AtelierUhyako うひゃこの日記

アクセサリー作家としての活動や日々の出来事を綴ります。

10月の出展予定  

お知らせ遅くなりすみません。
今の所この先、年内の予定は入っておりません。
予定が入り次第更新いたします。

【2018年】

未定です。

<11月以降の出展予定>
未定です。
関連記事

category: 出展予定

tb: 0   cm: 0

庭のカエル  

いつだったかなぁ、そう遠くない日。
椿の木を眺めていたら。
まぁ肥えたカエルが(^^)
180914庭に居たアマガエル
こんな所に居たら、鳥に食べられちゃうよ!
と、捕まえて奥に逃がそうとしたら、ジャーンプ!!
道路にべちゃっと、着地と言うより落下(^^;)
拾って椿の木の奥に…でもなかなか捕まらず。
で、肥えてると思ったら、膨らんでただけで、結構スリムな子だった(笑)
やっと捕まえられたので、木の奥に隠しました。

が!!

カエルからしたら、助けられたというより、恐怖の数分間だっただろうな。
ふ~っ、やっと逃げられた。
とでも、思っていたかもなぁ(^^;)

関連記事

category: 動植物

tb: 0   cm: 0

母の転院&入所  

クラフト展が終わり、2日後、母の退院&入所が済みました。

午前中に移動、兄が車を出してくれます。
入所後まもなく、兄が仕事で一旦抜けて、私一人で対応。
荷物の整理や届け、先生の話を聞く事に。
その際、ちょっと気になる発言があり、心配性の私は今もまだその言葉を引きずっております。

でも母は、新しい施設をとても気に入ってくれて大喜び。
施設自体も新しいので、スタッフさんも若い子が多く優しい印象♪

体重量ったり、血圧や酸素濃度の計測なども、時間を変えて2回行って。
午前中に頭のリハビリをし、見学しているとなかなかの成績!
お昼ご飯も、モリモリ食べて♪

しかし2日後、父と見舞いに行くと。
母の頭の回転は鈍く、話しているうちに冴えてくるまで3時間ぐらいかかったかなぁ。
でもって、あんなに気に入っていたのに、もう小言が(^^;)
これは、脳の損傷による物なのかもしれないけど・・・。

人懐っこい母は、施設内で友達を作りたいと思う方なのですが。
無反応の方が多いみたいで。
見学した時はもう少し軽度の患者さんが多い印象だったんだけどなぁ。
階が違ったのかなぁ?
話し相手が居ないと、また寂しい病になってしまうのではないかと心配です。

3ヶ月は週6日1日20分程度のリハビリがあります。
が、それ以降は週2日になってしまうリハビリ。
何もしないで刺激のない生活になると、もしかしたら、あれよあれよという間に痴呆になってしまうかも・・・。
先生にも、今の状態を維持しながら楽しく過ごせるのはほんの一時ですと、はっきり言われてしまったし・・・。
とても心配です。

私は、母が一人で生活が難しかったとしても、誰かと一緒なら生活できる状態だったら、老人ホームに入れてしまうのはまだ結論出せないでいるんです。
暫く家で一緒に、もしくは近くで、なんて気持ちもあって。
でも、介護が甘いものではない事はわかっていて、働けなくなったら食べていけなくなるのもわかってる。
悩ましいです。

今の施設、先生の話では。
転倒や骨折は、入所の際一度は必ずあるから覚悟して欲しい、と言われ・・・。
でも、病院ではないのでいざという時救急搬送して貰えるって話だったのですが。
それがどうも、状況により高齢だと救急搬送自体を断られるケースがあるというんです。
例えば心筋梗塞や心臓発作、脳梗塞など。
でも母の場合この心配が多い訳で、だから、心臓が専門の先生が居る施設で安心できると思っていたので・・・。

先生が常駐ではないのはわかっていました。
でも、先生が居ても施設内で医療行為は出来ないので、間に合わないと判断した場合、搬送はせず施設で看取りをし死亡診断書を出すからと。
それって・・・延命処置をして貰えないって事ですか?と、質問したら・・・。
(※コメント欄でのやり取りで気が付きましたが、私が言いたかったのは「延命処置」ではなく、心臓マッサージや薬投与などの「救命処置」の事でした。先生にも私の言いたかったことが伝わらなかったかもなぁと反省。)

死亡診断書を先生が書かないと、警察が来て解剖にまわされて1週間ぐらい遺体が戻らない事になり、それにも施設が負担する費用が掛かるから、施設で看取るんです。
と、質問の答えが返ってこず・・・。

本来こんな金額で入居できないのを税金で賄われているから安くなるんだとか。
スタッフは安い給料で、国の為に働いているとか。
こんな制度(介護保険の事?)が続く限り、国は破綻するとか。
死ぬのを待つ状態でここに居る人もいるとか。
そんな考えなら、何故施設の医師をしているのだろうか?と、途中から話が頭に入ってこなくなってしまいました。。。

で、今後の母の生活や、治療は出来ないにしても、先生が診て下さる内容とかを説明して下さるのかと思ったら、そんな話ばかりで。
色々な事件があるだけに、こういう話を先生がするのかと・・・。
これを一人で聞かなくちゃいけなかったので、正直負担が大きかったです。
兄にも一緒に居て欲しかった。。。

先生の言葉の意味を私が間違って解釈しているのではないか?
それとも、私が聞いて思った通りの内容で間違いないのか?
そこが判らず、不安で仕方がない。

頭の中が、母とワンコの事で一杯でパンクしそうで、何も手に付かず。
そんなんではダメなのはわかっているんだけど。

自分を犠牲にして全て母の為に尽くす、そう育てられてきた私。
昔からそれがそれが苦しくて、大人になり距離を取っていたのですが・・・。
また、同じ立場に戻っていきそうです。

仕事が出来なくなるかもしれない。
母の為に何が出来るのか?
頭の中はそればかり。
それでは自滅するとわかっているのに・・・。

とりあえず、入所中に自宅外泊を一度はして下さいと言われて、勿論私たちもそのつもりでいるので。
今月は兄の都合が良ければ2回、母の部屋の掃除をしに通おうと思っています。
ワンコを一緒に連れていければ、泊まりで数日かけて掃除出来るんですけどね。
それは無理なので、日帰りで。
また実働4時間ぐらいしか出来ないんですが、少しずつでも進めておかないと。
家族も同じ部屋に泊まれるようにしないと、外泊は難しいと思うので。
兄妹協力しながら、頑張るしかない。

関連記事

category: 家族

tb: 0   cm: 5

東松山丸広クラフト展出展報告  

9月26日~10月1日は、東松山丸広クラフト展にて出展でした。
展示風景はこんな感じ、っていつもとあまり変わりませんが(^^;)
180926東松山丸広クラフト

会期中は大型台風が接近、雨の心配をしながらの出展となりました。
何せ数年前、床下浸水経験済みなので・・・。
進路を毎日チェック。
床下の通気口には土のうを積みっぱなし。
玄関前も板&土のうで対策。
幸い、最終日の前日、直撃はせず通り過ぎました。
それでも、時折まとめて降る大雨に、夜中眠れずドキドキでした。

そんな気候だったので、お客様は少な目でした。
お足元の悪いなか、お立ち寄りお買い上げくださいました皆様、誠に有難う御座いました。

作家さんからの頂き物♪
自家製の茗荷とかぼちゃ!
181001東松山丸広クラフト 幡木さんから頂き物
これ、茗荷は2回目(^^)
プリプリの大きな茗荷!!
かぼちゃは、初めて食べる品種!
というか、道の駅とかで見かけたことはあったんだけど、食用だと思っていなかった!
スープにすると美味しいと教わったのだけど、半分はソテーでシンプルに♪
とてもみずみずしいカボチャだったので、半分はぬか漬けにしてみました(^^)
なかなか面白い食感です♪
ご馳走様でした!

大雨の日の帰りは、作家さんに車で駅まで乗せて貰ったり。
翌日、電車が止まっていることを知って心配した作家さんが、朝メールをくれたり。
幸い私が駅に着いた頃には動いていたので、無事到着出来ましたが。
車通勤してる方も多く、気にかけて頂けてありがとう御座いました。

売上的には、モヤモヤする週ではありましたが(^^;)
とりあえず、家も体も無事だった事を一番と思って。
そんな感じの会期で御座いました。

しかしこの所、出展と台風がぶつかるぶつかる・・・。
そろそろシーズンは終わると思いますが。
この数年続いた、水難の相と言ってもいいんじゃないか?ってぐらいの、水がらみの災難。
やっと終わってくれるのかしら?
と、願っております(苦笑)
関連記事

category: 出展報告

tb: 0   cm: 0

そろそろ病院行かなくちゃ  

最近なんだかイライラしがちな私。
些細な事で腹が立つ。

催事の休憩中、バセドー病の話題になった。
ご家族に病歴のある方がいらっしゃる方と。

ん~、この所のイライラはもしや・・・と。

11月頃、定期検査の時期なのだが、早めに行ってみようかな。
でも、痩せてこないし違うかな(^^;)
と思ったのでした。

本日、東松山クラフト終了。
まだ数日バタバタするので、出展報告はまた後日、落ち着いてから致します。
関連記事

category: 心と体

tb: 0   cm: 0

9月26日~10月1日は東松山丸広クラフト展出展  

下記会場にて、皆様のお越しをお待ちいたしております♪

■ 9月26日(水)~10月1日(月) 
< 秋のクラフト展 >
【時間】 10:00~19:00(最終日17:00閉場)
【会場】 丸広百貨店・東松山店 4階催事場 (東武東上線「東松山」駅東口徒歩5分)
関連記事

category: お知らせ

tb: 0   cm: 0

母の行先が決まった♪  

何事もなく順調にいけば、来月次の施設に移る事がきまり、ほっと一安心♪
次に入る所は病院ではなく介護老人保健施設、なので医療行為は基本して貰えません。
あくまでリハビリをする場所。
ただ先生や看護師さんはいらっしゃるので、何かあったら先生の判断で提携病院に診て頂く事になる。
でもまぁ、そう言う事が無い事を祈っていますけどね。

ここに決まるまで何軒か見学に行き、良かった場所を片っ端から申し込みしたけれど、断られ続けていました。
施設により理由は様々、見守りが出来ないとか、出せない薬があるとか・・・。
対応する担当者さんのやり方も様々で、他を回る毎に一つづつ内情がわかってくると言った感じで。
第一希望から順に申し込んで断られて行くので、このままだと妥協した施設に入所になるのか・・・?と。
途中、とても不安で切ない気分になっていきました。

探していた地域では気に入った場所が全滅だったので、妥協の場所に申し込む前に、地域を広げようということになり。
高額で無理かも?と思いながらも気になっていた施設を、見学に行ったのが先週。
すると、他と費用も変わらなそうで、何より今までで一番綺麗な施設!
更に、先生の専門は循環器科なので、心臓に持病がある母の体を診て頂くのに最適♪
ここに入れたらいいね~と、兄妹共にとても気に入った場所でした。

そしたら、そこから!まさかの「OK」が頂けました~(^^)

施設はとても新しく、室内はとても綺麗で、備品も新しい♪
オシャレな内装で全体的に清潔感があって、ラウンジもあり、母の住まいのマンションと雰囲気も似ている♪
食事や職員さんの対応などは、正直入所してみないとわからないけれど。
なるべく綺麗で居心地が良い空間を選んであげたいと言うのが、兄妹揃っての思いだったので。
入所して、少しでも母の気分が晴れやかになって貰えたらいいなぁ、と思っています。

そして、今回の入所にあたり必要な荷物を取りに、兄の車で母の住まいに行ってきました。
母の住まいに行くときは、ついでに部屋の片づけを少しずつ行います。
これで何回目だったっけな?
突然の入院でそのままずっとなので、最初は取りあえず食品の処分からでした。
そして空気の入れ替えしながら、ざざっと掃除をして、ワンコの荷物などを引き上げてきたのでした。
行く度掃除と、必要な物を取ってくるのだけど、何せ遠いので、兄妹でフルで動いても実働4時間。
出来る事は限られていて、なかなか進みません。

しかし今回は大分はかどった!
私が同行する理由は主に、掃除片付けの為なので!!
ガジガジ物を分別、同じ分類を同じ空間にまとめ整理していく。
目標クリア!で母が自宅で生活できるとなった時の為に♪
正直、今の部屋のままでは難しいので・・・。

要らない物はどんどん捨てて、空いたスペースを使い、分かりやすいようジャンルごとに収納していく。
昔ハマった健康食品とかね・・・、昔の人なので捨てられずにとってあるわけですよ(^^;)
私がそれを発掘の様に見つけては、兄にバトンタッチで中身を捨てて、ゴミ分別をして貰う(苦笑)
その間にも、奥から奥からい色々出てくるので、大体の物を把握してからでないと、身動き取れなくなる始末。
パズルのようにスペースを使って(^^;)

元々、物の分類がされず取りあえず仕舞い込む性格なので(^^;)
あちこちに同じものが・・・。
これは、まさかボケていたのか?
でも、昔からそう言う人だったし・・・?
と、兄妹して判断が出来ず、うぅんん~と今後の不安が頭をよぎる。

次の施設は半年居られる。
その間に、母の部屋を綺麗にして、必要なら手すりを付けたりしてあげないと。
以前の様に一人暮らしをする事は無理かもしれない・・・と薄々思ってはいても。
やはり、老人ホームに入れてしまうのは、可哀想で仕方がないんです。
今の病院でも、痴呆が重度の方が入ってくることもあり、そう言う人を見る母の目が。
「いつか私もああなるんだろうか・・・。」と、とても不安そうで悲しい顔をするんです。
言葉にはしないけど、落ち込むんだと思うんです。
そんな辛い毎日を、ホームに入ったら確実に送らなくてはいけなくなる。
気持ちの切り替えなんて無理で、心が先に折れてしまう。
今だって泣いてばかりで、スタッフさんに「泣き虫さん」って呼ばれてるぐらいだし。
寂しいだけじゃないんだと思うんですよね。
だから、少しでも前向きになれるよう、明るい気持ちになれるよう、促してあげるのが私の役目かなって。

半年後、ホームに入るのが安全で本人の為と、施設の人は進めるかも知れないけど・・・。
でも・・・。

至れり尽くせりの環境だったとしても、危険だからと行動を制限され、食べたい物も食べられず、好きな事も出来ず、心が不便な日々を送るのか?
体は不便かもしれないし、色々危険はあるかもしれないが、前向きに積極的に興味を持ったり、目標を見つけたりしながら、人としての喜びに満ちた日々を送るのか?

残りの人生、私だったら後者で生活したいなって、その方が幸せだなって・・・。
その為には、家族の支えが必要不可欠なんですが。
寝たきりではない、動ける、食べれる、話せる、理解できる。
障害は残っていても、こんな母だからこそ、何とかしてあげたいと思ってしまう。
諦めきれないのは、私だけなのかもしれないけれど・・・。
老人ホームにボランティアをしに行ってた事があるからこそ。
まだ、母をあそこに入れるのは、早いと思ってしまうんです。

この先半年、このままリハビリを続ければ、もしかしたら・・・。
障害は残っていても、室内なら見守り無しで生活できる所まで回復できるかもしれない!
そうなれば、また選択肢は広がると思うんです。
その為には、母にも頑張ってもらわなければなんですが。
私も、今後を考えて、先読みした行動をしておかないと。

これって、現実逃避で甘い考えかな・・・。

そんな風に思いながら、母の部屋のトイレ掃除を済ませたのでした(^^;)
関連記事

category: 家族

tb: 0   cm: 0

最近のワンコ達  

先ずは下半身不随のワンコ、スキッキ。
まだまだ自力で立つ事は出来ないけれど、大分回復してきました!(^^)

全くの素人ですが、リハビリと称して(笑)
立つ練習をしたり(^^)
180601スキッキ立つ練習
マッサージしたり(^^)
180529スキッキリハビリ
180804コロコロでスキッキマッサージ
背中の他にも、両手を使うので写真が取れないのですが。
後ろ足全体をもみほぐしたり、関節の曲げ伸ばしをしたり。

最初は、触られること自体が嫌な上に、マッサージを嫌がって、なかなか出来なかったのですが。
最近は、撫でられたりマッサージされるのが、気持ちが良くなってきたみたいで♪
じっとして逃げなくなって、触られる時の体の緊張も薄くなってきました(^^)

その効果だと思うのですが。
硬直して突っ張っていた後ろ足は、右足は完全に曲がる様になりました!
180529スキッキ右足曲げて伏せ
180805スキッキ右足曲げてお座り

歩く時は相変わらず、大股広げて伸ばしたままですが。
気持ち後ろ脚に力が入ってる様に感じます(^^)
180805スキッキお水の見に行く

その証拠に、少しだけ、自力でお尻を、ほんの一瞬、ふっ!ってぐらいなんですけど、持ち上げられる様になってきたんです!!(^^)
部屋と廊下の間の敷居も2、3cmあるのだけど、またいで来れるぐらいに!!(^^)

左脚も半分ぐらい関節が曲がる様になってきたし。
前足は筋肉がついたのか?太さが倍!
肩もモリモリしてきたように感じる。
もしかしたら、もしかして、自力で立てる日も夢じゃないかも?!

ほんの少しでも続けていれば、効果はあるんだね!
て言うか動物って凄い!!
15歳、もう相当なおじいさんなのに、スキッキ頑張って偉い!

完全な運動不足で、痩せたはずの8㎏がすっかりリバウンドの私・・・。
見習って、少しずつでも頑張らなきゃ!!(><)

で、ジャンニはと言うと。
眼球摘出で、光も感じない全くの暗闇の子なのに。
多分1階2階共に、おトイレの位置を完全に覚えた!(^^)

とは言え、ちょっと外れたり、間に合わなかったりはあるんですけどね~。
まぁそれはお歳だから、余りきつく言うのも、今更可哀想なので(^^;)
我が家、ワンコ使用で床はクッションフロアーにしてあるので、神経質には怒りません。
でも、余りにルーズだと・・・。

「ねぇちょっと気が緩んでいませんか?お漏らしになってるんですけど・・・。」

って話すぐらい(笑)

すると、目の上、ちょうどマロの所をピク付かせて、なんだかいぶかしげな顔をするジャンニ(笑)
いやいや私嘘ついてないから!と思わず言いたくなる(--;)

眼が見えないと感情がわかりにくいので、それをどう理解してあげたら良いか?
感じる通りに、私を信用していないのか?
それとも、えっ?失敗してた?と反省の顔なのか?
判らないので、それ以上の事は言えない。

そんな感じで、心の交流ができにくいので、まだあまり心開いてくれない。
初めはスキッキの方が頑固で心閉ざしてたんだけど、いつの間にか逆転してました。

でもそんなジャンニも、こんな風に気付くと隣に来てたりする(^^)
180816ジャンニ懐いて来た
これで撫でると、どういう訳か逃げてしまうんですけどね~(--)
まだ、母が居なくなってしまった理由が理解できず、傷心癒えていないんですかね・・・。
説明何度もしてるんだけど、ジャンニの方がママっ子だったからなぁ。

それにちょっと最近体調も良くない。
もしかすると、この子の方が先かも・・・。
せめてそれまでには、安心しきった状態にしてあげたいなぁ。
関連記事

category: ワンコ

tb: 0   cm: 0