは、語りではなくすべて字幕。
時々彼女と制作者の会話が流れる程度のもの。

なので、昔も今日も、所々字幕を見損ねた私は、大変な人生だったんだなぁ、ぐらいにしか理解をしていない。
つまり、彼女の生い立ちを哀れんでの涙ではない。

何故にこんなにも、心に響くのだろう。
まるで、歌っているかのようだ。
語っているかのようだ。
ピアノと体が一つになっているようだ。
お互いを受け入れ、拒絶することなく支配することなく。
それは、とてつもなく愛に満ちて温かく、しかし、引き裂かれそうに悲しい。

当時、CDを欲しいと思った。
でも買うのをやめた。
きっと、涙が止まらず、解放されて、私の何かが変わってしまうそうだったから。

こんなピアニストは初めてだ。

と言っても、それほど他のピアニストを知らない。
何故なら、TVに出るように有名な人やコンクールや留学で成果を出した人、又はジャズやボサノバ、等々。
まぁいわゆる時々メディアにあげられるピアニスト達は、技術は凄いのだろうが。
その音色は、私にはどれも、押し付けがましく、圧がすごく、ピアノが悲鳴を上げているようにしか聞こえず。。。
気の強い演奏者に、楽器が支配されているように感じて、心地よくなかったのだ。
更に、自分自身が体験してきた、曲を理解できぬまま楽譜通り弾ければ次に進む、ごく当たり前の、達成感しか感じないレッスンが思い出されて、益々不快になるのだった。
だからてっきり私は、聴くのも弾くのも、ピアノが嫌いなのだと思っていた。

でも違った。
こんな音色を奏でる人もいたんだと。

今日もまたCDを買おうかなと一瞬思った。
でも、今思い出すだけで、涙があふれる。
やはり私にはまだ、彼女の音色の存在は大きすぎて。
私の何かが変わってしまいそうなきがして。。。

ネットで検索すれば出てくる時代だが。
それすら、出来ないでいる。
関連記事

category: その他

tb: 0   cm: 0

鼻と耳  

6日、母の見舞いと今後の打ち合わせに、施設に行った。
着くなり鼻水が出始めて。
兄の話ではフロアーが掃除中だったというので、埃に反応してるのだと思ってた。
でも、その後ずっと、鼻水、鼻詰まりが止まりません。。。

寝ている間、完全に鼻が詰まって口呼吸をしているようで。
喉がヒリヒリ~(><)
そして目も痒い。
顔も痒い。
熱は出てないから風邪ではないはず。
一体何に反応しているのやら。。。
こんなに喉がやられていたら、そのうち熱だしそうだよ~。

でもって鼻のかみ過ぎで、弱ってる耳がまた遠くなりましたとさ。

そうそう、遠くなるで思い出した!
小声では聞こえていない可能性があるようで。
先日、兄に「本当に聞こえてないんだね。」と突然言われ、なんのこっちゃ?と思ったら。
目の前に座ってる兄が何かを小声で言ったらしいんです。
全く聞こえてなくて無視してしまいました(--;)

その後、効かない薬で6千円も取られてシャレにならん!と病院には行っておらず。
友達のアドバイスで枕を高めにしたら、うっとうしい二重の音は消えて!
良くなったと思っていたんですが。
どうやら左耳、正しい音の方が聞こえなくなって、音程の下がった音だけが聞こえる状態になっていたようなのです。
でも不思議で、両耳で聞くと、どちらかの音が優先されて聞き取られて、和音にならないんです。
しかし、片耳ずつ聞くと、右の音より、左は半音下がってる。

つまり正常ではないんだけど、耳障りじゃないから、気にならなくなってたんだけど。
前より聞こえが悪くなってるのかも・・・。

ネットで調べると、同じような症状は比較的すぐ出てきて。
自然治癒はしないみたいで、治療法も特にない様で、完治は難しく、進行させないように気を付ける治療法しかないみたい。。。

なんか私のかかる病気って、はっきりとした原因は不明、ストレスが主な原因、一生のお付き合い、こんなんばっかだわ。
今生は我慢、忍耐の修行しろって事ですかね(--;)
関連記事

category: 心と体

tb: 0   cm: 0

浄化槽掃除のお陰で草刈り  

おぁ!おっと!まずい(><)

昨日夕方、毎年掃除をお願いしている浄化槽屋さんから電話。
「明日伺いますので~」と。

何がまずいって、草ボーボーなんですよ。
蓋は開けられるんだけどね。
そしたら大丈夫って言ってくれたんだけどね。
やっぱ申し訳ないよなって、重い腰が上がった訳ですよ。

いつものごとく、何をするわけでもなく、寝るのが心配で朝方まで起きている私。
心配ってのは、犬が夜中に大変な事になるのでは、という心配ね。
私の体がどうかなるとか、そう言う病的な心配ではないのでご安心を(笑)

で、朝6時・・・。
来るのは8時半頃・・・。

良し!頑張るか!
朝ぶろに入り。
あっ、これはワンコではなく私ね(笑)
眠気を消して、草刈りじゃ!!

でも電動で刈るのは、絶対カナヘビまで逝ってしまうと思ったので、手でワシャワシャむしりました。
そしたらやっぱり、ちっちゃなカナヘビベビーが出てきたよ~♪(^^)
写真を撮る暇はないので、そっと手に取り、枯葉などが置いてある場所へ移動。
寒いからもうすでに動きが鈍く、すぐ捕まった。
お腹が空いたら、ここなら食べる物沢山あるよ~と(^^)

で、取りあえず、作業して頂く場所と、玄関先と、外の草や枯葉などを久々に片付けました。
しかしその他の所は、相変わらず草ボーボー。
ってかもう枯草になってるんだけどね(^^;)

でも良いの!
カナヘビが沢山住み着いてくれてるから!
カエルも、冬眠しやすいはずだから!
ヤモリだってそのうち居付くはずだから!
と、サボる理由に爬虫類を利用している、ずぼらな私なのでした(^^;)

しかし伸びきった庭木は、ベランダに布団が干せなくなってきたので、やらねば。。。
でも、お天気がね~、やろうとすると雨なんだよね~(笑)

こりゃきっと、明日はやらないな(笑)
関連記事

category: その他

tb: 0   cm: 0

差し入れが紙カップだった  

この所、特に騒がれているプラスチック問題。

先日の母のお見舞いの際、差し入れを珍しくデパ地下で探しました。
金欠の私には、ちょっと奮発した買い物です(^^;)
母だけ食べてると「あなたも食べなさい」と、とても気を遣うので、私も同じ物を食べます。
だから、予算的にもそうそう高い物は買ってあげられない。
どれも美味しそうなので、とても迷いましたが、さっぱりとした物が良いだろうと。
予算的にも買える、フルーツたっぷりの杏仁豆腐に決めました。

で、食べる時思いました。
あっ、これ、紙の入れ物だ!と。
181030ママに差し入れ杏仁豆腐

このメーカーが、エコを意識して採用した入れ物なのかどうかはわかりませんが。
ちょっとだけ、環境に配慮した買い物を出来た気分になりました。
って、付けて貰ったスプーンは、しっかりプラスチックなんですけどね。
私も買う時、そんな事意識してなかったし(^^;)

カットされていない、本当の杏仁豆腐がトロっと敷き詰めてあって、とても美味しかったです。
なんというメーカーなのか読めなくて、袋も捨ててしまったのでお伝え出来ませんが(^^;)

イライラしていた母が、「今日の最後にこんないい香りの、こんな美味しい物が待ってたなんて、幸せだわ。」と言ってくれたので、選んだ甲斐がありました♪
まぁ、早々買ってあげられないけどね(笑)

次はスーパーで買ったフルーツゼリーとかで、ごめんなさいって感じかな(笑)
ガッツリ、プラスチックケースですけど・・・。
でも、基本エコバック持参の数十年、ってエコと言うより、ただの節約魂ですけど(^^;)

昭和を知らない世代は、瓶を返却してお金になるというのが、新しい発想と思うらしい。
昔は、ジュースも醤油も酒も、全て瓶で、酒屋さんに空き瓶を持って行くとお金になって、新しい酒や醤油を買う時に値引きして貰えたもんです。
その瓶は勿論再利用されてまた店頭に並ぶ、それが当たり前だったんだよね~。

って、このままいくと話が長くなるので、この辺で(笑)

たまに贅沢したら、環境にも良い買い物だったって話でした(^^)
関連記事

category: 家族

tb: 0   cm: 0

以前アップした毛虫達の再検索結果  

181005 黒オレンジ毛虫
この子は、ツマグロヒョウモン、という蝶の幼虫と判明。
山吹色の羽根に黒い模様の綺麗な蝶♪
見つけたのはこちらのサイト
http://www.insects.jp/kon-tyotumaguro.htm#youtyu
これは時々、見る事がある蝶だった♪
東京では見かけた事がなく、初めて見た時は、とても綺麗でちょっと感動したのを覚えている。

180924庭に居た派手派手の毛虫
この子は、ルリタテハ、の幼虫、しかも終齢幼虫と言う成長最後の色ならしい。
見つけたのはこちらのブログ
https://plaza.rakuten.co.jp/Wolffia/diary/200910060000/
前に検索して見つけた、これと似たような幼虫の画像は、もしかしたら成長途中のものだったのかも?
そして、成虫はこの色からは想像もつかない、ブルーの綺麗な蝶!
上記ブログの蝶のカテゴリから探した
https://plaza.rakuten.co.jp/wolffia/diary/200910190000/
これはまだ見た事が無いなぁ。
飛んでる所見てみたい!綺麗なんだろうなぁ~。

181015ベリーの葉の上の毛虫
この子は未だ判らずじまい(^^;)

それぞれ、冬越しして春に羽化してくれるんだろうか?
でも、そろそろ草刈り&庭木の剪定してしまうので、サナギがそれにくっ付いてたりして・・・。
注意しながら、庭のお手入れしないとな(苦笑)

昔は蝶も全然ダメだったのに、最近はすっかり可愛く思えてきました(笑)
他の虫も、観察してると、意外と面白いんだよね~。
表情とか、動きとか、なんか考えてるっぽく見えたりして(笑)

そうそう虫ではないですが、私のお気に入りカナヘビも、そろそろ冬眠の準備だろうから、驚かさないように草むしりしないとね。
引っこ抜くんではなく、上っ面を刈って、下は残しておいてあげようかな。
その方が、土剥き出しにならずに埃もたちにくいし♪

草むしりや剪定をサボったお陰で、珍しい生き物に出会えた晩夏と初秋なのでした(^^)
関連記事

category: 動植物

tb: 0   cm: 0